ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Fair Oaks Bridge - Wikipedia

フェア・オークス橋: Google map

フェア・オークス橋 (Fair Oaks Bridge)

フェア・オークス橋はアメリカン川 (American River) の下流にかかるトラス橋で、 フェア・オークスをカリフォルニア地域の広域サクラメントに接続している。 1907 年 - 1908 年に $63,000 の経費で建設された現在の橋はこの場所の 3 番目の橋である。

フェア・オークス橋 カリフォルニアにおける位置
  1. 歴史
  2. 橋の構造
  3. まとめ
歴史
19 世紀の背景

名誉昇進准将チャールズ・ヘンリー・ハワード (Brevet Brigadier General Charles Henry Howard) とシカゴの 「ハワード・ウィルソン出版会社」 のジェームズ A. ウィルソン (James W. Wilson) は 1895 年に カリフォルニア州の上院議員フレデリック K. コックス (Frederick K. Cox) と 実業家のクロフォード W. クラーク (Crawford W. Clarke) から土地を売る権利を獲得した。 ハワード・ウィルソン会社は土地を測量し、地図を作って、 彼らの 「サンセット入植地」 の 1 つとして、フェア・オークスを売り込んだ。 ハワード・ウィルソン会社は南カリフォルニアの破壊的な厳寒と 1893 年の国内恐慌の後で、 フェア・オークスを革命的な柑橘類栽培の入植地として宣伝した。 多くの購入者は専門家と投資家の友人であった。 従って、フェア・オークスの共同体は当初は多くの実業家と他の専門家から構成され、 これには銀行家と技術者がいた。 300 名の定住者が 1897 年までにフェア・オークスに住み、 平均すれば 1 エーカーあたり $30 で、土地を 5 エーカー、10 エーカー、20 エーカー (81,000 m2) の区画で購入した。 これらの先駆者は自分たちで果樹園に植樹して、耕すことで生計をたてることを考えていた。 もっとも彼らの大半は農業の経験がなかった。 アメリカン川を横断する橋を建設して、 新しい入植地の果物をサクラメントやそれ以遠の成長が著しい市場に、より良い輸送方法の 約束がこの望みを維持した。 しかしながら翌年に投資が減少し、ハワード・ウィルソン会社は入植地から撤退し、 これによりアメリカン川に橋を作り、サクラメントから鉄道を引く約束は果たされないままであった。

シカゴとサクラメントの実業家で、新しい入植地とオレンジベール (Orangevale) で投資 (土地あるいは果物) をしていた者が 1899 年にシカゴ-フェア・オークス・クラブを作った。 地元の実業家 -- これにはバレンダイン S. マクラッチー (Valentine S. McClatchy、サクラメント・ビー (Sacramento Bee, 新聞社) の共同所有者) が含まれた -- が 1900 年にフェア・オークス開発会社を法人化した。 これらの後援者達は恥知らずにも、フェア・オークスが 「カリフォルニアの中心」 にある 「[サクラメント] 峡谷の王冠」 であると宣言した。 1901 年に、この 2 つのグループは共にサクラメント郡の商工会議所 -- これはオレンジベールのマクラッチーの事業仲間が創設し、委員長を務めていた -- にフェア・オークスでアメリカン川を横断する橋を建設することを確信させ、 南太平洋鉄道会社 (Southern Pacific Rail Road Company) を説得して、橋に鉄道支線を建設させた。 1901 年の夏に、支線と鉄道駅が建設された。 駅は 「フェア・オークス橋停車場」 (Fair Oaks Bridge Depot) と命名された。 南鉄道会社の本線に至る支線により、フェア・オークスの農民と果物会社が繁栄し、 新鮮な果物が非常に広い市場に流通した。

3 つの橋

フェア・オークスはフェア・オークス橋と鉄道の完成により、 急速に成長した。 しかしながら、この最初のフェア・オークス橋は 1907 年 3 月の洪水で流された。 そこで 850 フィートのスチール・ケーブルをフォルソム開発会社 (Folsom Development Company) から借りて、 川を横断する渡し舟に使用した。 サクラメント郡管理委員会 (Sacramento County Board of Supervisor、郡の行政機関) も一時的な橋を認可した。 実際、マートル・ショー・ロード (Mytle Shaw Lord) は彼の公的に承認された 商工会議所の歴史である 「サクラメント年代記:50 年間の達成 -- 商工会議所の指揮」 の中で述べていることは: 1906 年と 1907 年の洪水の後で、 サクラメントの商工会議所はサクラメントの洪水の問題を一般的に処理することで引き受け、 フェア・オークス橋の再建の後援者となった: 「破壊を指南と考え、サクラメントは高価な教訓を学び、この繰り返しをしないことを決意した。」 この年の終わりに、ネブラスカ州オマハ (Omaha) の 「西部橋梁・建築会社」 (Western Bridge and Constructors Company) が複線のトラス橋の建設を始めた。 この橋は今でも残り、今日でも共同体に貢献している。 事実、歴史的、建築的な重要性から、この橋は 2006 年 9 月に 「国の歴史登録財」 になった。

しかしながらフェア・オークス橋の有効性は減少することになった。これは 1959 年のワット・アベニュー (Watt Avenue、西側) の橋の建設、 1967 年のヘイゼル・アベニュー (Hazel Avenue、東側) の橋の建設、 更には 1968 年のサンライズ橋 (Sunrise Bridge、西に半マイル以内) の拡幅によっていた。 フェア・オークス橋は 1967 年に閉鎖され、 アメリカン川下流の重要な横断点としての任務を 50 年以上続けた後に、 サクラメント郡の 「公園・リクリエーション局」 の所有物となった。 「公園・リクリエーション局」 は 1973 年に橋の路面を交換し、再塗装して 歩行者・自転車用の横断点として開通させ、 現在はアメリカン橋の下流の堤防沿いのアメリカン・パークウェイ・トレイルに接続している。

橋の構造

フェア・オークス橋は 19 世紀中頃から 19 世紀末にかけての、 橋梁建築と技術の進歩のすばらしい実例である。 橋は通り抜け型式のペンシルバニア・ペティト・プラット・トラス橋で、 アメリカン川の広い屈曲部を越えて、500 フィート (150 m) 近く延長した。 これは、この形式の橋で、カリフォルニア州に 10 基残る橋の中で 2 番目に古いものである。 (最も古いものは 1893 年に建設されたフォルソムの歴史的トラス橋で、 オレンジベールに接続している。) サクラメント郡の測量技師は危険な川の流れの中で、橋脚の数を最小にしようとし、 そのため 2 つの主スパンがとても長いものになった。 ペンシルバニア・ペティット・トラスはとりわけ、このような問題を処理した。 2 基の 200 フィートのスパンは当時としてはとても大胆なものであった。 この橋はオマハの 「西部橋梁・建築会社」 の稀な実例にもなっている。 この会社は西部中でトラス橋を建設したが、カリフォルニアでは稀にしか建設しなかった。

トラス橋

トラス橋は個々の要素が三角形になるように接続された橋である。 トラス橋は少なくとも 16 世紀までさかのぼるが、 フェア・オークス橋のような金属製のトラス橋は 1840 年代にまでさかのぼるのみである。 このような金属製のトラス橋は、 とりわけプラット・トラスウォーレン・トラスは、 19 世紀末の鉄道の巨大な延長を容易にし、世紀の変わり目の基幹道路 (highway) 建設の助けになった。 トラスは橋の垂直な側面を形成し、路面を支える横材 (traverse beam) と縦桁 (stringer) と 他の要素により、2 つのトラスが接続される。 各トラスには、いつでも上端の梁 (top chord) と下端の梁 (bottom chord) があり、 これが主要な梁である。 上端の梁と下端の梁は垂直要素 且つ/又は 斜め要素 (通常はどちらむ含む) の幾つかの組み合わせと、 更には両端の重要な梁 -- エンドポスト (endpost) と呼ぶ -- から」構成される。

プラット・トラス

プラット・トラスは 1844 年にトーマス・プラット (Thomas Pratt) と カレブ・プラット (Caleb Pratt) により発明され、 カリフォルニアと米国で最も普通なトラスである。 この形式は最初は木と鉄で建設される 「組み合わせトラス」 として登場し、 木製の垂直要素、(下端、上端の) 梁、エンドポストと鉄製の伸長斜め要素から構成されていた。 1880 年代までに基本形式が全金属製の建設に変化した。

(全金属製の) プラット・トラスは軽量な金属製の斜め要素は同じであるが、 柱、梁、エンドポストが木材の代わりに重い金属となった。 最も普通なプラット・トラスは通り抜けトラスで路面が下端の梁で支えられ、 頭上の横の支えが上端の梁を接続している。 最後にペンシルバニア・ペティト・トラスは上端の梁が多角形になったもので、 部分支え (sub-strut) と部分結合 (sub-tie) による強化を含むものである。 これらの半分の長さの要素は対角要素を強化し、応力に抵抗する助けになる。

まとめ

現在のフェア・オークス橋はアメリカン川を越える 3 番目の橋で、 フェア・オークスを広域サクラメント地区に接続している。 かってはアメリカン川を越える重要な横断であったが、 1950 年代と 1960 年代のサンライズとヘイゼルの橋の建設により、迂回されることになった。 しかしながら、橋は歩行者と自転車の横断に使用され続け、 地元の共同体の文化的偶像のままである。 2006 年 9 月 25 日に、 昔のフェア・オークス橋は国の歴史登録財に登録された。 橋は登録条件 A (結合の歴史 (associative history)) と条件 C (建築的重要性) の下に登録された。