ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Pennybacker Bridge - Wikipedia

ペニーバッカー橋: Google map フォト・スフィア

ペニーバッカー橋 (Pennybacker Bridge)

テキサス州のオースティンの 「パージー V. ペニーバッカー・ジュニア橋」 (Percy V. Pennybacker Jr. Bridge) はオースティン湖を横断する通り抜けアーチ橋で、 この橋はループ 360 ハイウェイ -- テキサス州都ハイウェイとも呼ばれる -- の北区間と南区間を接続している。 道路 (drive) はテキサスの都会の道で最も景色が良いものと思われている。 これは、おおよそ、この風化した鋼のアーチ橋と道路の側面にゆるやかに起伏する丘の理由からである。


360 橋
  1. 歴史
  2. 建設の詳細
歴史

この橋はもっと一般に 「360 橋」 と呼ばれ、 橋の建設契約は 1979 年に結ばれ、重要な鋼の構造は 1982 年の 7 月までに完成した。 オースティン市長のキャロル・マクレラン (Carole McClellan) と他の職員は 1982 年 11 月 29 日に 橋の落成式をとり行い、1982 年の 12 月 3 日に開通した。

橋はパーシー V. ペニーバッカー・ジュニアにちなんで名付けられ、 彼はテキサス・ハイウェイ部門のために橋をデザインし、溶接構造技術の開拓者であった。

建設の詳細

鋼の橋は一様に風化錆仕上げ (weathered rust finish) され、 橋を周囲の丘と湖に溶け込ませた。 600 米トン (544,311 kg) の橋の鋼は日本で製造された。 橋の構造は現代重工業 (Hyundai Heavy Industry) により、韓国のウルサン (Ulsan) で製造された。 鋼構造は貨物船 Jundale により、ヒューストン港に運ばれ、 そこからトラックにより橋の建設現場まで輸送された。 橋はバージニア州ブリストルの 「ブリストル鋼」 (Bristol Steel、会社名) により設置された。 道路面は 3,400 米トン (3,000,000 kg) のコンクリートで建設された。 砂の爆風で仕上げ、琥珀色の古錆のように確実に風化させた。 建設はコロラド州デンバーのクリアウォーター・コンストラクターズ (Clearwater Constructors) (ヘンゼル・フェルプス (Hensel Phelps)) が協調した。 エド・ウェストール (Ed Westall) がプロジェクトのコーディネーター、 バディ・ジョンソン (Buddy Johnson) がプロジェクトの監督、 ディビッド・マクドナルド (David McDonald) は橋のデザイン技術者であった。 橋の建設費は US$1000万 であった。

橋の建設は、構造のどの部分も 100 フィート (30 m) 下の水面に触れないようにした。 橋は 1,150 フィート (351 m) の長さで、中央アーチのスパンは 600 フィート (183 m) の長さがある。 このデザインにより、オースティン湖の中には支持橋脚がない。 というのは、このレジャー湖 (実の所、コロラド川のダム区間) はボート乗りや水上スキーで人気があったからである。 アーチは結合アーチではなく、路面は 72 本のスティール・ケーブルで支えられている。 建設時にはこの種のデザインの橋では世界で 2 番目のものであった。

橋の近くからの光景 橋の別の光景

橋には 4 車線あり、片側 2 車線で、中央の障壁により分離されている。 橋には 6 フィート幅 (1.8 m 幅) の自転車・歩行者用の車線もある。 自転車で橋を渡れることが、「ループ 360」 がサイクリングでとても人気がある理由の一つである。 南側の進入路には橋の下に (車の) 方向転換場所があり、 ここで公共のボートで湖に出ることができる。

連邦ハイウェイ管理団 (Federal Highway Administration) のハイウェイ優秀デザイン・コンテスト (Excellence of Highway Design competition) で橋は 1994 年に 1 位となった。 1992 年に、テキサス州の技術士審議会 (Consulting Engineer Council) のオースティンのメンバーが オースティンの建物で最も革新的な実例を調べ、この橋を選択した。


橋の下のボート桟橋