ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Humber - Wikipedia

本文中で Market Weighton (/ˌmɑːrkɪt ˈwiːtən/ WEE-tən、マーケット・ウィートン) の発音に注意します。

ハンバー河口 (Humber)

ハンバー (Humber /ˈhʌmbər/) はノーザン・イングランドの東海岸の大きな潮汐のある河口 (tidal estuary) である。 これは潮汐のある 2 つの川、ウーズ川とトレント川が合流するファックスフリート (Faxfleet) のトレント・フォールズ (Trent Falls) で形成されている。 この場所から北海に至るまで、 川は北岸のイースト・ライディング・オブ・ヨークシャーと 南岸のリンカーンシャーの間の境界の一部を形成している。 ハンバーはそれがある場所から河口であるが、多くの地図ではハンバー川と記述している。

ハンバー橋 (吊り橋)、
南東から見る。
位置

トレント・フォールズの下流で、 ハンバー河口は北岸のマーケット・ウィートン運河 (Market Weighton Canal) のジャンクション を通過し、 南岸のアンクホルム川 (River Ancholme) の合流点を通過する; ノース・フェリビー (North Ferriby) とサウス・フェリビー (South Ferriby) の間と、 ハンバー橋の下を通過する; 南岸のバートン・アポン・ハンバー (Burton-upon-Humber) と 北岸のキングストン・アポン・ハル (Kingston upon Hull) (ここでハル川 (River Hull) が合流) の間を通過し、 次にリンカーンシャー側のクリーソープス (Cleethorpse) と 北岸の長くて狭いスパーン岬 (Spurn Head) の間で北海に合流する。

ハル川潮汐バリア、
ハル川がハンバー川と合流
する場所にある。
ハンバー河口とスパーン岬
ノース・リンカーンシャー
の上空から北東を見る。

ハンバー河口の港には ハル港 (Port of Hull)、 グリムズビー港 (Port of Grimsby)、 イミンガム港 (Port of Immingham) が含まれ、 ニュー・ホーランド (New Holland) のより小さな港と、 ノース・キリングホルム港 (North Killingholme Haven) が 含まれるのは言うまでもない。河口は最も大きな深海船 (deep-sea vessel) も航行可能である。 小さな船舶との内陸接続は広範囲にあるが、 テムズ川で処理されている物流の 1/4 しか処理していない。

  1. 歴史
  2. 語源
歴史

ハンバーは今では河口である。 世界の海面が氷河時代に、より低かった時に、 ハンバーは当時は乾燥した北海を通り抜ける長い真水の川であった。

アングロ・サクソン時代には、ハンバー河口は ノーサンブリア (Northumbria) と 南の (複数の) 王国を分離する主な境界であった、もっとも絶頂期にはノーサンブリア はハンバー河口の南部を実際に支配していた。 リンジー王国 (Kingdom of Lindsey) は今日のノーザン・リンカーンシャー であるが、 マーシア (Mercia) に失われるまではノーサンブリアの一部であった。 ノーサンブリア (Northumbria) の名称はアングロ・サクソン語の Norðhymbre (複数形) = 「ハンバーの北の人々」に由来している。 ハンバーは現在は 北の イースト・ライディング・オブ・ヨークシャーと 南のノース・リンカーンシャーとノース・イースト・リンカーンシャーの間の境界になっている。

1974 年から 1996 年にかけて、現在はイースト・ライディング・オブ・ヨークシャー、 ノース・リンカーンシャー、及びノース・イースト・リンカーンシャーと呼ばれる地域が ハンバーサイド・カウンティ (county of Humberside) を構成していた。

1921 年 8 月 21 日に、英国の飛行船 R38 がハル近くの河口に墜落し、搭乗中の 49 名の乗員のうち 44 名が死亡した。

横断

河口の唯一の現代的横断はハンバー橋 (Humber Bridge) であり、この橋は建設された 1981 年から 1998 年の間に世界最長の単一スパン吊り橋であった。現在は 8 番目である。

橋が建設される前に一連の外輪船がハル (Hull) のビクトリア桟橋 (Victoria Pier) の 「法人桟橋鉄道駅」 (Corporation Pier railway station) と ニュー・ホーランド (New Holland) の鉄道桟橋の間で操業した。 蒸気フェリーは 1841 年に開始し、1848 年にマンチェスター・シェフィ-ルド・リンカーンシャー鉄道 (Manchester, Sheffield and Lincolnshire Railway) が買収した。 彼ら、そして彼らの後継者たちは橋が 1981 年に開通するまで、フェリーを操業し続けた。 鉄道乗客と車両交通はフェリーの操業が終了するまで桟橋を使い続けた。

橋のルートは古代のフェリー (渡し船) のルートと類似し、 ヘスル (Hessle) からバートン・アポン・ハンバー (Barton upon Humber) に至り、 これは ドゥームズディ・ブックに記され、1281 年の認可状 (charter) で操業していた。 フェリーは 1856 年にもなお操業されていることが記録され、 鉄道時代に続いた。 ハンバー河口はその当時、幅 1 マイル (1.6 km) であった。

ハルの歴史的な鉄道地図
フェリー・ルートとドックの配置、
ハンバー河口
国際宇宙ステーションから見る。
防衛

複数のハンバー要塞 (Humber Forts) が第一次世界大戦のために河口に建設された。 1914 年に計画され、建設は 1915 年に開始し、1919 年まで完了しなかった。 イージントン (Easington) の沿岸砲台のグッドウィン要塞 (Fort Goodwin) や キルンシー砲台 (Kilnsea Battery) はブル・サンズ要塞 (Bull Sands Fort) に面していた。 これらは第二次世界大戦の最中に防御され、1956 年に軍役から見捨てられた。

ポール要塞 (Fort Paull) は更に上流にあり、これはナポレオン時代の砲座で、 20 世紀初頭にサンク・アイランド (Sunk Island) の対岸のスタリンバラ砲台 (Stallinborough Battery) で交代させられた。

徒歩の横断

ハルの人である Graham Boanas は古代ローマ時代以来、ハンバー河口を歩いて渡ることに成功した最初の人と思われている。 この偉業は 2005 年 8 月に達成され、 医療研究の慈善団体の DebRA のための資金集めと意識向上のために試みた。 彼はトレッキング (trek) を北岸のブラフ (Brough) で開始し; 4 時間後に南岸のウィットン (Whitton) に現れた。 彼は身長が 4 フィート 9 インチ (2.06 m) で非常に低い潮を利用した。 彼はこの偉業をテレビ番組の トップ・ギア (Top Gear, シリーズ 10 エピソード 6) で再現し、 この時 ジェームズ・メイ (James May) と競争し、 メイは アルファ・ロメオ 159 を運転して、ハンバー橋を使用せずに河口の内陸部を周った。

泳いで渡る

1911 年 8 月 26 日土曜日に、Alice Maud Boyall はハンバー河口を泳いで渡った最初の女性となり、 その時 19 才でハルに在住し、ヨークシャーの水泳チャンピオンであった。 彼女はハルからニュー・ホーランドの桟橋まで、ハンバー河口を 50 分で横断し、 男性の記録よりも 6 分遅かった。

2011 年以来、ワーナーズ・ヘルス (Warners Health) は 「ワーナーズ・ヘルス・ハンバー慈善事業水泳」 (Warners Health Humber Charity Business Swim) を組織している。 ヨークシャー地区中の企業の 12 人の泳ぎ手がハンバー橋の南の堤防から北の堤防に 至る楕円型コースを泳ぐ訓練を積んでから、泳ぎを実施している、 全距離はおよそ 1 1/2 マイル (2.4 km) である。

語源

ヨーロッパの大半の水域の名称 (hydronyms) はケルト語が語源で、 ハンバー (Humber) のケルト語あるいはケルト語以前の起源が提案されている。 ケルト語の語根 (root) *COM- *BERO- (coming together、共に来る) は現代ウェールズ語の地名の cymer を与え、 これは典型的には川の合流部に見いだされる。 Humber が cym(b)er から派生したことが証拠だてられるのは、ケルト語/ドイツ語 (Celtic/Germatic) の K から H への発音変化が確立していることと、 ハンバー (Humber) が幾つかの重要な川の合流点である地理的な事実によっている。

河口 (esturary) はあるラテン語の情報源では Abus ( エドマンド・スペンサー (Edmund Spenser) の 妖精の女王 (The Faerie Queene) で使用された名称) として登場する。 これは恐らくケルト語の Aber (ウェールズ語の河口) のラテン語化であるが、 ハンバー河口とウーズ川を 1 つの連続した水の流れとして、誤って与えられた名称である。 Abus も Aber もより古いインド・ヨーロッパ語の水あるいは川を ( パンジャブ (Punjab) の '5 つの川' ように) 記録しているのかもしれない。 代替の起源はラテン語の 黒い あるいは 黒い川 を意味する Abdo に由来するかもしれない。 連続する名称 Humbre/Humbri/Umbri はラテン語の動詞の umbro -- 影で覆う意味を持つ -- を経由して意味を継続したかもしれない。

中世までに川は Humber (アングロ・サクソン)、 Hwmyr (ウェールズ語)、 及び Humbri (通俗ラテン)、 Umbri (古典ラテン) として記録されている。 名称は ヘレフォードシャー (Herefordshire) あるいは ウスターシャー (Worcestershire) のハンバー宮廷 (Humber Court) の近くのハンバー川 (Humber Brook) に 再登場しているように思われ、 提唱されていることは、 川もしくは類似なものを意味する語根 (root word) の humbr- が仮説的な前ケルト語 (Pre-Celtic language) で存在したかもしれない事である。 前ケルト語はケルト人が移住してくる前に話されていた言語である (Tardebigge も比較せよ)。 要素 *ambri ('水路、川') も原始ケルト語 (Proto-Celtic) で再構成でき、 古代ケルト語の接頭辞の *su (良い) は日常的にウェールズ語の要素 *hy- に発展した。

訳注
Tardebigge は村の名称で、ケルト語を考えても意味を成さないので、それ以前からある言語が想定される。

ハンバー川は ジェフリー・オブ・モンマス (Geoffrey of Monmouth) の 12 世紀の虚構の年代記 ブリタニア列王伝 (Historia Regum Britanniae) で定期的に呼び物にされている。 ジェフリーによると、ハンバー川はいつもラテン名で呼ばれるが、 ハンバーのハン (Humber the Hun) にちなんで名付けられ、 彼は英国が定住された初期に侵略をしようとして、川で溺れた。

アンドルー・マーヴェル (Andrew Marvell) の詩「はにかむ恋人へ」 (To His Coy Mistress) には 「ハンバー川の潮」 が言及されている。