ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Schell Bridge - Wikipedia

シェル橋: Google map (衛星写真)、 アップされた写真: その 1 その 2

シェル橋 (Schell Bridge)

シェル記念橋は鋼製のカンチレバー・ペンシルバニア (ペティト) トラス橋で、 マサチューセッツ州ノースフィールド町でコネチカット川にかかっている。 エドワード S. ショー (Edward S. Shaw) によりデザインされ、 マサチューセッツ州の東エバリット (Everett) の 「ニュー・イングランド構造会社」 (New England Structural Company) によって建設された。 建設が 1901 年に開始し、1903 年に完成した。1985 年に鋼のトラス要素の劣化が進展したため、 橋はバリケードで封鎖され、見捨てられた。 シェル橋は国の歴史登録財に適格である。

シェル橋 位置

歴史的な橋を救うための最近の保存運動にもかかわらず、 マサチューセッツ州輸送局によって橋の取り壊しが 2018 年 - 2019 年の冬に計画されている。

当初、マサチューセッツ州輸送局による取り壊しは 2007 年あるいは 2008 年位予定されていたが、 歴史的なランドマークを救うための地元の保存運動により、取り壊しが遅れた。 2013 年に 「シェル橋の友」 と呼ばれるグループが -- 橋を救うことに専念していたが -- 方針を変え、州の側に味方して、歴史的な橋の取り壊しに賛同した。

  1. 保存運動
  2. ギャラリー
保存運動

1 年にわたる工学調査がスミス・カレッジ (Smith College) のピッカー工学スクール (Picker Engineering Scholl) により実施され、橋は構造的に健全で、修復する良い候補であると決定された。 1985 年に橋が閉鎖されてからは、南 10 マイルの所にあるルート 10 の大きな橋以外には 東ノースフィールドと西ノースフィールドの間には利用可能な橋がなかった。 フランクリン郡でノースフィールドはコネチカット川で分断されている唯一の町である。 提案されたことは、 もし保存されれば、橋は歩行者・自転車・緊急車両のみに開通することであった。 橋は 3 州にまたがる鉄道跡をトレイルに変える運動に組み込まれ、 マサチューセッツ州北部、ニューハンプシャー州南西部、バーモント州南東部の一連のリクリエーション用のトレイル を接続することになる。 橋は避難路としても利用可能で、とりわけノースフィールドがバーモント・ヤンキー原子力発電所から 5 マイル (8 km) しか離れていないため重要である。

シェル橋を国の歴史登録財に追加する申請があった。

ギャラリー
2007 年の写真で、鋼板が橋の東の
入口を横断している。類似物が西の
入口にある。これは橋の路面を錆が
貫通して以来のことである。板の
上部には「側道はここで終了」と書
かれ、板には「進入禁止」の標識も
ボルト付けされている。
シェル橋からの金属バリアの光景。
バリアは人々が橋を横断するのを
防止するために設置されているが
多くの(若い)町の者が逃げ場所と
してここを使用している。とりわけ
夏場に多くが川に飛び込む。
コネチカット川の東岸に
面するシェル橋の光景