ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Fairbottom Branch Canal - Wikipedia
フェアボトム支線運河 (Fairbottom Branch Canal)

フェアボトム支線運河はイングランド、広域マンチェスター (Greater Manchester) のアッシュトン=アンダー=ライン (Ashton-under-Lyne) の近くにある運河であった。

  1. ルート
  2. 歴史
ルート

この運河はホリンウッド支線運河 (Hollinwood Branch Canal) を水門 22 の すぐ上流のフェアボトム・ジャンクション (Fairbottom Junction) から離れる。 運河は 1 マイル (1.82 km) をわずかに超えた長さで、水門がない。 これはバーズリー (Bardsley) のフェニー・フィールズ・ブリッジ (Fenny Fields Bridge) で終了し、 この場所はアッシュトン=アンダー=ライン (Ashton-under-Lyne) とオールダム (Oldham) の間の メドロック峡谷 (Medlock Valley) にある。

歴史

この運河は主に田園的であるが、 主な目的は石炭を運ぶことで、従って、石炭の積載場所と、 同じ目的の短い私的な支線があった。 ミル (mill) もあった。

フェニー・フィールド・ブリッジのすぐ北東に、 産業共同体がパーク・ブリッジ (Park Bridge) に作られ、 トラムウェイ -- これには内径が小さな 150 ヤード (140 m) のトンネルがあった -- が 2 つをつないだ。 この共同体はサミュエル・リーズ (Samuel Lees) により、1783 年に設立され、 繊維産業のためのローラーを製造した。この共同体は繊維機械の需要が増加するにつれ、 急速に拡大した。 1804 年にサミュエルの早すぎる死の後で、 工場は彼の未亡人の ハンナ・リーズ旧姓バックリー (Hannah Lees née Buckley) が成功裏に経営し、 後年に会社は彼女の名誉をたたえて、「ハンナ・リーズと子息の会社」 (Hannah Lees & Sons) となった。 この工場の最後の部分は、繊維産業の衰退により、1963 年に閉鎖した。

1800 年頃、水を運河に供給したのは 「フェアボトム・ボブズ」 (Fairbottom Bobs) で、鉱山排水用のニューコメン・エンジンであった。

最初はトラムウェイの貨車の牽引は馬によっていたが、1840 年代初頭にアッシュトニアン (Ashtonian) と呼ばれる蒸気機関車がその代わりになった。 トンネルの内径の細さから、運転手は背が低い必要があり、 そうであってもトンネルを通り抜けるのにしゃがまなければならなかった。 蒸気機関車の煙突も取り除かなければいけなかった。 このトラムウェイは 1880 年代まで操業可能であった。

1930 年代初頭に、2 回水漏れが起き、これにより運河の水位を下げる必要があり、 この事実と鉱山の地盤沈下により、1932 年に運河の非公式の閉鎖があった。 1948 年までに運河の航行がまったく不可能となったが、水が残った。

かっての運河の路線は大半が無傷のまゝで、今やこの一部分を再開通する計画があり、 これはホリンウッド支線運河の大半と同様に「快適環境運河」 (amenity canal) としてである。

フェアボトム支線