ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Great Dorset Steam Fair - Wikipedia

場所: Google map

グレート・ドーセット蒸気祭り
(Great Dorset Steam Fair)

グレート・ドーセット蒸気祭り (GSDF と略記し、2010 年以来 「国のヘリテッジ・ショー」 (National Heritage Show) とも呼ばれる) は年に 1 度のショーで、蒸気動力の車両と機械を呼び物にしている。 蒸気祭りは今や 600 エイカー (2.4 km2) にわたり、5 日間開催される。 これは英国の銀行休日の後の水曜日からであったが、 2016 年以来、銀行休日の前の水曜日から銀行休日自身までになった。 世評によれば、これは世界中で見られる蒸気ビンテージ装置で最大の収集である。 祭りはドーセット蒸気・歴史・車両クラブにより設立され、 1969 年以来、毎年夏にイングランド、 ドーセット州で開催され続けた。 このショーはマイケル・オリバーの子息であるマーティン・オリバーにより、 グレート・ドーセット蒸気祭り会社 (Great Dorset Steam Fair Ltd.) を通じて開催されている。


重量牽引区域の典型的な光景、
3 台の道路機関車が小さなディーゼルの
「入れ換え機関車」を運ぶトレーラーを
舞台で合同で牽引する。
  1. 歴史
  2. 展示品
  3. ディレクターの感謝の祈りの礼拝
  4. ドーセット・サウンド・フェスティバル
  5. 世界記録
  6. 創始メンバー
歴史

1969 年に設立され、最初の 15 年間は蒸気祭り (当時は 「蒸気エンジンの偉大な仕事」 (Great Working of Steam Engines) と呼ばれた) はストアペーヌ・ブッシュイズ (Stourpaine Bushes) で開催され、 1985 年に一時的に近くのエバリー・ヒル (Everly Hill) に移動した、 というのはブッシュイズ農場が天候により蒸気祭りに言使用される畑の収穫が遅れたからであった。 エバリー・ヒル -- ここは群衆のアクセスがしにくい場所 -- で 3 年開催してから、 1988 年に ブランドフォード・フォーラム (Blandford Forum) の北のタラント・ヒントン (Tarrant Hinton) の現在の恒久的な場所に 移動した。 ここではアクセスは随分向上した。 祭りは今や 200,000 名の観光客を引き寄せている。

展示品

最も多い展示品はトラクション・エンジン、トラクター、そして農場機械であるが、 クラッシックカー、商用車両、可動な シャイヤー、田舎の工芸品、過ぎし日の展示があり、更に他にもある。 ショーに含まれるものには: マーケット、オートジャンブル (車の中古部品)、生演奏、 移動遊園地 (funfair, あるものは蒸気エンジンで駆動される。) 移動遊園地の乗り物にはギャロッパー (galloper)、蒸気ボート (steam boat) のような伝統的なものがあるが、千年紀の時にマンチェスターにあった "世界博ホイール" のような現代的なものがある。 これは英国で最大の移動遊園地の場所である。

訳注
観覧車は英語では正式には Ferris Wheel (フェリス・ホイール、フェリス= 人名) というが、この言い方は一般的ではなく、 一般的には単に Wheeel (ホイール、車輪) である。あとで登場するパノラマ写真を拡大すると観覧車が見える。

2004 年蒸気祭り

ショーは定期的に 200,000名 の観光客を引き寄せ、 この祭りにより、この場所には一度に 30,000名 の人がいて、ドーセット州で 5 番目に人が集まる場所となり、 ボーンマス (Bournemouth)、プール (Poole)、ウェーマス (Weymouth)、クライストチャーチ (Christchurch) に次いで 5 番目となり、歴史的な町であるドーチェスター (Dorchester) の人口はこの半分しかない。

ショーの得意とする所は、 トラクション・エンジンとスチーム・ローラーが、 これがデザインされた仕事をする所を実演することである。 このような実演には、重い牽引、脱穀、鋸による丸太の裁断、 プラウイング (ploughing、蒸気によるスキ耕作)、道路の建設がある。 ショーの中心場所を意図して丘の斜面に置き、 蒸気エンジンと内燃エンジンが重い荷重を牽引する能力を実演することを可能にしている。 主要展示の 1 つは年代物の移動遊園地セクションの 「ショーマン (興行師)のラインアップ」 で、これはショーマン (興行師) のエンジンのコレクションで世界最大であると思われている。


ショーマン (興行師) のエンジンのラインアップ
の夜間の光景、祭りの場所 (2007 年)

2003 年以来、ショーは自身のラジオ局 -- 蒸気祭り FM -- と契約を結び、毎日 24 時間放送し、ショーの始まる前の土曜日から、 ショーの終わる次の月曜日まで -- 全部で 10 日 -- 放送する。 放送局はインターネット用にもストリーミング配信され、 ショーのニュース、観点、天気予報、そしてこれ以外の意味がある情報を、 多くの熱心な聴衆に対して 「ビンテージ・ヒルズ」 (Vitage Hills) の型式で放送している。 イベントの最中には放送局は近辺の道路で宣伝し、 ショーの開催地である A354 ブランドフォード・ソールズベリー道路を使用するドライバーに交通情報を提供している。 スポンサーの問題から、2015 年には方法されないことが 2 月 16 日に表明されたが、公衆の意見を聞いた結果、 決定が覆された。

40 周年記念の 2008 年には主催者は一番最初の祭りを再現し、1969 年に実演された展示の後をすべて追った。

ディレクターの感謝の祈りの礼拝

祭りの最後は日曜日の正午にディレクターの感謝の祈りの礼拝 (Directors' Thanksgiving Service) で締めくくられ、これはディーンの映画館 (Dean's Bioscope) の舞台で実施され、 長年の間、 平信徒の牧師 (Lay Chaplain) のクリス・エドモンズ (Chris Edmonds) によって組織され、 2007 年の彼の死に至るまで続いた。 マイケル・フォスター博士尊師 (Rev'd Dr Michael Foster) -- クリスの友人でクラント・ヒントン (Tarrant Hinton) の地元の教区牧師 (Rector) -- がクリスの未亡人のサリーと共に感謝の祈りの礼拝を組織することを続けた。 マイケル博士は 4 年間ほど補助教師として勤めた後で、2011 年 9 月 に感謝の祈りの礼拝で、 任命された牧師となった。 祭りの創始者であるマイケル・オリバーの葬式を 2009 年に実施したのはマイケル博士であった。 ディレクターの感謝の祈りの礼拝はショーの始めの開始日の水曜日に今や組織され、 これは過去数年間に実施されている。


2011 年のグレート・ドーセット蒸気祭りのパノラマ写真
ブラッドフォード・キャンプに隣接するラリー開催場所
南西の端にある高台から見た光景。
ドーセット・サウンド・フェスティバル

2008 年にドーセット・サウンド・フェスティバルが開始し、 これは音楽イベントで、祭りと共に多くの音楽ファンを楽しませるようにデザインされている。 フェスティバルには 5 つのステージがある: メイン・ステージ、 リアル・エイル・ステージ (Real Ale Stage)、 フォーク・ステージ (Folk Stage)、 カントリー & ウェスタン・大テント (Country & Western Marquee)、 そしてブラック・ブル・大テント (Black Bull Marquee) がある。 呼び物にされるバンドは トリビュート・アクト (tribute act) で、 ブートレグ・ビートルズ (bootleg beatles, ビートルズの偽物) が含まれる。

2009 年にメイン・ステージが大テントの中から野外コンサートに変更された。 これにより、祭りの参加者には無料の大テントとは違い、コンサートのチケットが必要となった。 2009 年には蒸気サウンドと呼ばれる新しいイベントが開始し、地元中の 無契約アーチスト (unsigned artist) を 野外ステージで紹介された。 メイン・ステージは今では無料で、2014 年現在は入場チケットが必要ではない。

世界記録

2013 年 8 月 31 日に GSDF はスチーム・ローラー最大のパレードの新しい世界記録を作った。 この時 103 台のスチーム・ローラーが写真撮影のためにメイン・アリーナに進入した。 以前の記録は 2003 年に GSDF が打ち立てたもので、32 台のスチーム・ローラーから成るものであった。 記録は会場に新しく作られた長さ 80 m (260 フィート) の道路区間で実施され、車両は動いている必要があった。 ギネスの世界記録のからの引用は次のようになっている:

スチーム・ローラーの最大のパレードは 103 台の時代物の蒸気ローラーから構成され、 グレート・ドーセット蒸気祭り (UK) により、英国ドーセット州タラント・ヒントンで、 2013 年 8 月 31 日に達成された。

祭りの通常区間には道路を作る実演があり、ここで当時の服装をした労働者が時代物の装置を使用して タールマカダムの発明以前に道路が、潰した石を使用して、建設された方法を実演する。 道路の余剰区間が 2013 年のショーの最中に次の記録を破る目的のために建設された: 「新しく設置された道路の上をならす蒸気ローラーの最大数」。 103 台の蒸気ローラーと多くのディーゼル・ローラーがすべて新しい道路の区間をならして、メイン・アリーナに進んだ。 「ロード・ジェリコ」 (Lor Jellocoe) -- 祭りの創始者マイケル・オリバーによってかって所有されたファウラー社の製品 (Fowler) -- は行列の 33 番目のローラーで、記録をやぶる最初のローラーであった。 パレードに参加したものにベッツィー (Betsy) があり、これは アベリング & ポーター社 (Aveling & Porter) のローラーで、 煙突修理工のフレッド・ディブナー (Fred Dibnah) により復元された。

2001 年のイベントでは、ハッズピス (Hudspith) の自作の蒸気バイクの公的なデビューがあった。

創始メンバー

マイケル・オリバーはグレート・ドーセット蒸気祭りの唯一の創始者でないことを述べるべきである。 彼はグループの 1 人で、グループも彼と同様に認めるべきである。

リストは次のようになっている:

会長;G. J. ローマンズ氏 (Mr. G. J. Romanes)、M.A, M.R.C.S, D.O.M.S,
副会長;E. C. ハインズ氏 (Mr. E. C. Hines)
委員長;J. E. B. ポウコク (Mr. J. E. B. Pocock)
副委員長;M. F. オリバー氏 (Mr. M. F. Oliver)
会計; N. J. フィンチャム (Mr. N. J. Fincham)
広報担当者 (Public relations officer);A. インバー氏 (Mr. A. Imber)
協同秘書;J. クルエ夫妻 (Mr & Mrs J. Cluetg)

イベントのための部分委員会
T. M. アボット (T. M. Abbot)、A. S. ブラディック (A. S. Braddick)、 A. W. フィールド (A. W. Field)、G. A. フィンチャム (G. A. Fincham)、N. J. フィンチャム (N. J. Fincham)、 F. フランクリン (F. Franklin)、S. J. ギャレット (S. J. Garrett)、H. グレー (H. Gray)、A. インバー (A. Imber)、 G. J. ローマンズ (G. J. Romanes).
秘書;M. F. オリバー (M. F. Oliver)

銘記すべきことは、このリストは 1969 年 9 月の日付がある最も最初のショーの 土産物プログラムとガイドからのものである。