ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Hernando de Soto Bridge - Wikipedia

エルナンド・デ・ソト橋: Google map ストリート・ビュー、その 1 ストリート・ビュー、その 2

エルナンド・デ・ソト橋
(Hernando de Soto Bridge)

エルナンド・デ・ソト橋は通り抜けアーチ橋で、 アーカンソー州ウェスト・メンフィスとテネシー州メンフィスの間で ミシシッピ川を横断し、州間道路 40 を通している。 メンフィス人はこの橋を 「新橋」 (New Bridge) とも呼んでいる。 というのはこれは下流で (州間道路 55 を通している) メンフィス・アーカンソー橋よりも新しいからである。 またメンフィス人は、この橋の特色ある形から 「M 橋」 とも呼んでいる。 この橋はケンタッキー州ルイビルとインディアナ州ニューオールバニーの間のシャーマン・ミントン橋 (Sherman Minton Bridge) と建設が類似している。


エルナンド・デ・ソト橋
  1. 名前をもらった人
  2. 事件
  3. 橋の照明
  4. 耐震化プロジェクト
  5. ギャラリー
名前をもらった人

橋は 16 世紀のスペインの探検家エルナンド・デ・ソトにちなんで名付けられ、 彼はミシシッピ川のこの区間を探検し、メンフィスの南で亡くなった。 彼の遺体は死後ミシシッピ川のほとりに埋葬されたと信じられている。 (もっとも伝説によれば、遺体はアーカンソー州のチコット湖 (Lake Chicot) の底に沈められた。 この湖はメンフィスの南 130 マイルにあるミシシッピ川の三日月湖 (oxbow) である。)

訳注
チコット湖: Google map
三日月湖 (oxbow) は蛇行している川が氾濫して、川のルートが短縮されと時に、 取り残された川からできる湖です。地図をみればこの状況が明白です。
事件

2007 年 8 月 23 日に、川の西岸の橋の進入路の橋脚が一晩で沈下していることを検査官が発見し、 橋はその結果、用心のための検査を実施するために閉鎖された。 橋はその日遅く再開通した。

橋の照明

橋は夜間に 200 個の ナトリウムランプにより M 型構造に沿って照明されている。 橋は 1986 年 9 月 5 日に始めて照明され、これは $373,000 の民間資金が建設コストとライトの設置をまかなうために 集められた後のことであった。 夜間照明が水面に反射することが河川交通で問題となり、 市は船が橋の下を通過する時に照明を短期間にオン・オフする遠隔装置を設置した。 2011 年のミシシッピ川の洪水の最中に橋は 2 ヶ月ほど暗くなった。 というのは照明に電気を供給している変圧器が洪水により被害を被ることを防ぐためであった。 橋は 2011 年 6 月 11 日の儀式で再照明された。

耐震化プロジェクト

2000 年以来、橋はマグニチュード 7.7 の地震に耐える耐震化プロジェクトの対象である。 これが実施されているのは、橋は ニューマドリッド地震帯の中にあり、 マグニチュード 7.7 の地震には耐えられないからであった。 資金があっても工事は複雑である。 プロジェクトの一環として、主スパン、進入路、下方への出口のランプ (坂道) が耐震化工事を継続中である。 1 マイル西の橋は地震への配慮から、建築しなおされた。 主スパン (M 型の部分) は完全にテネシー州の中にあり、 建設資金の負担は TDOT (テネシ州運輸局、Tennessee Department of Transportation) と AHTD (アーカンソー州ハイウェー・運輸局、Arkansas State Highway and Transportation Department) の間で 60%:40% に分割された。 今日まで $17500万 が費やされ、$8000万が予定されている。

ギャラリー
エルナンド・デ・ソト橋
殉教者公園から
エルナンド・デ・ソト橋
夜間照明
エルナンド・デ・ソト橋
メンフィスへ横断