ページの最終校正年月日 :

以下の文書はドイツ語版の Wikipedia の英訳の日本語訳です。

Google の翻訳ページだけでは意味が不明な箇所は、 短く区切った文章に Google 翻訳を適用しました。(一番簡単な方法は 1 行をコピーして適当なところで改行する。) また単語の訳で妙だと感じたらドイツ語の辞書を使用しました (どうもトラスをうまく翻訳できていない。)

実際はこのページの英語版があります。 (ドイツ語版のページからリンクをたどれる。) しかし、これは唐突に終了しており、途中で書くのを断念したらしい。ドイツ語版の部分訳になっている。 これも参考になりました。この橋の最初の橋が レンズ型トラス (パウリ・トラス) であることが英語版の文章からわかりました。 Google 翻訳のページでは、このパウリ・トラスの英訳が非常に変になっていたので、Google の翻訳ページからのみでは 判読することが困難であったと思います。

ズュートブリュック橋: Google map 3D、 アップされた写真: その 1 その 2

ズュートブリュック (マインツ)
(南橋, Südbrücke (Mainz))

マインツのズュートブリュック橋は (マインツのズュート鉄道橋とも呼ばれ、 時にはマインツ・グスタフブルク鉄道橋とも呼ばれ) ラインラント・プファルツ州のマインツをライン川を越えて、 ヘッセン州 ギンスハイム=グスタフブルクに接続している。

夕方の光景、
手前にマイン川の合流口
ラインラント・プファルツ州
における位置
  1. 名称
  2. 位置
  3. 機能
  4. 歴史
  5. 修復 (2008 年 - 2010 年)
  6. 写真ギャラリー
名称

橋は公式な名称が与えられなかった。 そのため、今でも色々な方法で記述される。

位置

橋はマインツの古い街の南にあって、マイン川の合流口のすぐ上流にあり、 496 ライン・キロメートル ( コンスタンツからのライン川の距離) のライン川に架かり、 ラインラント・プファルツ州のマインツ・ローマ劇場駅 とヘッセン州のマインツ・グスタフブルク駅の中間にある。 橋は現存する左岸の 2 基の塔の間から開始し、 右岸ではかっての氾濫原をはるかに超える地上の橋となっている。

機能

ズュートブリュックはマインツから ダルムシュタットを経由して、 アシャッフェルブルクに至る ライン・マイン鉄道に奉仕し、 マインツからフランクフルト中央駅に至るマイン鉄道に奉仕している。 後者はマイン川の南を走り、この路線はマインツ、フランクフルト空港駅、フランクフルトを接続する S8 線も利用している。

橋の上では、トラスの外側を歩行者・自転車道もライン川を横断している。

歴史
パウリ・システム橋 (1862 年)

右岸と左岸にはヘッセン・ルートヴィッヒ鉄道 (Hessian Ludwigsbahn) が 1853 年から 1859 年にかけて 建設されていたが、ライン川で接続がなく、マインツ・グスタフブルク渡し場が設置され、 2 隻の外輪船がライン川を越えて貨車を運んだ。 1858 年 8 月 1 日以来、鉄道の乗客は外輪船を渡し舟として使用できるようになった。

1859 年から 1862 年にかけて、ズュートブリュック橋がグスタフブルクの MAN 工場 (MAN plant Gustavsburg) により設置された。 この工場はニュルンベルクに本拠地を置く J.F. クレット機械製作所・鋳造所 (Maschinenfabrik und Eisengießerei J. F. Klett) (後の MAN, Maschinenfabrik Augsburg-Nürnberg、アウクスブルク・ニュルンベルク機械製造所) の支部であった。 (マインツの) ローマの橋が失われ、 カール大帝のライン橋が完成後まもなく焼失した後は、 この橋が最初の固定橋であった。もっともこれ以前に (マインツの) 船の橋があった。 同時に、この橋はライン川を横断する 4 番目の鉄道橋で、 高ライン (Hochrhein) のヴァルツフート=コブレンツのライン橋 (Rheinbrücke Waldshut-Koblenz)、 ケルンの大聖堂橋 (cathedral bridge) そして ケールのライン橋 (Rheinbrücke Kehl) に次ぐものであった。

ズュートブリュック橋、1862 年 ズュートブリュック橋
完成の直前、1862 年

この錬鉄の橋はクレット機械製作所 (Klett-Maschinenfabrik) の橋梁建設部門の長であるハインリッヒ・ゴットフリート・ゲルバー (Heinrich Gottfried Gerber) の計画により建設され、長さが 105.2 m のスパン 4 基がライン川を横断し、 フリードリッヒ・アウグスト・フォン・パウリ (Friedrich August von Pauli) により開発されたパウリ・トラスが路面の上に配置されていた。 長い氾濫原を越える 28 スパンの橋がライン川の横断に接続された。 どちらの橋にも ネオ・ゴシックの門と塔が設置され、円周建築技師 (Kreisbaumeister) である Ignaz Opfermann により立案され、 門と塔は戦争が起きた場合の防衛の役目を果たすことになっていた。

ズュートブリュック橋は複線で計画されたが、 当初は門の塔、完全な柱が単線の上部構造と共に建設されただけであった。 建設のためにゲルバーはグスタフブルクに作業場所を設置した。 彼は家族と共に建設現場の近くのグスタフブルクに移住して、 工事をうまく調整し、監督した。 作業場は後にクレット機械製作所の支部に発展し、終には MAN のグスタフブルク工場になった。

大きな上部構造はわずか 9 ヶ月で組み立てられ、 1862 年 12 月 4 日に試験走行が実施された。 ズュートブリュック橋は 1862 年 12 月 20 日に操業を開始し、 1863 年 1 月 3 日以来、定期操業となった。

1868 年から 1871 年にかけて、第二の平行する上部構造である北側の軌道が建設され、 このためにゲルバーは再びグスタフブルクに移住した。 彼がとりわけ注意を払ったことは:より多くのプレハブ部品が建設作業場所で製造され、 リベット工事ができる限り建設現場で実施されないことであった。

増大する交通量により、ズュートブリュック橋は 1901 年に補強され、 28 基の地上スパンが交換された。

ズュートブリュック橋、1910 年頃
半放物線トラス橋 (1912 年)

10 年後、輸送量が非常に多くなったため、すべての上部構造を更新することにした。 4 つの主スパンの上に 104.96 m の支えがある鋼製の半放物線トラスが搭載され、 両端のスパンにはトラスの梁が装着され、中間のより短いスパンには金属梁が装着された。

戦争の被害

ズュートブリュック橋は第二次世界大戦の最中に被害を被った。 橋は 1945 年 3 月 17 日に前進する米軍を食い止めるために ドイツ国防軍の工兵により爆破された。 米軍の工兵は破壊された橋の上に単線軌道で、部分的に木造の一時的な橋を建設した。 この建設は記録的な速さで実施され、1945 年 4 月 14 日に操業を始めた。 橋は フランクリン D. ルーズベルト記念橋と命名された。 しかしながら、この橋は貨物列車を通すことができなかった。 そのため、橋は 1946 年 1 月 18 日に第二の一時的な橋で交換された。 この橋は ジョージ C. マーシャル将軍にちなんで名付けられた。

K トラス橋

1948 年から 1949 年にかけて、ズュートブリュック橋の再建が それぞれ互いに並んだ 2 基の平行な鋼製の K-トラスで実施された。 マインツ市立公園に至る西の橋のみが保存された。 この橋は川にある 4 スパンの橋につながり、 スパンの長さはそれぞれ 106.6 m、105.6 m、105.6 m、106.6 m である。 橋は SKR6 型式の予備橋で、2 階建てが完全な橋である。 職人は高さ 12 m の K トラスにしている。 すぐ東に隣接する地上の橋のスパンの長さは:35 m が 6 基、15.8 m が 13 基、26.7 m が 2 基、15.8 m が 7 基 (全部で 26 基) である。

訳注
SKR6 とはシャーパー (Schaper) とクルップ (Kruppe) が開発した標準化した橋のことで、
Schaper-Krupp-Reichsbahn Bridge (シャーパー・クルップ鉄道橋)
の頭文字が SKR で 6 は 6 m 幅の意味。
修復 (2008 年 - 2009 年)

建設されてから 60 年経過し、橋は緊急に修復する必要があった。 必要な工事は 2008 年に開始した。 橋に続くライン川の右岸も 2008 年から 2010 年に修復された。 この目的のために単線操業が当初設定され、 すべてを修理するために、片方の線を修理して、 次にもう一つの線を修理した。 建設をできる限り効率的に実施するために、 時刻表が変更され、幾つかの列車はマインツ・バイパスに迂回した。

更に、自転車・歩行者用通路は現代的にはあまりに狭すぎるので、 修復の最中に広くされた。 この目的のために 2009 年 4 月から 2010 年 4 月までに通路は完全に閉鎖された。 広くするための経費は周辺の自治体が負担した。 ドイツ鉄道は修復の最中に自転車・歩行者用通路を削除することを望んだ。

ヘッセ州の側では橋は 「ヘッセ州モニュメント保護法」 により文化歴史遺産である。

写真ギャラリー
西の橋の塔 橋の西端 鉄道本線
マインツ側から見る 橋の建物の
マインツの紋章
ズュートブリュック マインツ、
1862 年
ズュートブリュック マインツ、
マインツ側の光景