ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Wills Creek Bollman Bridge - Wikipedia

現在のウィルズ川ボールマン橋: Google map アップされた写真、その 1 アップされた写真、その 2 アップされた写真、その 3

ウィルズ川ボールマン橋
(Wills Creek Bollman Bridge)

ウィルズ川ボールマン橋は元々は ボルチモア・オハイオ鉄道のピッツバーグ線区本線の任に就いていた。


ウィルズ川ボールマン橋、 以前の場所で撮った写真

このトラス橋は 独学の技術者であるウェンデル・ボールマンにより 1871 年にデザインされ、 ボールマンに関連したピッツバーグ線区の最後の現存する橋である。 1910 年頃に橋はウィルズ川からペンシルバニア州メイヤーズデールの北 1.5 マイル (2.4 km) の場所 に移動した。 これは最早、より重い現代的な機関車を安全に通すことができなくなったからであった。 橋はサミット・タウンシップ道路 381 (Summit Township Road 381) が CSX の軌道を横断するための道路橋の任に就いた。

橋は 2007 年にメイヤーズデールの東のサミット・タウンシップに再び移動し、 ここでグレート・アレゲーニー・パッセージ (Great Alleghney Passage, 鉄道トレイル) のアレゲーニー・ハイランズ区間 (Allerheny Highlands sections) がスクラッチ・ヒル道路 (Scratch Hill Road) を横断するための役に就いた。

訳注
だから、現在は歩行者・自転車用です。

橋はウェンデル・ボールマンによってデザインされたが、 彼の有名な ボールマン・トラスを使用せずに ウォーレン・トラスを使用した。 橋は長さ 81 フィート (25 m)、幅は 13 フィート (4.0 m) である。 東の橋台はコンクリートで作られ、西の橋台は木で拘束した土砂である。 橋には木造の路面と、鋳鉄製の飾り立てた末端部、 透かし細工、圧縮要素がある。 末端の柱と伸張要素は錬鉄で作られている。

橋は 1978 年 11 月 8 日に国の歴史登録財に登録された。