ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Hampden Bridge (Wagga Wagga) - Wikipedia

ハムデン橋のあった場所: Google map (衛星写真)

ハムデン橋 (ウォガ・ウォガ)
(Hampden Bridge (Wagga Wagga))

ハムデン橋は (かって存在した) 歴史遺産に登録された木造のトラス橋で、 オーストラリア、ニュー・サウス・ウェールズ州 ウォガ・ウォガ マランビジー川 (Murrumbidgee River) にかかっていた。 橋は 1895 年 11 月 11 日に公式に開通し、 ニュー・サウス・ウェールズ州総督の第二代ハムデン子爵ヘンリー・ロバート・ブランド (Sir Henry Robert Brand, 2nd Vicount Hampden) にちなんで名付けられた。 橋はオリンピック基幹道路 -- 以前のオリンピック道路 -- を 1963 年から 1955 年 10 月まで通していたが、 この時に基幹道路がこの橋の代わりにウィラドゥリ (Viradjuri) 橋を使用するようになった。 その後ハムデン橋は地元の交通用となり、次に歩行者専用路となり、 2014 年に終に取り壊された。

2005 年のハムデン橋
2014 年に取り壊される前
  1. かっての構造
  2. 歴史
  3. ギャラリー
かっての構造

ハムデン橋は長さ 100.5 m (330 フィート) で、 三基のトラス・スパンは各々長さ 33.5 m (110 フィート) であった。 ハムデン橋はパーシー・アラン (Percy Allan) によってデザインされた最初の大きな 頭上に支えのあるトラス橋であった。 橋は元々鋼の橋としてデザインされたが、 入札がとても高かったため、木材を代替として使用した。 ハムデン橋はウォガ・ウォガ橋梁会社 (Wagga Wagga Bridge Company) により操業されていた、より以前の橋の代わりになった。 以前の橋が有料道路でマランビジー川にかかり、 1862 年から 1895 年にかけて操業した。

道路輸送局 (Road and Traffic Authority) は橋が 1995 年 10 月に基幹道路に閉鎖されてから、 ウォガ・ウォガ市議会にハムデン橋を手渡した。 地元の歴史的ランドマークは北ウォガの郊外と市の中心部のルートとして 歩行者に開通していたが、2006 年に閉鎖された。 2012 年にウォガ・ウォガ市議会は橋を取り壊すことを投票で決めた。 これは保存にかかわる保守費用がとても高価であったからである。 橋を保守するか、取り壊すかの問題は地元を二分した。 2014 年 8 月 20 日に、 橋は爆薬を使用して、誘導崩壊法 (induced collapse method) により取り壊された。

ハムデン橋のデザイン
歴史

ハムデン橋は 1895 年 11 月 11 日に開通した。

1995 年 10 月に、100 周年記念を迎える直前に、 橋は交通に閉鎖され、この時近くのウィラドゥリ (Viradjuri) 橋が同じような配置で開通した。

2006 年 8 月 16 日にハムデン橋は歩行者に無期限に閉鎖された。 これはトラスの一部が崩壊して路面が 50 cm (20 インチ) 沈下したからであった。 道路・輸送局による安全報告が述べたことは、修理しなければいつ崩壊してもおかしくないことであった。 ウォガ・ウォガ市は橋を取り壊す他の選択肢と共に、壊れた区間を支柱で持ち上げる方法を考えた。 2006 年 8 月 25 日に、ウォガ・ウォガ市議会が報告したことによると、 緊急安定化に A$30,000 かかり、構造査定に A$10,000、ハンプトン橋を安全にする修理の入札の準備に A$25,000 かかる。 数日後、 1 ヶ月に 1 度のウォガ・ウォガ市議会で開始することが決定されたことは: 緊急安定化工事、構造健全性査定、歴史遺産査定、橋の取り壊し費用の見積もりであった。 議員のピーター・デイル (Peter Dale) が議論したことによると、 取り壊しが唯一の選択肢である。 というのはハムデン橋は保守で何十万ドルもウォガ・ウォガ市議会に負担をかけるからであった。 これは技術者が橋を調べて、修理費を A$100,000 に見積もった後のことであった。 1 ヶ月後、ウォガ・ウォガ市議会は橋の修理や取り壊しのために準備金から A$30,000 を承認した。 オーストラリア工学会 (the Institute of Engineers Australia) のハリー・トゥルーマン (Harry Trueman) による報告が述べることろでは、 ハムデン橋は州で最も大きく、最も重要な木造橋の一つである。 というのはこの橋は元々 リベリナ (Riverina) からシドニーに農産物を運ぶのに建設されたからである。 しかしながら、彼が確信を持てなかった点は、橋を良好な状態にするのに必要な金額の理由から、 ハムデン橋が救済可能か否かであった。 救済すれば市議会が何百万ドルもの負担を被り、これに現在進行中の保守費用が付け加わるからであった。

2007 年 11 月までに、議員たちは修復と取り壊しの費用の見積もりに関しての幾つかの研究集会に出席した。 修復の費用は A$150万、取り壊しの費用は A$160万 と見積もられた。 2008 年 2 月 27 日にウォガ・ウォガ市議会は橋を構造的に安全にするために A$300,000 を承認した。 2008 年 8 月に、30 メートル (128 フィート) の金属製のトラス (鉄道軌道を定位置に設置するために使用されるもの) がハムデン橋の壊れた区間に設置され、 橋を持ち上げて修理可能とした。

2012 年 3 月にウォガ・ウォガ市議会は投票により、橋を取り壊すことにした。 橋の取り壊し契約は 2013 年 2 月にクイーンズランドに本拠を置く会社である サザン・クロス・デモリション (Southern Cross Demolition) に与えられた。 2014 年に市議会は橋の柱を除いて、橋の取り壊し計画の承認を得て、橋の取り壊しは 2014 年 6 月に開始した。 2014 年 8 月 20 日に橋の骨格の 「制御した取り壊し」 が誘導崩壊法を使用して、完了した。

ギャラリー
ハムデン橋
歩行者に閉鎖
2006 年 8 月
1 次的な 39 m の
金属トラス
2014 年 7 月の取り壊し
の最中、路面の除去
2014 年 8 月 20 日
橋の残骸