ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Laxey Wheel - Wikipedia

ラクシー水車: Google map

本文中の訳注でも指摘していますが、 ラクシー水車は排水の一方で、マン・エンジンを駆動する水車です。

ラクシー水車 (Laxey Wheel)

ラクシー水車 (Laxey Wheel、レディ・イザベラ (Lady Isabella) とも呼ばれる) は マン島のラクシー村の上方の丘の中腹に建設されている。 これは世界で最大の稼働な水車である。 水車 (wheel) はロバート・ケースメント (Robert Casement) によりデザインされ、 直径が 72 フィート 6 インチ (22.1 m)、 幅 6 フィート (1.8 m)、 そして 1 分間におよそ 3 周回転する。

グレート・ラクシー水車 (Great Laxey Wheel)
  1. 歴史
  2. 技術的詳細
  3. 鉱山
  4. 音楽水車
歴史

これは 1854 年に建設され、 グレート・ラクシー鉱山産業複合施設の 1 部であるグレン・ムーア (Glen Mooar) を排水した。 副長官 (Lieutenant Governor) のチャールズ・ホープ (Charles Hope) の妻にちなんで、レディー・イザベラ (Lay Isabella) と命名された。 ホープ (Hope) はその当時、島の長官 (governor) であった。

水車は現在「グレート・ラクシー水車と鉱山トレイル (Great Laxey Wheel & Mines Trail) の一部分として、「マン島国内歴史遺産」 (Manx National Heritage) により保守されている。

水車は現在、マン島政府により発行されている £20 紙幣の裏面に描かれている。

技術的詳細

水力ホイール (水車) が使用されたのはマン島には、蒸気ポンプのための石炭がなかったからである。

周辺の水は -- 幾つかの地元の泉と川を含め -- 水車の高さの上にある水槽に集められた。 閉じたパイプが水槽を水車の頂上に接続している; 従って、水は逆向きのサイフォンとして塔に上昇している。 水はパイプから落下して、 (円周上に木の細板 (slat) で作られた) バケット に落ちて水車を回転させ、 これは「逆向き」の回転と呼ばれており、 逆ピッチ水車である。 クランク (crank) は 4 フィート (1.2 m) のスロー (throw) があり、 カウンターウェイトに接続されて、とても長い棒 (rod) に接続されている。 この棒 (rod) は棒の高架 (rod viaduct) を走り、ポンプ・シャフト (pumping shaft、ポンプ軸) に至り、 ここで 8 フィート (2.4 m) のストローク (stroke) が T-ロケット (T-rocket) により、ポンプ動作に変換される。

水車前面の トリスケリオン (triskelion) は
裏向きである。これは事故で起き、画像を
壁に移す時に、裏返しにするのを忘れ、従って
これは実際はマン島のシンボルの鏡像である。
T-ロケットは水車の軸の上にあるクランクの
水平の動きを垂直の動きに変換
して、鉱山のポンプを稼働させる。
訳注
ラクシー水車の仕組みがピンとこないが How would you describe the working mechanism of the Laxey Wheel? に説明がある。それによると、 マン・エンジンとほゞ同じで、 マン・エンジンには水平の棒が 2 本あるが、それが 1 本のみの状態で使用。 このため、カウンターウェイトが必要になったとのことである。 マン・エンジンと同様に坑夫が坑道の出入りに使用したようで、 同時に排水ポンプが駆動された。

水車 (wheel) とロッド (rod) の大半は木で作られている; しかしながら、キーになる機械部品は金属で、張力 (tension) と支える表面 (bearing surface) が提供される。 ロッドはホイールに間隔を置いて付随され、ストロークの動きが摩擦を最小にするようにしている。

大きさ
鉱山

鉱山はピーク時には 600 名以上の坑夫」を採用し、 鉛、銅、銀、そして亜鉛を産出し、1929 年に閉鎖した。 1965 年にマン島政府 (Manx Government) は水車と建設場所を買収した。 水車は復元された; 1989 年に、 マン島国内歴史遺産 (Manx National Heritage) のコントロール下に置かれた。

音楽水車 (Musical wheel)

水車には、これに捧げられた 2 編の音楽があり; スチュアート・スラック (Stuart Slack) とヘレン・バーリー (Helen Barley) により執筆され、どちらも「ラクシー水車」 (The Laxey Wheel) の タイトルであった。