ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Limfjordsbroen - Wikipedia

リムフィヨルド橋: Google map 3D アップされた写真

リムフィヨルド橋 (Limfjordsbroen)

リムフィヨルド橋はデンマークの橋で 浅い海峡である リムフィヨルドを横断して ネレソンビユ (Nørresundby) と オールボー (Aalborg) を接続している。 橋は 1933 年 3 月 30 日に落成し、およそ 30,000 人の見物客とトールヴァルト・スタウニング (Thorvald Stauning、 デンマークの首相) が列席した。 橋は 1935 年まで有料橋であった。 2 つの市の間の最初の固定した接続は 1865 年に平底船の橋 (pontoon bridge) の形で設立された。 この橋は現在の橋ができるまで使用された;元々の橋は船が通過する時の開閉が遅かった。 現在の橋は 1930 年 - 1933 年に死亡事故なく建設され、 建設現場には 100 名から 200 名がいた。 大きな区間は橋の現在の位置のオーリボーの水辺で建設された。 落成式の 1 週間前に、負荷試験で完全に積載した 48 台のトラックが橋に置かれた。 1960 年の車線の拡張により、 橋の幅が 8.5 m (28 フィート) から 12.5 m (41 フィート) に増え、 歩道が付け加えられた。 水平余地は 98 フィート (38 m) である。 ルート 180 が橋を通っている。

リムフィヨルド橋から
オールボーに入る。
リムフィヨルド橋の夜景