ページの最終校正年月日 :

以下は次の翻訳です。

Brussels–Scheldt Maritime Canal - Wikipedia

ブリュッセル・スヘルデ川海洋運河ウィッレブルーク運河とも呼ばれますが、 フラン語読みした場合にはウィルブルーク運河とも呼ばれるようです。 これに関しては最後の訳注をご覧ください。

Google map ではスヘルデ川は仏語の呼称であるエスコー川のカナ表記がされています。

地図も作りました。

ブリュッセル・スヘルデ川海洋運河の地図
ブリュッセル・スヘルデ川海洋運河
(Brussels-Scheldt Maritime Canal)

ブリュッセル・スヘルデ川海洋運河は (通常は色々な名前で呼ばれ、これにはウィッレブルーク運河とか、 ブリュッセル・ウィッレブルーク運河の呼称があり)、 ベルギーの運河で、ブリュッセルと スヘルデ川を接続し、究極的には海と接続する運河である。 28 km の長さの運河は 30 m の幅と 2 m の喫水があり、 ブリュッセル市とウィッレブルーク自治体 (Willebroek) を接続し、 ウィッレブルーク自治体のクライン・ウィッレブルーク村 (Klein-Willebroek) でロペル川 (Rupel) に接続している。 このため、1997 年に運河が直接スヘルデ川に接続されるまでは、運河はブリュッセル・ロペル海洋運河と呼ばれていた。

ウィッレブルーク運河のルート

運河はベルギーで最古の航行可能な運河の 1 つで、 実際の所、ヨーロッパでもそうである。

  1. 歴史
  2. 訳注
歴史

建設工事は 1550 年に始まり、 1561 年まで続いた。 しかしながら運河建設の許可は 1436 年に フィリップ 3 世 (Philip the Good) により認められていた。 しかしメヘレン市 (the city of Mechelen) (メヘレン市はゼンヌ川 (Senne River) を経由する伝統的なルートを通り抜ける全ての輸送に課税していた) からの抗議により、プロジェクトは長時間立ち往生していた。

1531 年に皇帝 カール 5 世はフィリップ 3 世の認可を更新したが、 工事はすぐに開始されなかった。 1550 年になって始めてハンガリーの マリアは 建設を開始するための合意をした。 1550 年 6 月 16 日に、 ブリュッセル市長のジャン・ド・ロコンギアン (Jean de Locquenghien) は鍬入れ式 (ground-breaking ceremony) を挙行した。

ブリュッセルとウィッレブルークにおけるロペル川の 14 m の高度差は 4 基の水門により克服された。 運河が就役すると共に、船舶はゼンヌ川を航行してメヘレンの課税対象となることを避けた。

まもなく幾つかのベイスン (basin) がブリュッセル市の中心部の セント・カトリーヌ地区 (St. Catherrine area) に建設された。 これらは 19 世紀末までに全て埋め立てられたが、 今日でも通りの名称から見分けられる。 ブリュッセルの運河のコースは ブリュッセル・シャルルロア運河 (Brussels-Charleroi Canal) との接続で改造され、後者の運河は 1832 年に開通し、 アントワープ港と シャルルロア産業地帯を直接接続した。

1920 年のサマー・オリンピックの際に運河でボート競技が開催された。

ウィッレブルーク橋における運河 ウィンタム水門

1922 年に完全に現代化された運河はウィンタム (Wintham) の新しい水門で統率された。 新しい上級化が 1965 年に開始し、 運河は 55 m に、水門では 25 m に拡幅され、喫水も調節された。 新しい 2 基の水門 (205×25 m) -- ゼムストにおけるもの (1975 年開通) とヒンゲーネ (Hingene) におけるもの (1997 年開通) -- により運河は直接スヘルデ川に接続された。 ブリュッセル港は今や 4500 トンの船と押し船による 9000 トンのコンボイ (convoy, 船団) で進入可能である。

訳注
押し船はタグボートの一種で、後ろから押すのに都合がよいように先端が平らになっている。 押す方が船の動きを制御しやすいようです。

運河はブリュッセルにおけるオイルの供給で最高に重要であり、 これは年間の交通量の 30-50% を占めている。 1974 年に年間の交通量は 1400 万トンに増えた。 輸送量は減少後、再び最近増加している。 運河により 700 万トンが運ばれ、 ブリュッセル港はベルギーで リエージュ (Liege) に次ぐ第 2 の内陸港である。

ベルギーの地方分権化 (regionalization) により、 運河の管理はもはや "SA マリーン" (1896 年に設立された会社) の 手にはなく、 ブリュッセルの首都圏地域ではブリュッセル港の制御下にあり、 フランドル地区では "水路と海運河 NV" ( Waterwegen en Zeekanaal NV) の制御下にある。

訳注
Willebroek のカナ表記に関して

Willebroek は地名でカナ表記ではグーグルマップではウィッレブルークのカナ表記になっています。 ところが インターネットの上では、ウィルブルック、ウィルブルークなどのようになっており、 このページで紹介した運河もウィルブルック運河とかウィルブルーク運河のようになっています。 そこで発音を調べてみると

Willebroek の発音オランダ語 (FORVO)

これを聞けば確かにウィッレブルークです。ところが、そのうちこれを仏語読みしているらしいことに気が付きました。 その場合は多分ウィルブルークです。Willebroek はベルギー北部のフランドル地方に属し、 ここはオランダ語圏なのですが、ブリュッセル市は半分以上がフランス語圏なので、ブリュッセル市の人は フランス語読みしている可能性があります。

municipality に関して

原文ではブリュッセル市、ウィッレブルーク自治体、クライン・ウィッレブルーク村の用語は使用せずに、 ブリュッセル、ウィッレブルーク、クライン・ウィッレブルークのように表示されています。 このままだと非常にわかりにくいので、Wikipedia のリンクをたどって、市、自治体、村の属性を付けました。 (オランダ語ページの Google の翻訳ページ (英訳) を使用した。) 市は city、自治体は municipality の訳語です。municipality は市と訳す場合もありますが、 city と municipality を区別しているので、それを反映させるために「自治体」の用語を使用しています。 「村」は単独の自治体ではなく、「自治体」 の一部として扱われています。