ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Lions Gate Bridge - Wikipedia

ライオンズ・ゲート橋: Google map

ライオンズ・ゲート橋 (Lions Gate Bridge)

ライオンズ・ゲート橋は 1938 年に開通し、公的にはファースト・ナロウズ橋と呼ばれ、 バラード入り江 (Burrard Inlet) のファースト・ナロウズ (first narrows, 最初の狭窄部) を横断する吊り橋で、 ブリティッシュコロンビア州バンクーバー市を ノースバンクーバー地区 (District of North Vancouver) の ノースショア自治体であるノースバンクーバー市 (the city of North Vancouver) とウェストバンクーバーに接続している。 ライオンズ・ゲートの用語はバンクーバーの北の一対の山頂である ザ・ライオンズ (The Lions) のことを指している。 彫刻家のチャールズ・マレガ (Charles Marega) によってデザインされた一対の鋳鉄製のライオンが 1939 年 1 月に橋の南側の進入路の両側に設置された。

ライオンズ・ゲート橋
南端のスタンレー・パークから見る
バンクーバーにおける
ライオンズ・ゲート橋の位置

北の高架橋も含めた全長は 1,823 m (5,981 フィート) である。 進入路も含めた長さは 1,517.3 m (4,978 フィート) で、 主スパンのみの長さは 473 m (1,552 フィート) で、 塔の高さは 111 m (364 フィート)、 船舶の余地は 61 m (200 フィート) である。 スタンレー・パーク (Stanley Park) のプロスペクト・ポイント (Prospect Point, 展望岬) は橋の良好な高い南端を与えるが、北の低い平坦なデルタでは、 広範なノース高架橋 (North Viaduct) の建設が必要であった。

橋には 3 本の リバーシブル・レーンがあり、 この使用は信号で指示される。 中央レーンが方向を変えて交通を収容する。 橋の交通量は 1 日当たり 60,000 台 -- 70,000 台である。 13 トンを越えるトラックは禁止され、スタッドタイヤ (studded tire) を使用する車両も同様である。 橋はハイウェイ 99 とハイウェイ 1A の 1 部分を成している。

2005 年 3 月 24 日に、 ライオンズ・デート橋はカナダの 「国の歴史遺跡」 (National Historic Site) に指定された。

  1. 歴史
  2. ランドマーク
  3. ギャラリー
歴史

1890 年頃から、 橋の建設家はファースト・ナロウズを横断する橋の可能性が出始めていることに気が付いた。 橋の建設に反対する何人かの人がいた。 というのは多くの人が感じたことは: 橋はスタンレー・パーク (Stanley Park) を台無しにするか、 多忙な港に問題を引き起こすか、 あるいはセカンド・ナロウズ橋 (Second Narrows Bridge) から 通行料を奪い取るかもしれないことであった。 しかしながら、他の多くの人が見たことは: ノース・ショアの開発を開放するには橋が必要であり、 色々な問題は克服できるであろうと感じられた。 この決定は 1927 年にバンクーバーの選挙民に託されたが、 最初の直接投票は敗北となり、アイデアはしばらくの間、休眠状態となった。

アルフレッド・ジェームズ・トール・テーラー (Alfred James Towle Taylor) はこの提案の一部分で、 橋を建設する州の認可を所有していたが、ノース・バンクーバーとウェスト・バンクーバー に必要な大きな土地を購入する資金がなかった。 しかし、彼は (アイルランドの スタウト (stout) で有名な) ギネス家 (Guiness Family) を確信させて、 バラード入り江の北岸の土地に投資させた。 彼等は英国太平洋土地会社 (British Pacific Properties Ltd.) と呼ばれるシンジケートを通じて、ウェスト・バンクーバーの山裾の 4700 エーカー (1,902 ヘクタール) を購入した。 1933 年 12 月 13 日に第 2 回目の直接投票が実施され、 今度は 2:1 のマージンで通過した。 更に、随分と連邦政府と交渉してから、承認が終に譲渡され、大恐慌の最中に雇用を提供するために、 バンクーバーの資材と労働者をできる限り使用する条件が付いていた。 建設を認可した 1933 年の内規による 「アジア人を請負や他の仕事で採用してはならない」 ことを命令する 条鋼を含んでいた。

橋はモントリオールの会社モンサラット&プラットリー (Monsarrat and Pratley) がデザインし、 この会社は後にノバスコシア州ハリファックス (Halifax) の アンガス L. マクドナルド (Agnus L. Macdonald) で、同じデザインを使用して責任を負った。 建設に関連した他の会社には: Swan Wooster Engineering, Parsons Brinckerhoff Quade & Douglas, Rowan Williams Davies & Irwin Inc., Canron Western Constructors, Dominion Bridge Company, アメリカン・ブリッジ社 (American Bridge Company) があった。

建設中の
ライオンズ・ゲート橋
空から見た
ライオンズ・ゲート橋

建設は 1937 年 3 月 31 日に開始した。 1 年半と $5,873,837.17 (カナダドル) の経費の後で、1938 年 11 月 14 日に開通した。 1939 年 5 月 29 日、 ジョージ 6 世 エリザベス女王はカナダへの王室の訪問の最中に公的開通式の主宰をした。 25 セントの通行料が各車に課せられた。 1955 年 1 月 20 日にギネス家は橋を州に $5,959,060 で売却し、 1963 年 4 月 1 日に通行料が撤廃された。 新たに建設された橋が現在の橋の配置と違っていた点は元々は 2 車線しかなかった点である。 しかし、予見されたことではあるが、 ウェスト・バンクーバーの人口は新しい接続の結果、急激に増加した。 そのため、増大した人口を収容するために、 車線は 3 つに分割され、中央車線は追い越し車線になった。 まもなく頭上の車線制御信号が設置され、 中央車線の進行方向を指示することが可能となり、 緊急車両の進入を容易にするためには中央車線を閉鎖した。

元々の配置と違う別の点は橋を建設した経費を取り戻すために、ギネス家は料金所を設置したことである。 通行料は 1963 年 4 月 1 日まで橋で課せられた。 通行料が撤廃されると変化がそのすぐ後に起き、 頭上車線制御が追加された。 ギネス家の橋との最後の関連は 1986 年に起き、 この時ギネス家は 万博 86 (Expo. 86) の贈り物として橋に照明を追加した。

1975 年に劣化した北の高架橋が、より軽く、広く、そして強固な鋼の路面で、 車線が広いものに交換された。 交換は橋の一連の短い区間を使用して区間ごとに実施され、 その時ごとに、1 つの古い区間が橋から降ろされ、交換区間が定位置に設置された。

1986 年に、ギネス家はバンクーバー市への贈り物として、装飾的照明を購入し、 これにより橋が特色ある夜間のランドマークになった。 2009 年 7 月に、橋の照明システムは新しい LED 照明に更新され、 既存の 100 ワットの水銀灯のシステムの代わりになった。 LED への転換により橋のエネルギー消費量が 90% 削減され、 エネルギーと保守経費で州は年間およそ $30,000 を節約できた。 プロジェクトのおよその経費は $150,000 で、 省 (the ministry, 運輸省 ?) と B.C. ハイドロ (B.C.Hydro、ブリティッシュ・コロンビア州の電力会社) がまかなった。 「通常の電球の平均交換時間はおよそ 72 時間であった」と省のジェフ・ナイト (Jeff Knight) が語った。 新しい LED 照明では 12 年持つようにデザインされ、作業員が交換のために呼ばれるまでには 10 年がかかることであろう。

1990 年代までには、 橋を随分と上級化するか、あるいは交換する時期になっていた。 色々な提案が考えられ、これに含まれていた提案には: 既存の橋のそばに新しい橋を建設すること、 バンクーバー市のダウンタウンから北岸にトンネルを掘ること、 あるいは既存の橋を 2 階建てにすることがあった。 しかしながら、 提案のどれもが克服できなかったものは: ダウンタウン中心部の交通増加に対するバンクーバー市の反対、 及びプロジェクトに多くの資金を使うことに州が消極的であることであった。 最後には、車線を追加せずに既存の橋を更新することが決定された。

自動車交通には 2.84 m (9 フィート 4 インチ) の車線は狭すぎ、側道は歩行者と自転車には不適切であった。 その結果、橋の主路面は 2000 年と 2001 年に交換された -- 吊橋の路面が交換されてから初めてのことであった。 前の場合と同様に、 今度も夜間と週末の一連の閉鎖によって、一度に 1 区間を交換することによって簡単にした。 古い区間はハシケに降ろされて、 新しい区間が定位置に持ち上げられて接続された。 この変化により、2 本の歩行者用の通路は構造の外に移され、車線はその結果、 各々 3 から 3.6 m (10 から 12 フィート) に広がった; 又、主な構造要素が路面の下に移動し、ずっと広い外見を持つことになった。 全ての吊り下げ構造は、従って、日中の交通をほとんど、あるいは全く邪魔せずに交換された。

ランドマーク
ギャラリー
2013 年、日没時の
ライオンズ・ゲート橋
ライオンズ・ゲート橋、
バンクーバー・ダウンタウンから
ライオンズ・ゲート橋
とノース・バンクーバー、
スタンレー・パークの
プロスペクト・ポイントから
ライオンズ・ゲート橋路面交換手順、
2001 年 4 月 22 日に進行中
ライオンズ・ゲート橋が潮のよどみ
で反射、ファースト・ナロウズ、
2002 年日没
ライオンズ・ゲート橋を
バンクーバー市と港との関連で
サイプレス・ビューポイント
から見る。2012 年 12 月
ライオンズ・ゲート橋
スタンレー・パークから、2013 年