ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Finch Foundry - Wikipedia
フィンチ鋳造所 (Finch Foundry)

フィンチ鋳造所 (Finch Foundry) は 19 世紀の水力フォージ (forge, 鍛冶場) で、 イングランド、デボン州 (Devon)、 オークハンプトン (Okehampton) の 近くのスティックルパス村 (Sticklepath) にある。 これは元々、農業と鉱業のための手工具 (hand tool) を製造するのに使用され、 そのピーク時には 1 日およそ 400 個の刃物 (edge tool) を製造した。 これは 1960 年まで、現役の鋳造所であったが、この時、屋根が崩壊し、 1994 年以来、 ナショナル・トラスト (National Trust) のものになった。 これに含まれるものは、 チルト・ハンマー (tilt hammer)、 ドロップ・ハンマー (drop hammer)、 そして、せん断ハンマー (shear hammer) の実例で、 すべて水車により動力が与えられていた。 トラストはこれを稼働な状態に保存し、道具の実演は毎時間行われる。

フィンチ鋳造所の水車の一つ
ナショナル・トラスト
のボランティアが鋳造所の
操業方法と動力を説明。
灼熱した鋳鉄の棒を
チルト・ハンマーを使用
して平坦にする実演
せん断ハンマーの実演、
灼熱した鋳鉄の棒の切断
これは、この前にチルト・
ハンマーで平坦にしてあった。