ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

East Broad Top Railroad and Coal Company - Wikipedia

イースト・ブロード・トップ鉄道石炭会社: Google map

イースト・ブロード・トップ鉄道石炭会社
(East Broad Top Railroad and Coal Company)

イースト・ブロード・トップ鉄道石炭会社 (EBT, East Broad Top Railroad and Coal Company) は 3 フィート (914 mm) の狭軌の歴史鉄道で、 ペンシルバニア州ロックヒル・ファーネス (Rockhill Furnace、これは地名、ファーネス = 溶鉱炉) に本部があり、 州間道路 76 (Interstate 76、ペンシルバニア・ターンパイク) の北 19 マイル (31 km) で、 US ルート 22 (ウィリアム・ペン・ハイウェイ (William Penn Highway)) の南 11 マイル (18 km) にある。 これは 1871 年から 1956 年まで操業し、この国の最古で、最も良く保存された 狭軌鉄道の 1 つで 1964 年に「国の歴史的ランドマーク」 (National Historic Landmark) に指定された。 鉄道は今では観光客の呼び物として、保存されているが、 2011 年 12 月以来、周遊旅行 (open excursion、遠足) を操業しておらず、 2013 年 10 月以来、(貸し切りの) 周遊旅行 (excursion) をしていない。 2020 年 2 月に、鉄道が非営利財団 (a non-profit foundation) によって買収されたと表明された。

イースト・ブロード・トップ鉄道
鉄道が 1960 年に再開した後の EBT エンジン 12
  1. 産業時代
  2. 歴史遺産操業 (Heritage operation)
  3. 現在
  4. 「イースト・ブロード・トップの友」博物館 (Friends of the East Broad Top Museum)
産業時代

イースト・ブロード・トップ鉄道石炭会社 (East Broad Top Railroad and Coal Company) は 1856 年に認可された。 資金的制約と南北戦争により、鉄道は元々認可を受けた人により建設されることがなく、 新しい投資家のグループが 1867 年に通行権 (right-of-way) を手に入れ始め、 1872 年 - 1874 年に 3 フィート (914 mm) の狭軌として、鉄道を建設できることになった。 運行 (service) が始まり、 ペンシルバニア州マウント・ユニオン (Mount Union) から ペンシルバニア州オービソニア (Orbisonia) まで 1873 年に開始し、 1874 年 11 月にはロバーツデール (Robertsdale) に至った。 鉄道は後にウッドベール (Woodvale) とアルバン (Alvan) に延長され、幾つかの支線が作られた。 最盛期には 60 マイル以上の軌道とおよそ 33 マイルの本線があった。

イースト・ブロード・トップ鉄道の支線
名称 里程標運行開始運行終了
クレー小支線
(Clay spur)
1918 1927
シェード・ギャップ支線
(Shade Gap Branch)
ブラックログ
(Blacklog)
12.5 1884 1956
セダー・ロック
(Cedar Rock)
14.8 1884 1956
ロック・バレー
(Locke Valley)
15.6 1884 1956
シェード・ギャップ
(Shade Gap)
17.0 1884 1948
ニーリトン
(Neelyton)
20.2 1903 1943
スタントン・シュプール
(Stanton spur)
21.6 1919 1940
シェード峡谷支線
(Shade Valley Branch)
ステア―
(Stair)
1886 1904
ゴスホーン
(Goshorn)
1888 1904
ナンディー
(Nandy)
1890 1902
ブーハー支線
(Booher Branch)
15.0 1891 1912
ナーコ支線
(Narco Branch)
1942 1956
コールズ峡谷支線
(Coles Valley Branch)
ジョラー
(Joller)
1916 1948
ロッキー・リッジ支線
(Rocky Ridge Branch)
カーフマン
(Curfman)
27.6 1905 1936
ジェイコブス
(Jacobs)
29.0 1917 1936
エバンストン
(Evanston)
20.4 1917 1936
No. 7 と 8 支線
(No. 7 and 8 spurs)
1915 c. 1941
EBT #15 周遊列車
(excursion train)
2006 年
EBT #15 オービソニア駅
(Orbisonia) の前、1986 年
M-1 doodlebug
(蟻地獄の意味、あだ名 ?)

鉄道の主な目的は 半 瀝青炭 (semi-bituminous coal) を へんぴなブロード・トップ山脈 (Broad Top Mountain) の大地の東側の鉱山からマウント・ユニオン (Mount Union) の ペンシルバニア鉄道 (Pennsylvania Railroad) まで運ぶことであった。 更に、鉄道が随分多量に運んだものに:  ギャニスター岩 (ganister rock、[訳注:珪石レンガの材料]), 材木、 及び乗客があり、 それに加え、 農業製品、 道路タール、 及び一般の貨物があった。 最初の 30 年間に、鉄道は多くの石炭を「ロックヒル鉄溶鉱炉」 (Rockhill Iron Furnace) に供給し、この溶鉱炉は「ロックヒル鉄石炭会社」 (Rockhill Iron and Coal Company) により操業されていた。 帰途では鉄道は溶鉱炉からの銑鉄を運んだ。

EBT の軌道、接続
そして施設
オーウィック川
(Augwick Creek/Aughwick Creek)
の鉄道橋 (1986 年)
訳注:左上の地図から作った概念図

この地域の製鉄産業は 1900 年代始めに消え去り、 鉄道は収入のおよそ 90% を石炭輸送で生計を立てることになった。 珪石レンガ (silica brick) 製造の大きなプラント (複数) が 20 世紀の変わり目にマウント・ユニオン (Mount Union) で開発され、これらが石炭の主要な顧客になり、 ギャニスタ―岩 (ganister rock) の顧客にもなった。 ギャニスタ―岩 (ganister rock) は鉄道沿いの複数の地点で切り出されていた。

EBT はペンシルバニア州フィラデルフィアの事務所を維持した。 1893 年の時刻表は彼らの執行事務所をウォールナット・ストリート (Walnut St) として掲載していた。 これは当時の市の主な商業地区であった。 市のビジネス・センターが西に移り、1939 年までに EBT の事務所はチェスナット・ストリート 1421 (Chestnut St 1421) になった。 EBT は 1880 年代から 1940 年代を通じ、一般に利益があり、 他の狭軌鉄道よりは、はるかにインフラを現代化することができた。 鉄道の ラウンドハウス (roundhouse) は、米国でなお操業中の最古の鉄道ラウンドハウスの 1 つで、 1882 年に建設された。 石炭洗浄プラントと完全保守作業場複合施設も建設され、 橋は鉄と木から、鋼とコンクリートに上級化され、 木造車両 (wood rolling stock) は鋼で交換され、現代的な高出力蒸気機関車がフィラデルフィアの ボールドウィン機関車工場 (Baldwin Locomotive Works) から購入された。

1950 年代に、家庭と産業で (石炭が) 安い石油とガスに転換して、石炭の需要が急落した。 棺桶の最後の釘が撃ち込まれたのは、マウント・ユニオン (Mount Union) の珪石レンガ (silica brick) のプラントが石油とガスに転換した時で、 十分な石炭が売却されず、鉱山と鉄道を支えることができなくなった。 鉄道は 1956 年 4 月 14 日に石炭輸送業者として閉鎖し、 石炭採掘会社と共にコバルチック・サルベージ社 (Kovalchick Salvage Corporation) にスクラップとして売却された。

歴史遺産操業 (Heritage operation)

コバルチック・サルベージ (Kovalchick Salvage) の社長のニック・コバルチック (Nick Kovalchick) は鉄道をすぐにスクラップにすることを選ばずに、 そのままにした。 1960 年にオービソニア (Orbisonia) とロックヒル・ファーネス (Rockhill Furnace) の 2 つの自治区 (borough) -- 後者は鉄道操業の中心地 -- は 200 周年記念を祝い、コバルチック (Kovalchick) に列車を展示することを依頼した。 彼はもっと良くするために、 4 マイルの軌道と 2 台の機関車を復元し、 この夏、観光鉄道を数ヵ月の間操業した。 新しい呼び物は非常に成功したため、軌道は 5 マイル (8 km) に延長され、 1961 年に定期的な観光操業として開始した。 鉄道は 2011 年まで夏毎に観光列車を操業した。

EBT は 1964 年に「国の歴史的ランドマーク」 (National Historic Landmark) に指定され、 1966 年に 「国の歴史登録財」 (National Register of Historic Places) に追加された。 鉄道は 1996 年に ナショナル・トラスト (National Trust for Historic Preservation) の 「アメリカの最も危険にさらされた場所」 (America's Most Endangered Places) の一覧に追加された。

2020 年 2 月まで、鉄道の大半はなおコバルチック・サルベージ (Kovalchick Salvage) により所有され、 何年もの間ニック (Nick) の子息のジョー (Joe) と彼の妻のジュディー (Judy) により監督されていた。 2009 年 5 月から 2011 年 4 月まで、 EBT は 3 年間イースト・ブロード・トップ鉄道保存協会 (EBTPA, East Broad Top Railroad Preservation Association) にリースされ、 この組織は非営利団体で、鉄道を獲得して、鉄道の元々の本線の 33 マイル (53 km) すべてを再活性化する意図を持っていた。 (5 マイル (8.0 km) のみが観光用に操業されているだけであった。) EBTPA は現場で幾つかの改良をし、更には幾つかのイベントを追加し、 2011 年にはシーズンと 1 週間の営業日を延長した。 保守標準と顧客サービスが強化された。 元々の 3 年間のリースは 2012 年 4 月に期限が切れ、所有者と EBTPA は操業を継続するための合意に到達することができなかった。

営業時には、鉄道は歴史遺産鉄道として操業し、列車は 3 フィート狭軌の 2-8-2 蒸気機関車で牽引される。 古風なディーゼルはバック・アップ動力として操業している。 周遊列車 (Excursion) は一般に 5 月から 10 月まで走った。特別イベントと休日列車は 11 月と 12 月に走った。

乗車は 10 マイル (16 km) の往復で、およそ 1 時間かかる。 EBT の毎年の「秋の豪華ショー」 (Fall Spectacular) は、 すべての動作装置が使用されている時に、 10 月の コロンブス・デー (Columbus Day) の土曜、日曜の週末に開かれる。 「コミューニティ感謝デー」 (Community Appreciation Day) のような地元のイベントもある。 列車は「コルゲート・グローブ」 (Colgate Grove) で停車する。この場所は操業している周遊 (excursion) 軌道の最端にあるピクニックの森 (picnic grove) である。列車は帰途のために Y 字軌道で向きを変える。 歴史的鉄道保守作業場は、 鉄道の運行時と、貸し切り旅行の場合には通常開いている。 スピーダー (Speeder)、ハンドカー (handcar、人力推進の車両)、及び M3 の乗車はロックヒル・ファーネス (Rockhill Furnace) 南の復元された軌道でしばしば利用可能である。 鉄道は 2011 年 12 月以来周遊、(public excursion) を操業していないが、 2012 年と 2013 年 10 月の コロンブス・デー (Columbus Day) の週末に FEBT のメンバーのための私的な列車があった。 FBT と FEBT の所有するモーターカー (motorcar) が 2014 年の コロンブス・デー (Columbus Day) の週末に FEBT メンバーのために 周遊 (excursion) を操業した。

鉄道は 2011 年以後、周遊 (public excursion) を停止したが、イースト・ブロード・トップ鉄道保存協会 (EBTPA, East Broad Top Preservation Association) は複数の鉄道区間を 買収する十分な資金を集め、「イースト・ブロード・トップの友」 (FEBT, Friends of the East Broad Top) は復元工事を継続した。

現在

イースト・ブロード・トップ鉄道保存協会 (East Broad Top Railroad Preservation Association) による イースト・ブロード・トップ鉄道 (East Broad Top Railroad) のリースによる操業は 2012 年 4 月に終了した。 当事者の間の交渉は 2012 年 5 月まで継続したが、 どちらにも認められる操業上の合意には至らなかった。 部分的には日付が遅れたことと、恐らくは他の理由によって、 2012 年、2013 年、そして 2014 年には EBT を操業しないことが決定された。 鉄道施設は現在、非常に少ない有給スタッフと、FEBT のボランティアにより保持されている。 EBTPA はもはや EBT の現場における活動にはかかわっていないが、 鉄道の買収オプションを保持し続け、買収のための資金を集め続けている。 FRA (= Federal Railroad Administration) の検査と書類事務は再操業に備えて、機関車 #15 において 2012 年に継続された。 周遊 (public excursion) は 2012 年と 2013 年には開催されなかったが、 ディーゼル動力の列車は FEBT のメンバーのために 2012 年 10 月 6 日と 2013 年 10 月 12 日に操業された。 モーターカー (Motorcar) の周遊 (excursion) は FEBT のメンバーのために、2014 年 10 月 11 日に操業された。

「イースト・ブロード・トップの友」 (Friends of the East Broad Top) の復元プログラムは 2012 年、2013 年、2014 年、及び 2015 年に継続され、 中止されることがなく、所有者であるジョー・コバルチック (Joe Kovalchick) の積極的な奨励があった。 コバルチック (Kovalchick) 氏は部分的に鍛冶屋の作業場所 (Blacksmith Shop) の構造的修理の資金を提供し、 残りの修理は FEBT により資金提供され、FEBT のボランティアにより実施された。 コンバイン・カー #14 (Combine Car、[訳注:北米用語、客車 + 貨車])、ボイラー棟、機関車作業場、及び他の施設の復元も継続した。

歴史的作業場所複合施設の見学は 20 名以上のグループに関しては鉄道との事前相談により、2012 年と 2013 年に提供された。 周遊 (public tour) は 2012 年 8 月と 2012 年 10 月 6 日に提供された。

「イースト・ブロード・トップの友」 (Friends of the East Broad Top) は毎年の 「秋の再会」 (Fall Reunion) と コロンブス・デー (Columbus Day) の週末の関連するイベントを 2012 年、2013 年、2014 年に開催し、2015 年の コロンブス・デー (Columbus Day) の週末にもすることになる。 これは EBT 「秋の豪華ショー」 (Fall Spectacular) の伝統的な時期である。

隣接する 「ロックヒル路面電車博物館」 (Rockhill Trolley Museum) は 定期的な夏のスケジュールと、 2012 年、2013 年、2014 年の特別イベントを操業し続け、 更には 10 月の「秋の豪華ショー」 (Fall Spectacular) の彼らの部分も操業していることは言うまでもない。

2013 年 6 月 3 日に、 イースト・ブロード・トップ保存協会 (East Broad Top Preservation Association) は イースト・ブロード・トップ鉄道 (East Broad Top Railroad) の最初の部分の買収を発表した。 2 つの別の取引で、彼らが買収したのは:  NS 本線から分岐する昔の PRR/コンレール小支線で、EBT ヤードの北端まで -- これはコバルチック・サルベージ (Kovalchick Salvage) のもの -- と (EBT マウント・ユニオンのヤード、すなわち) コンレール小支線の接合箇所の EBT ヤードから US 522 の横断箇所に至るまで -- これはイースト・ブロード・トップ鉄道石炭会社からのもの -- であった。 EBTPA は間もなく、マウント・ユニオン (Mount Union) からオーウィック (Aughwick) に至る鉄道を購入した。

訳注
原文そのままだと意味が受け取りにくいので少し言い換えています。 (多分、原文は引用文をつないでいるため、読みにくくなっている。)
  1. NS = Norfolk Southern の意味。鉄道会社の変遷はかなりややこしい。
  2. PRR = Pennsylvania Railroad (ペンシルバニア鉄道) ?
  3. コンレールに関しては コンレールを参照。

2020 年のバレンタインの日に、記者会見がオービソニア (Orbisonia) で開催され、 非営利団体である EBT 財団が鉄道を購入し、2021 年に周遊 (excursion) を再開することを表明した。 売買には含まれたのは、 およそ 27 マイルの鉄道、 ロックヒル・ファーネス (Rockhill Furnace) のヤード複合施設、 関連するすべての車両と装置であった。

注目に値すること

EBT が通常と違うのは、これが完全に元々の鉄道であって、大半の観光鉄道のように、 色々な場所から断片を集めたものではないことである。 石炭運送業者として、最後の年月に鉄道で操業した 3 フィート狭軌の蒸気機関車の 6 基すべてが、 まだこの場所にあり、そして幾つかは周遊 (excursion) 列車として使用されている。 他の元々の装置に含まれるものは:  4 フィート 81/2 インチ (1,435 mm) の標準ゲージの (可動でない) 入換機関車 (switcher)、 軌道保守車 (operating track-gang cars)、 M-3 モーターカー (EBT により、自動車のエンジンと変速機によって最初から建造)、 M-1、モーターカーで、 1927 年に EBT により建設された J.B. ブリル社 (J.G.Brill and Company) の縮小された設計図に基づくもの。 後年の石炭輸送時代に鉄道で操業した車両の大半は色々な状態で地所に残り、 これには 1 ダースのフラットカー (flatcar)、 幾つかのボックスカー (boxcars)、 そして 150 台以上のホッパー貨車 (hoppers) がある。 観光列車は元々の EBT の乗客用の装備を使用し、 転換された EBT の貨車も使用することは言うまでもない。 元々の鉄道の保守作業場にあるのは:  一対のバブコック&ウィルコックス・ボイラー (Babcock & Wilcox)、 19 世紀の固定蒸気エンジン、 頭上のライン・シャフト・システム (鋼のシャフト、木と鉄のプーリー (pulley、車輪)、皮とキャンバスのベルト) で、 これが動力を与えるのは:  時代物の工作機械 (antique machine tool)、 板を作る機械、 鋳造装置、 鍛冶屋の道具、 木工用の機械である。 鉄道の元々の 30 マイル (53 km) の本線の大半はまだ元のまゝである。 もっとも現在は 5 マイル (8.0 km) のみが使用されている。 近年に、ロックヒル・ファーネス (Rockhill Furnace) の南側からロバーツデール (Robertsdale) の南側までの 使用されていない軌道をきれいにして、 スピーダー (speeder) とハンドカー (handcar(track-gang car)、人力推進の車両 (軌道保守車両)) で使用するために軌道幅をそろえた。

復元努力

EBT が観光客用に開通してからの年月に、 鉄道の不使用区間の構造の多くが修理されなくなり、放置されたり放火によって失われた。 元々の鉄道保守作業場と ロックヒル・ファーネス (Rockhill Furnace) の他の建物の保守、そして使用されていない装置の保守は 無視された、というのは従業員は限られた人力を列車の操業と中心となる施設の保守に焦点をあわせたからである。 その結果、中心となる観光用の操業以外の歴史的な構造 (fabric) はひどく脅かされた。

1983 年に、非営利の「イースト・ブロード・トップの友」 (FEBT, Friends of the East Broad Top) が組織されて、 イースト・ブロード・トップ (East Broad Top) を保存・復元することになった。 始めは EBT と FEBT の間に良好な作業関係 -- これにはロックヒル・ファーネス (Rockhill Furnace) における 2 年半の復元作業が含まれる -- があったが、1985 年の一連の事件から 2 つの間の実体の間にマサツと不信が生じた。 当時、FEBT はロバーツデール (Robertsdale) における復元に再び焦点をあわせ、 そこで 2 つの歴史的 EBT/RI&C の構造物を購入ないしはリースし、 以前の EBT コンバイン #16 (combine、客車 + 貨車) においてはリースした。 1990 年代末に、関係は協調的なプロジェクトで修復され、 2002 年に始まって、FEBT のボランティアは再びロックヒル・ファーネス (Rockhill Furnace) で復元作業を始めた。 この作業は今日でも継続し、この期間に視野と深さで、随分と成長した。

現在、FEBT のロックヒル (Rockhill) 復元のチームは一ヵ月に一回の週末に、歴史的鉄道で復元を実施している。 但し、10 月と 12 月は例外で、更には 5 月の特別な工事週間も例外である。 FEBT のボランティアが復元しているのは:  建物、機械、軌道修理であり、 ツアーの提供、敷地の維持の助けをしている。 2002 年以来、相当な復元が中核になる保守作業場複合施設の半分以上で実施された。 他の幾つかの建物は適度な修復から、徹底的な修復まで実施された。 5 両の車両が操業に復帰し、もう 3 両が進行中である。 保守作業場の 5 つの機械が復元されて運用され、 幾つかが使用されて、他の復元プロジェクトのために部品を作っている。 軌道の 6 ヶ所が修復された。 チームはロックヒル・ファーネス (Rockhill Furnace) の外側の鉄道の部分でも、復元プロジェクトを実施している。

ロックヒル路面電車博物館 (Rockhill Trolley Museum)

ロックヒル路面電車博物館は 「昨日への鉄道」 (Railway to Yesterday) が操業し、 鉄道に隣接して、 観光シーズンに、EBT のかってのシェード・ギャップ支線 (Shade Gap Branch) (現在は 4 フィート 81/2 インチ (1,435 mm) の標準ゲージが再設置) で、 3 マイル (4.8 km) の往復の路面電車の乗車を提供する、 このルートはブラックログ川 (Blacklog Creek) を追っている。 RTM のボランティアは幾つかの方法で鉄道を助けている。

「イースト・ブロード・トップの友」博物館
(Friends of the East Broad Top Museum)

FEBT はペンシルバニア州ウッド・タウンシップ (Wood Township)、ロバーツデール (Robertsdale) 共同体で、 博物館複合施設を操業し、これは「イースト・ブロード・トップの友」博物館 (Friends of the East Broad Top Museum) と呼ばれる。 博物館はイースト・ブロード・トップ (East Broad Top) のロバーツデール駅 (Robertsdale Sation) にあり、 鉄道の操業部分から、およそ 40 分にあり、歴史的な工芸品と文書を収容している。 ロバーツデール (Robertsdale) はロックヒル鉄石炭会社 (RI&C Co.、Rockhill Iron and Coal Company) の石炭採掘の操業のハブであり、 ここが EBT で石炭を輸送した。 FEBT 博物館の目的は「イースト・ブロード・トップ鉄道石炭会社」 (East Broad Top Railroad and Coal Company) と これが貢献した周辺の産業に関しての歴史と文化を展示することである。 FEBT は RI&C Co. の所有するロバーツデール郵便局 (Robertsdale Post Office) の建物の復元完了に近くなり、 この建物はまもなく博物館の展示を収容し、一方、駅はかっての外見に完全に復元されることになる。

ロバーツデール歴史地区 (Robertsdale Historic District) とウッドベール歴史地区 (Woodvale Historic District) は 1992 年に「国の歴史登録財」 (National Register of Historic Places) に 登録された。