ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Trajan's Bridge - Wikipedia

トロヤヌスの橋の橋脚が残っている箇所: Google map ストリートビュー

トラヤヌスの橋 (Trajan's Bridge)

「トラヤヌスの橋」 あるいは 「ドナウ川にかかるアポロドールスの橋」 はローマの円弧アーチ橋で、 ドナウ川の下流にかかる橋としては最初のものである。 数十年しか機能しなかったが、1000 年以上もの間、これは全長でも、スパンの長さでも、最も長い橋であった。


絵画による復元 (1907 年)
  1. 説明
  2. Tabula Traiana (トラヤヌスの銘板)
  3. 破壊/侵食と残滓
説明

この橋は 鉄門 (Iron Gates) の東に位置し、現在のルーマニアの ドロベタ=トゥルヌ・セヴェリン (Drobeta-Turnu Severin) とセルビアのクラドボ (Kladovo) の近くにあり、 トラヤヌス皇帝がダキア (Dacia) で戦っているローマの軍隊のために (建築) 命令をした橋である。

構造は 1,135 m (3,742 フィート) の長さで (ドナウ川は現在はこの地域で 800 m (2,600 フィート) の幅である)、 15 m (49 フィート) の幅で、 19 m (62 フィート) の高さである。 但し、高さは川の水面から測定したものである。 両端にはローマのキャンプ (castrum) があり、 どちらも入口の周りに建設され、 橋の横断はキャンプを通り抜けることによってのみ可能であった。 橋の技術者はダマスカスのアポロドールスであり、 38 m (125 フィート) スパンの木製のアーチを使用し、 レンガ、漆喰とポッツォラーナ・セメント (pozzolana cement) で作った 20 基の橋脚の上にアーチを設置した。 橋は異常に早く (103 日から 105 日 で) 完成し、 各橋脚ごとに木製のケーソンを建設した。

Tabula Traiana (トラヤヌスの銘板)

ローマの記念銘板 ("Tabula Traiana", ターブラ・トライアーナ) は 4 m の幅で、1.75 m の高さがあり、 トラヤヌスの軍事道路の完成を記念した。これは Ogradina の近くで、 ルーマニアに面するセルビア側にある。

トロヤヌスの記念柱の橋のレリィーフ、
異常に平坦な円弧アーチが見える。
手前ではトロヤヌス皇帝がドナウ川
のそばで生贄をささげている。
セルビアの Kladovo の近くの
Tabula Traiana (トラヤヌスの銘板)

「鉄門ゲート I 水力発電所」 が建設された時に銘板は上方に移動されて、 現在の場所になった。銘板には次のように書かれている。

IMP. CAESAR. DIVI. NERVAE. F
NERVA TRAIANVS. AVG. GERM
PONTIF MAXIMUS TRIB POT IIII
PATER PATRIAE COS III
MONTIBVS EXCISI(s) ANCO(ni)BVS
SVBLAT(i)S VIA(m) F(ecit)

テキストは Otto Benndorf により、翻訳され、次の意味である。

シーザー皇帝の尊称を持ち、神聖なネルヴァの子息であるネルヴァ・トラヤヌスは アウグストゥスの尊称を持ち、ゲルマニクスの戦勝尊称を持ち、 ポンティフェクス・マクシムス (最高神祇官) であり、 祖国の父としての護民官として 4 度目の、 執政官としては 3 度目の投資をし、 山の岩を掘削し、木の梁を使って、この道路を作った。

Tabula Traiana (トラヤヌスの銘板) は 1979 年に 「例外的に重要な文化のモニュメント」 として宣言され、セルビア共和国により保護されている。

破壊/侵食と残滓

橋の木製の上部構造はトラヤヌスの後継者である ハドリアヌス (Hadrian) により、取り壊された。 これは北からの野蛮人の侵略から帝国を守るためであった。

20 基の橋脚が 1856 年にまだ見ることができ、この時ドナウ川は記録的な低水位であった。

1906 年にドナウ川委員会は航行の邪魔となる 2 基の橋脚を破壊することを決定した。


20 世紀初頭の遺跡、ルーマニア

1932 年には水中に 16 基の橋脚があったが、 1982 年は 12 基が考古学者により地図に描かれ、 残りの 4 基は水で流失したと思われる。 現在では入口の橋脚のみが、 ドナウ川両側の堤防に見ることができるだけである。

1979 年に、トラヤヌスの橋は 「例外的に重要な文化のモニュメント」に追加され、 1983 には 「例外的に重要な遺跡」 に追加され、セルビア共和国により保護されている。

2009 年の遺跡、正方形のコンクリート
の囲いで囲まれている。囲いは
「鉄門 I ダム」の建設による水位の
上昇からモニュメントを守るため
ドナウ川の左/北の堤防の
Drobeta 要塞の遺跡 (ルーマニア)
これにより橋への進入を確実にした。
ドナウ川の右/南の堤防 (セルビア)
Pontes キャンプの遺跡が残り
同じ目的のためにあった。

主な橋とトラヤヌスの橋との大きさ比較
インタラクティブ・バージョン (マウスを動かせば使い方がわかります。)