ページの最終校正年月日 :

以下の文書はスペイン語版の Wikipedia の英訳の日本語訳です。

サン・テルモ橋: Google map 3D

サン・テルモ橋 (San Telmo Bridge)

サン・テルモ橋 (Puente de San Telmo) はスペイン、アンダルシア州 (セビリア県の) セビリア市にある。 この橋はコンクリート製の橋で、 1931 年に落成した。 橋は グアダルキビール川を横断している。

サン・テルモ橋 セビリアの橋
状況

橋はトリアナ橋 (Puente de Triana) とレメディオス橋 (Puente de los Remedios) の中間にある。 橋はデリシアス通り (Paseo de las Delicias) から川を横断して、対岸に到達して、 「キューバ広場」 (square of Cuba) に至り、「アルゼンチン共和国通り」 に延進して、市の中心をレメディオス地区 (Los Remedios) に結び付けている。

訳注
レメディオス地区 (Los Remedios) は上の 「セルビアの橋」 を大きくすると Los Remedios の文字が見え、 大体どのあたりかわかります。これは地区名なので Google map で領域表示してくれてもよいと思うのですが、 このあたりではどれもこれも領域表示してくれない。
背景と建設

セビリア市の最初の橋はバルカス (Barcas) 橋で、これは 1852 年に現在のトリアナ橋 -- 公的にはイザベル 2 世橋と呼ばれる -- で交換され、1880 年 3 月 15 日に鉄道用のアルフォンソ 12 世橋が落成した。

水の問題を解決するために、1882 年にセビリア市議会はイングランドの会社 「セビリア水道工事会社」 (The Seville Water Works Company Limited) にセビリアに水を供給するために 99 年間の利権を与えた。 この会社が建設したインフラの中にチャピナ広場 (Chapina) の高さの グアダルキビール川の水道橋があり、Pasadera del Agua あるいは Pasarela del Agua (水の歩道) と呼ばれた。

訳注
  1. Pasadera del Agua、 Pasarela del Agua はどちらも水 (Agua) の歩道 (Pasadera) の意味。
  2. 水道橋は現在は取り壊されています。

1857 年にセビリアには 112,529 人の住民が登録し、 1910 年には 158,287 人に達した。 この近郊には 30,000 人が川の西側に住み、ここにはトリアナ近郊 (Triana) があり、 市には 3 基の橋しかなかった。

1917 年にセビリア公共工事局の県本部の技術者 Antonio Ibarra Miró は橋の場所選択の調査をした。 場所はサン・テルモ宮殿 (Palacio de San Telmo) の近くのサロン・クリスティーナ (Salón Cristina) の建物の前になった。 というのは中央の南では 1929 年のイベリア・アメリカ博 (Ibero-American Exhibition) の多くの建設があることになっていたからで、 反対側の堤防が将来都市化される可能性があったからである。 この調査では現在の 「アルゼンチン共和国通り」 を通り抜け、カマス (Camas)、La Pañoleta の近郊に至る 通りを取り上げている。 この道路はコリア・デル・リロ (Coria del Río)、 ウエルバ (Huelva)、 エクストレマドゥーラ (Extremadura) に至る道路の基礎となった。

訳注
Google map: Camas の領域指定 Coria del Rio の領域指定 Huelva の領域指定 Extremadura の領域指定

セビリアの公共工事局長は公開入札の参加を求め、 これにフランスの 「シュナイダー社」 (Schneider y Cía, Schneider and Co.) が金属区間を持つ橋を 1100万 ペセタで応じ、 スペインの 「水圧・土木建築会社」(Compañía de Construcciones Hidráulicas y Civiles, Hydraulic and Civil Construction Company) が建設費 800万 ペセタの橋で応じた。 後者は技術者のホセ・エウヘニオ・リベーラ (Jose Eugenio Ribera) が指揮を取っていた。 公共工事総局ははリベーラのプロジェクトを選んだ。 総局は橋の幅を 20 m から 15 m に削減し、多くの装飾物を削除した。 もしも装飾物を設置すれば、これは市議会が支払わうことになるからであった。 この修正の結果、橋の経費は 5,821,318 ペセタになった。

側面アーチの構造配置はフランスの技術者のポール・セジョルネ (Paul Séjourné) により、ルクセンブルクとトゥールーズの切石積アーチで使用された。 この形式のアーチはリベーラによって 1909 年に既に マドリード マンサナーレス川 (Manzanares) を横断するレイナ・ビクトリア橋 (Puente de la Reina Victoria) で使用されていた。 この弓型形式の利点から、これは 1924 年の道路用の鉄筋コンクリート橋の 標準アーチと思われていた。

中央の可動区間はバルセロナの La Maquinista Terrestre y Marítima (陸上・海上技術会社) により計画・搭載された。 橋はエル・アレナル (El Aneral) のドックに船が進入できるようにするものであった。

建設に先立ち、 アルフォンソ 13 世は、橋が市の南部から 黄金の塔 (Torre del Oro) の視界を遮ることに懸念を表明した。 この論評の後で、橋は 3 m 低くされた。 これが可能であったのは開発省 (Ministerio de Fomento) が当時がグアダルキビール川の Vega de Triana で作業をしており、 これによりセビリアを通過する川の堤防はドックと同じ高さとなり、 川の氾濫にさらされることがなくなるからであった。

訳注
1909 年から 1916 にかけて tablada 掘割が建設されているので、 これに関わる工事がされていたと思われる。なおこの掘割の理由によって、川がより低い所を流れることになると思われます。 新しい川の落成式は 1926 年です。(スペイン語版の Wikipedia のグアダルキビール川からの抜粋。) しかし、川の工事は何度もしているのでどこからどこまでが該当するのかまでは調べていない。 冒頭の「セビリアの橋」 の図をクリックして大きな画像にすると川の変遷がわかる。

リベーラは 1920 年に橋をデザインした。 この時期は彼が建築家の Gustavo と Roberto Fernández Balbuena と共同作業をしていた時で、 「モダン・ファンタジー」 (moernist fantasie) に陥りやすい時であった。 しかしながら工事が始まると、この同じ建築家達が考えたことは このデザインは流行遅れで、もっと単純に実施すべきことであった。 1920 年には橋がコンクリート橋でないように見せかけたが、 橋が 1931 年に落成した時には、リベーラ自身が言ったように:

橋の美しさはその形のシルエットと要素の比率によって得られる。 コンクリートの壁は隠すべきでない [.....] 我々は建築の単純性の時代にいる。

リベーラの建築助手には Eduardo Torroja、José Entrecanales と Manuel Távora Barrera がいた。 後者はサン・ファン・デ・アスナルファラチェ (San Juan de Aznalfarache) のセビリア港における カラ (Cala) の鉱山の積み出し場所でコンクリート工事をした専門技術を披露した。

1931 年 8 月 13 日に、負荷テストの後で、歩行者の横断に開通した。

橋の操業のためには、橋の処理と機械の保守のために、 専属の人がいないといけなかった。 1958 年における橋の年間予算は 370,000 ペセタであった。 可動部の舗装は木造で、この部分は 5, 6 年毎に更新しなければならなかった。 最後の交換は 1963 年に実施され、費用は 1,100,000 ペセタであった。 橋を固定橋にする考えは、すでに 1959 年に持ち上がっていた。 1959 年に港と国の道路の当局者は橋を永久に閉鎖することを同意した。 しかし国は明け方の 2 時から 6 時にかけて、橋を可動にすることを要求した。 1961 年 11 月に、国は機械を修理するために夜間開放を停止することを命令した。 6 ヶ月間の修理の後で、この地点より上流に遡上するボートがほとんどないことが言及された。 例外は、氷と魚を積んだ船であった。

1962 年にセビリア本部はマドリッド本部に、 橋の可動部を固定スパンに変更し、 新しい 18 メートルの橋 (14 m の 4 車線道路と 2 m の歩道 2 本) にするプロジェクトの承諾を求めた。 プロジェクトは技術者 José Antonio Puyal Lezcano が実施した。 1963 年 11 月に工事契約は Agromán 社に与えられた。 プロジェクトは Francisco Guerrero Martín Romero と協調した。 更に、 Agromán 社は工事の主任を Rafael Romero Martínez にした。 完成した橋の静的、動的な負荷テストは 1965 年 3 月 26 日に実施された。 これらのテストの終了後に橋は公的に開通した。

60 年代に橋は SE-600 棟路の一部となり、 この道路はセビリアとサン・ファン・デ・アスナルファラチェを接続した。 1984 年に、この道路はアンダルシア州に引き渡された。

公共工事・輸送省は 1992 年に セビリア万国博覧会の前に 手すりと街灯を更新した。

1994 年 4 月 27 日にアンダルシア州は橋の所有権をセビリア市に手渡した。

現在、橋には 4 車線あり、片側 2 車線で、 更には両側に側道があり、この一方には自転車レーンがある。

2006 年に橋の修復工事が 150万ユーロの経費で実施された。 これらの工事は 2007 年に終わることになっている。