ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Whipsaw - Wikipedia

むち鋸と呼ぶのは、これが「むち」のようにしなうからだと思われます。

以下で「サッシ鋸」が登場しますが、この「サッシ」は「アルミサッシ」のサッシ (枠) のことです。

むち鋸 (Whipsaw)

むち鋸 (鞭鋸、whipsaw) あるいは穴鋸 (あなのこぎり、pitsaw) は元々鋸穴 (のこぎりあな、saw pit) で使用された鋸の一型式で、 狭い歯が枠によって固定されたもので構成され、 枠鋸 (わくのこぎり, frame saw) あるいはサッシ鋸 (sash saw) と呼ばれた (図を参照)。 これは枠のないまっすぐな硬い刃に発展し、長さは 14 フィートまでのもので、 両端にハンドルが付き、上端はティラー (レバー、tiller) と呼ばれ、 下端はボックス (box) と呼ばれた。これは見かけ上の理由からで、 使用後に取り外しでき、使用する度に装着された。 むち鋸は伐採場所で使用され、大きな丸太を梁や厚板にして小さくした。 鋸屋は大きな穴を掘るか、頑丈な台を作り、 2 人のチームが鋸を挽くもので、1 人が丸太の下にいてピットマン (pit-man) と呼ばれ、 もう 1 人が丸太の上にいてトップマン (top-man) と呼ばれた。 鋸刃は縦引き鋸として角度を付けて鋭利にし、下向きに引く時のみに切断するようにした。 鋸を持ち上げる時には鋸の重さは 2 人が対等に分かち合い、疲労と背痛を軽減した。 ピットマンは顔や目におがくずがかかったり、木が落下することに耐えなければならなかった。 もっとも現代の写真ではおがくずはピットマンから離れた場所に落下している。 これは予期されることで刃がピットマンの反対側に付いているからである。


Luke Clennell による鋸穴の絵
ギャラリー
鋸穴の上の作業を
示す木版画
穴鋸が鋭利にされる 2 人が材木を穴鋸で挽いている
のは鋸穴の上ではなく架台の上。
手動の枠鋸あるいは
サッシ鋸の 2 型式
絵葉書、中国の鋸屋が枠鋸を使用、
1900 年頃、この方法では鋸穴は不必要。