ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

US 31–Island Lake Outlet Bridge - Wikipedia

US 31-アイランド・レイク・アウトレット橋: Google map

US 31-アイランド・レイク・アウトレット橋
(US 31-Island Lake Outlet Bridge)

US 31-アイランド・レイク・アウトレット橋 (アイランド湖放水口橋) はミシガン州シャールボイ (Charlevoix) のダウンタウンにある二枚リーフのバスキュール橋で、 US ルート 31 (US 31, ブルッジ・ストリート) を通し、 アイランド・レイク・アウトレット (パイン川水路とも呼ばれている) を横断している。 橋はここで水路を横断する 5 番目の橋で、最初のものは 19 世紀に建設された歩行者専用のものであった。 橋は 1940 年に計画され、第二次世界大戦により入札が遅れ、入札は 1947 年になった。 建設は 1949 年に完成し、 橋はその年の 6 月末に開通した。 橋は国内幹線道システム (National Highway System) の一部である。


北を向く。橋が持ち上げられた状態
  1. 歴史
  2. デザインと操作
  3. 影響
歴史

アイランド・レイク・アウトレットはパイン川水路とも呼ばれ、 1870 年に浚渫され、ミシガン湖とシャールボイ湖がラウンド湖 (Round Lake) を経由して接続された。 全部で 5 基の橋が、かってこの場所で水路を横断し、 最初のものは 1869 年建設の小さな歩道橋であった。 現在の橋は 1901 年にシャールボイ市により建設された旋回トラス橋の代わりになった。


パイン川水路、ミシガン湖の方を向く

US 31-アイランド・レイク・アウトレット橋は、 ジョージ M. フォスター (George M. Foster) の率いるミシガン州道路局の橋梁部門と 助言技術会社である Haslett & Erdal によりデザインされた。 計画は 1940 年に準備されたが、第二次世界大戦により計画が遅延した。 1947 年 1 月に道路局は橋建設の入札の受付を 2 月 6 日にすることにを公表した。 5 件の入札が受理され、契約は最低入札者 ($697,981) に与えられた。 この入札はミシガン州ホーランドの L.W. ラム会社 (L. W. Lamb Company) とミシガン州フランクフルトのリュートケ技術会社 (Luedke Engineering Company) が提出したものであった。

建設は州道路局の N. F. キニー (N. F. Kinny) と H. J. コンロイ (H. J. Conroy, 地方橋梁技術者) により監督された。 組立鋼はオハイオ州マウント・バーノン (Mt. Vernon) のマウント・バーノン橋梁会社から $270,433 の経費で購入した。 1947 年 5 月末に、リュートケ技術会社は杭打機 (pile driver) を持って、 現場に到着し、建設が開始した。 電気工事はミシガン州アイアン・マウンテン (Iron Mountain) のレイク・ショア技術会社 (Lake Shore Engineering Company) に請け負わせた。 8 月には 123 フィート (37 m) の長さの旋回トラス橋がウィスコンシン州スタージョン・ベイ (Sturgeon Bay) から曳航され、新しい橋の建設中に交通を通すために使用された。 一時的な橋は北岸に固定され、南側の平底船 (pontoon) の上に搭載され、 水路の航行が可能になるようにした。


シャールボイのダウンタウンの空からの光景
橋が中央で、ラウンド湖が右下、パイン川水路が左上

11 までには。北の橋脚の建設が着手され、南の橋脚の防水堰が設置されかけていた。 1848 年 3 月までに、北の橋脚に 2 つの鋼製のバスキュールの歯板 (rack) を設置する準備ができた。 しかしながら、銅合金のトラニオンは鋳造が困難で、 9 月の 3 回目の試行までは十分でなかった。 10 月にはマウント・バーノン橋梁会社の製造したバスキュールのガーダーが到着した。 南側リーフの組立は 11 月初めに完成した。 北側リーフは悪天候と労働者の人数不足により遅延し、 人数不足は鹿狩りシーズンの開始で悪化した。

1949 年 1 月までに、南側のカウンターウェイトにコンクリートが流し込まれ、 南側リーフの路面の金網の溶接が着手され、北側の工事がそれに続いた。 春に向けて、機械が設置され、細かい仕上げが完成した。 変圧器の構造計画は 4 月に承認され、 1949 年 6 月 27 日に橋が交通に開通した。 7 月 30 日に第二次世界大戦で戦闘中に亡くなった 22 名の地元の人の思い出に橋が捧げられた。 リボン・カットの儀式は州道路局長のチャールズ・ジーグラー (Charles Ziegler) が実施した。

橋には元々標準的な歩道に沿った金属パネルがあった。 1990 年代初めに、これは新しい手すりに交換されたが、再び金属製格子パネルで 1990 年代中頃に 交換された。これはイーディス・ギルバート (Edith Gilbert) の努力によっていた。

橋はミシガン州道路局の歴史的橋の台帳に登録されている。

デザインと操作

鋼の金網の道路面の幅は 44 フィート (13 m) で、橋のガーダーの外に 6 フィート (1.8 m) の側道がカンチレバーで接続されている。 バスキュール橋の各リーフは長さ 45 フィート (14 m) で、水路全体の幅は 90 フィート (27 m) である。 各進入路は 40 フィート 10 インチ (12.45 m) の長さで、コンクリート路面である。 リーフと進入路は鋼の杭の上に設置されたコンクリートの橋脚で支えられている。 橋台はキプロス・スギの杭 (cyprus piling) で支えられている。

リーフは電動モーターで開放し、 機械の重さはおよそ 50 米トンで、各カウンターウェイトは 73 米トンのコンクリートで構成されている。 操作棟は橋の南東の角にあり、変圧器はラウンド湖の東の堤防の南東にある。 橋が開く時に、引き込んでいた障壁が持ち上がり、 交通を遮断して車がリーフに進入できないようにする。 遮断機も下りて、点滅する照明が近づいてくる交通に警告する。 橋が閉鎖すると、橋の下には 17 フィート (5.2 m) の垂直余地がある。

訳注

橋は時代遅れのデザインのため、機能的に時代遅れであると評価されている。

橋は 4 月から 10 月まで、毎時丁度と 30 分にレジャーボートのために開放する。 4 月から 12 月までは PM 10:00 と AM 6:00 の間は橋は信号で開放する。 1 年のこれ以外の時は 24 時間前に事前の通報があれば橋が開放する。 公共の船、商用船、遭難している船に対しては橋は出来る限り早く開放する。

影響

夏の間、橋は定期的に開放するため、重大な交通渋滞の原因となる。 時には橋は持ち上げた状態で詰まってしまうことがあり、 これは 2004 年に 2 時間少々起きた。 追加の横断が探求されたが、バック・アップがとりわけ季節的なもので資金的制約から実際的でなかった。

橋が閉鎖するのを待つ車のアイドリングが大気汚染の原因と燃料を無駄にするため、 2010 年 6 月 28 日から 7 月 2 日までシャールボイで 「アイドリングをなくす週」 (Idle Free Week) に宣言された。