ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Collar beam - Wikipedia
カラー・ビーム (襟梁、Collar beam)

カラー・ビーム (collar beam、襟梁) あるいはカラー (襟) とは 2 つの垂木 (rafter) の間の水平要素であり、 家庭屋根建設 (domesctic roof construction) では、とても普通なものである。 しばしばカラー (襟) は構造的なものであるが、単に天井を作るために使用されることもある。 カラー・ビーム (collar beam) は時々カラー・タイ (collar tie, カラー結合材) と呼ばれるが、 これは正しいことがほとんどない。 建築における結合材 (tie, タイ) は圧縮要素 (compression) ではなく、伸張要素 (tension) で、 大半のカラー・ビームは垂木が垂れ下がらないように圧縮要素として動作する。 垂木の底部の近くにあるカラー (襟) は結合ビーム (tie beam) の代りをし、 垂木が広がるのを防止し、従って伸長要素で、カラー結合材 (collar tie) と呼ぶことが正しい。

屋根形成要素の #5 が
カラー (襟) である。
オランダの古いカラー・ビーム
屋根、画像: オランダ文化遺産局
(Cultural Heritage Agency)
  1. 語源
  2. カラー・ビーム屋根 (collar beam roofs)
  3. クラウン・ポスト屋根フレーム (Crown post roof framing)
  4. アーチ筋交い屋根 (Arched brace roof)
語源

Collar (カラー) は一般にラテン語の collare に由来し、これは首を意味する。

カラー・ビーム屋根 (collar beam roofs)

屋根フレームの最も単純な型式は一般的な垂木の屋根である。 この屋根フレームは垂木と垂木の底部の結合ビーム (tie beam) に他ならない。 屋根フレーム進展の次の段階はカラー (襟) を追加することで、 カラー・ビーム屋根 (collar beam roof) と呼ばれる。 カラー・ビーム屋根はおよそ 4.5 m までの差し渡し (span) に適切である。

クラウン・ポスト屋根フレーム (Crown post roof framing)

クラウン・ポスト (crown post) は圧縮要素の柱 (post) で、 クラウン・プレート (crown plate) と呼ばれる縦方向のビーム (梁) を支える。 クラウン・プレートは今度はカラー・ビームを支え、 カラー・ビームは垂木を支える。 従って、カラー・ビームはクラウン・ポスト屋根フレームにいつでも見出せる。

アーチ筋交い屋根 (Arched brace roof)

アーチ筋交いトラスは垂木とカラー (襟) の間に 2 本の筋交いを追加して作られる。 これにより、カラーと筋交いは伸長状態になる。