ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Gladstone Pottery Museum - Wikipedia

グラッドストーン製陶所博物館: Google map

グラッドストーン製陶所博物館
(Gladstone Pottery Museum)

グラッドストーン製陶所は中規模な石炭を燃料にする製陶所の動作する博物館 (working museum) であり、 これは 18 世紀中頃の産業革命の時から 20 世紀中頃までの北 スタッフォードシャー (North Staffordshire) 地区の かってはありふれたものの典型的なものである。

グラッドストーン製陶所博物館
中庭とボトル窯
スタッフォードシャーに
おける位置

博物館は スタッフォードシャー (Staffordshire)、 ストック・オン・トレント (Stoke-on-Trent)、ロングトン (Longton) にある。 これは「産業歴史遺産のヨーロッパ・ルート」 (European Route of Industrial Heritage) の 地方ルートの一つにも含まれている。 博物館の名称にもかかわらず、これは 2 つの工場 -- グラッドストーン (Gladstone) とロズリン (Roslyn) -- からなる建物の複合施設である。保護されている造作には窯 (kilns) が含まれている。 ストーク・オン・トレント (Stoke-on-Trent) には現存するボトル窯 (bottle kiln、瓶型窯) が 50 基もなく (そして、これ以外の英国にはまばらに存在するのみで)、 博物館の窯はロングトン保護区にある他のものと共々に、 国内にある蓄積された建物の重要な部分を代表している。

  1. 博物館の歴史
  2. 卓上食器を作る工程
  3. 建物
  4. 展示
  5. メディアの関心 (Media Interest)
  6. 祝賀とイベント (Celebrations and Events)
博物館の歴史

製陶所工場は 1787 年に始めてこの場所に開設された。 これはシェリー家 (Shelley famil) により運営され、 ジョサイア・ウェッジウッド (Josiah Wedgwood) により製造された、陶器と装飾された平皿 (plate) と皿 (dish) を製造した。 この場所は 1789 年にウィリアム・ウォード (William Ward) が購入し、 彼はこれを 2 つに分割した:  パーク・プレース工場 (Park Place Woarks) -- これはその後ロズリン工場 (Roslyn works) に命名 -- とウォーズ・ポット・バンク (Wards Pot Bank) -- 1818 年にジョン・ヘンドリー・シェリダン (John Hendley Sheridan) に売却 --。 1850 年代に、シェリダン (Sheridan) はこの場所をトーマス・クーパー (Thomas Cooper) に貸し、 彼は 41 名の大人と 26 名の子供を雇用して、陶磁器 (china) とパロス焼きの彫像 (parian figure, パロス島の大理石に似た焼き物) を製造した。

1876 年までに、ウォード (Ward) の場所は R ホブソン社 (R Hobson and Co) の手に渡り、 政治家の ウィリアム・エワート・グラッドストーン (William Ewart Gladstone) にちなんで、 グラッドストーン (Gladstone) と改名された。

グラッドストーン製陶所博物館 博物館の内側の庭

工場は 1974 年に博物館として開館した、 この建物は、製陶所が閉鎖された 1970 年 (これは最後のボトル窯が火を入れてから 10 年ほど経た時) に取り壊しを免れていた。 1990 年代に所有権はストーク・オン・トレント市議会 (Stoke-on-Trent City Council) に移った。 博物館は動作する製陶所として機能することにより、産業歴史遺産に対する責任を示している。 しかしながら、資金的理由から切り詰めなければならず、 博物館は、そうであった程には、生きた博物館 ("living" museum) とはならなくなった。 2014 年現在では、バーズレム (Burslem) のミドルポート製陶所 (Middleport Pottery) は商業製造に使用され、 おそらくストーク・オン・トレント市の動作する唯一のビクトリア時代の製陶所である。

卓上食器を作る工程

粘土(clay) とすり潰した骨 (ground bone) がスリップ小屋 (sliphouse) で混合された。 椀 (Bowl), 皿 (plate) そして受け皿 (saucer) はスリップ (slip) からプレス (press) されたり、ジガ― (jigger) で処理されたり、 ジョリー (jolley) で処理されたり、型入れ (mould) されたりした。 火を通していない (green) 瀬戸物 (china) は乾燥室 (greenhouse) で乾燥された。 同時に、窯でこれらを定位置にする 匣鉢 (saggar) が作られた。

訳注
  1. スリップ (slip) は粘土と他の材質の混合物、あるいは懸濁液 (slurry)。
  2. ジガ― (jigger - wiktionary) の意味は製陶所 (pottery) では 「平皿を製造するための水平旋盤」 (A horizontal lathe used in producing flatware)。
  3. ジョリー (jolley - wiktionary) の同義語 = ジガ― (jigger)

ボトル窯 (bottle over kiln) は外側の小屋 (hovel) で守られ、 これは上昇気流 (updraught) を作る助けになった。 素焼き窯 (biscuit kiln) は、火を入れる前の平皿 (flatware) を粘土で封印した 匣鉢 (saggars) をプレーサー (placer、設置具) で満たした。 扉 (clammins) はレンガを積み上げて火をつけた。 各火付け (firing) では 14 トンの石炭を使用した。 火は火口 (firemouth) で点火し、4 時間ごとに燃料を追加した (baited)。 火は窯の中で立ち上がり、 匣鉢 (saggar) の栓 (bung) の間を通った。 彼らは頂上 (crown) のダンパー (damper、調節板) を使用して火の温度を調節した。 温度はブラー・リング (buller ring、窯に設置された温度測定装置 (pyrometric device)) の収縮を見てはかった。 窯は 1250C にまで加熱した。 卓上食器 (table-ware) は次に「移し絵」(transfers) あるいは絵 (painting) により装飾され、 マッフル窯 (muffle kiln) に置かれた。

素焼き (bisucuitware) は釉薬を付けた (glazed)。 彼らはより大きなゴースト窯 (ghost kiln) に火をつけ、 再び封印をした 匣鉢 (saggar) に置かれ、各々はスティント (stint)、サドル (saddle)、 及びシンブル (thimble) のような 窯支持具 (kiln furniture) で分割した。

エナメル窯 (enamel kiln、あるいは マッフル窯 (muffle kiln)) は 異なる作り方をしている -- これは 700C になる。 ポットは 7 層か 8 層の粘土のバット (bat、棚) に積み上げられ、 扉は鉄製でレンガの裏打ちがあった。

窯が冷えると、製品はカゴで輸送され、 運河網とマージー川の (複数の) 港を使用して、 イングランドと帝国の異なる場所に搬送された。

建物

博物館はロズリン製陶所 (Roslyn pottery) を中心にしている。 これは、2 基の素焼き窯 (biscuit kiln) と 2 基のより大きなゴースト窯 (ghost oven) から構成されている。 これに付け加えて、2 基のエナメル窯 (enamel kiln) がある。 リンカンシャー (Lincolnshire)、 ゲインズバラ (Gainsborough) の「マーシャル&サンズ社」 (Marshall & Sons) による直列複合蒸気エンジン (tandem compound steam engine) が設置されているが、(これは使用されずに) 電動モーターで回転されている。 2 基のマッフル窯 (muffle kiln) は別の場所から来た。

展示

博物館は訪問客がボトル窯 (bottle kiln) と展示を見て周れるようにしている。 主要な補助室には: エンジン棟、スリップ室 (slip room)、および 匣鉢 (saggar) を作る仕事場がある。 これは粘土の仕事の側面を見せ、これには型入れ (throwing)、鋳型入れ (moulding) 及び飾り (decorating) をする手の表示が含まれている。 色とメッキが解説パネルとして展示されている。

タイルの歴史を説明するギャラリーもある:  プレスして、釉薬をかけて、装飾する方法を説明している。 一つの劇的な場面 (tableau) では、フレデリック・アルフレッド・ リード (Frederick Alfred Rhead) による「グラッドストーン花瓶」 (Gladstone Vase) が展示されている。

衛生用品、便所、土の便所、水洗便所の歴史を図にしたギャラリーもある。

メディアの関心 (Media Interest)

グラッドストーンには有名人の関心と分かち合うことがあり、 トニー・ロビンソン (Tony Robinson) が BBC のドキュメンタリーの「英国の最悪の職業」 (The Worst Jobs in Britain) のために撮影したことがあり、 アラン・ティッチマーシュ (Alan Titchmarsh) が撮影したこともある。 ここにはブルー・ピーター (Blue Peter) のクルー (crue) と数多くの子供向けテレビ番組からの定期的な訪問もある。 1986 年には、 ドクター・フー (Doctor Who) の 「時の支配者の裁判」 (The Trial of a Time Lord) のシリーズの 13 回と 14 回は、博物館で撮影された。 1990 年始めには、「ノエルのハウス・パーティ」 (Noel's House Party) ではボトル窯 (bottle kiln) の外側で「べとべと塗りのライブ」 (live 'gunging') を呼び物にした。

グラッドストーン製陶所博物館は「リビング TV」 (Living TV) の人気の高い 「もっとも取りつかれた」 (Most Haunted) で呼び物にされた。

この博物館は 「BBC ワン」 (BBC One) のプログラムである「過去 24 時間」 ("24 Hours in the Past") の ビクトリア朝時代の 6 名の著名人を呼び物にした 3 回目のエピソードで、呼び物にされた。 このエピソードは 2015 年 5 月 12 日に放映された。

祝賀とイベント (Celebrations and Events)

博物館は年中行事を催し、ハローインの幽霊歩きと幽霊巡り (Halloween ghost walks and tours) から、クリスマス・キャロル・コンサート、 季節の祭りにまで至っている。 博物館はまた、イースターの卵探し (Egg Easter Hunts) と夏の製陶所ワークショップ (Summer Pottery Workshop) もまかなっている。

参考 (reference)

注釈

グラッドストーン花瓶 (Graldstone Vase) は「パテ・シュール・パテ」 (Pâte-sur-pâte、生地重ね) で装飾されている。 これは 1888 年 8 月にバーズレム (Burslem、地名) の自由党 (Liberals) により W.E.グラッドストーンに贈呈された。 当時の情報源はこれを次のように述べている。

中心には自由の女神 (Liberty) の象徴的な像が高座 (dais) に座り、 1 つの手には 「正義の天秤」 (scales of justice) を持ち、他の手には壊れた鎖を持っている。 右手には ホメーロス (Homer) がいて、 左手には ダンテ (Dante) がおり、詩の贈り物 (tribute) を与えている。 中央の像の横の左手には、 ウェスタ (vestal) の像が、嘆願する態度をとり、 歴史家が自由の名のもとになされた行動を記録している。 花瓶の後ろの中央には、 聖ゲオルギオス (St. George) の彫像があり、 片方の側では ウィリアム・ウォーレス (William Wallace) によって、 もう一方の側では ブライアン・ボル (Brian Boru) によって支えられている。 アイルランドの肖像が頭を垂れ、ポーランドの肖像が悲しみに沈んだ様子で、ほつれた髪をしている。 元気な子供達と 1 人の乙女が花の手向けを捧げている。 肖像は黒みがかった、あるいはボトル・グリーン (bottle green) の背景の上に白で描かれ、 花瓶の一般的大地は薄紫色の色彩 (heliotrope tint) があり、静かな飾りが付けられている。

これはグラッドストーン家から貸し出されている。