ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Brightman Street Bridge - Wikipedia

ブライトマン・ストリート橋: Google map (衛星写真)

ブライトマン・ストリート橋
(Brightman Street Bridge)

ブライトマン・ストリート橋は長さ 922 フィート (281 m) の 4 車線の広い可動橋で、トーントン川 (Taunton River) にかかり、 マサチューセッツ州のサマセット町とフォール・リバー市 (Fall River) を接続していた。 橋は 1903 年に州議会で認可され、 建設は 1906 年から 1908 年にかけて実施され、 1908 年 10 月 10 日に完全開通した。 橋は 2011 年 10 月 11 日に車両通行に閉鎖された。


ブライトマン・ストリート橋

この橋は完成時には、トーントン川にかかる最も広い橋であった。 というのはスレイドの渡し舟橋 (Slade's Ferry Bridge) -- 下流 1/4 マイルより手前にあった 875 年建造の鋼の旋回橋 -- はかろうじで 2 車線の橋であったからである。 橋はかってルート 6 とルート 138 が川を横断してフォール・リバー市に進入する通路として貢献した。 今や、すぐ上流にあるベテランズ・メモリアル・ブリッジ (復員軍人記念橋。Veterans Memorial Bridge、マサチューセッツ州ブリストル郡) がサマセットからフォール・リバーに至るこのルートを通している。

橋の交換と論争

橋が古くなり、維持と保守の必要経費が増えるにつれ、 1970 年代末から 1980 年代初頭にかけて、橋を交換する話が流布した。 1500 フィート (460 m) 上流の新しく高くて広い橋で古い橋を交換する計画が制定され、 この橋がフォール・リバー側のルート 79 を高架で越える道路から、 サマセット側の、かってのスレイドの渡し船公園を通り抜ける新しい進入路まで接続することになった。

ブライトマン・ストリート橋 ボートのために
ブライトマン・ストリート橋が開放

計画は 1989 年に保留された。 これは沿岸警備隊が橋の開口部の大きさに抗議したためであった。 詳細が考案されるとすぐに工事が 1990 年代末に開始したが、すぐに遅延した。 これは大幅に予算を上回るビッグ・ディッグ (Big Dig) 計画に資金を奪われたからであった。 再び、予算が確保されるまで工事が遅延した。 第 3 の問題が 2008 年に持ち上がった。 これは検査官が橋の主杭に使用されるセメントの質を問題としたからであった。 これは更にもっと遅延を引き起こした。 検査とテストが橋脚で必要となったからである。 以来、この新しい橋が完成した。

橋を取り巻く最も最近の論争は橋のことは全く問題ではなく、 新しい橋のすぐ北にあるウェイバーズ湾 (Weaver's Cove) に LNG 基地を建設する提案にかかわるものであった。 LNG 計画を阻止するために自治体の指導者たちは古い橋をそのまま保持することを推し進めた。 LNG 計画は周辺の住民から激しい反対にあい、更には連邦政府や自治体の指導者からの反対もあった。 これには地元選出下院議員のジム・マクガヴァーン (Jim McGoern) とバーニー・フランク (Barney Frank) がおり、更には上院議員のジョン・ケリー (John Kerry) とバーニー・フランク (Barney Frank) がいた。 彼らはすべて色々な反対集会に登場した。問題は 2 重にあった。

新しい橋が完成した後も、このすべてが古い橋をそのままにする、 むしろ皮肉な運動につながった。 今までの所、古い橋をそのままにする運動は成功しているが、 しかし、これで LNG 基地建設阻止ができるかどうかはまだ不明である。