ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Manitoba Agricultural Museum - Wikipedia

マニトバ農業博物館: Google map

マニトバ農業博物館
(Manitoba Agricultural Museum)

マニトバ農業博物館 は 1900 年とそれ以前の年代物の農業機械と建物の収集に専念してきた。 博物館はマニトバ州オースティン (Austin) の近くの 50 エイカー (200,000 m2) の場所にあり、ノース・ノーフォークの非都市部行政区 (Rural Municipality of North Norfolk) にあった、今日に至るまで、500 件以上の機械と 1 つの開拓村を収集し、 後者には遺物が完備した 20 以上の建物がある。 これはカナダの年代物の装置の最大の収集である。 施設にはキャンピング用とピクニック用の場所と土産物店が含まれる。

1 年を通じ、博物館は色々な見学、学校や手で触れる経験を提供し、 年に 1 度の 「マニトバ脱穀機屋の再会とスタンピード」 などの博覧会で頂点を迎える。 「マニトバ脱穀機屋の再会とスタンピード」 は 7 月末近くに開催される。

訳注
スタンピード (stampede) にはロデオの意味がある。
  1. 呼び物
  2. ギャラリー
呼び物

「脱穀機屋の再会」 では骨董品の蒸気・ガス・トラクターの大きな収集が提供され、 更には初期の農場で使用された他の装置も提供される。 再会の夕方ごとに、 パレードで 12 台ほどの蒸気エンジンと 12 台ほどの"ガス" トラクターと、機械が見世物にされる。 このあと、パレードは祭りの広場に進入し、初期の蒸気動力鋸が丸太を板にするのを眺め、 この板が開拓時代の基礎となるものであった。 夕御飯時になると 「コーン & バーリー・コラル」 (Corn and Barley Corral) が登場し、 蒸気トラクターの湯気をあげるトウモロコシに気が付く。 毎晩、ロデオがあり、自由なダンスが続く。

マニトバ・アマチュア・ラジオ博物館 もこの場所にある。 この博物館は骨董品の通信装置を収集・復元・操業することに専念し、 今や 3700 以上の装置を展示している。放送局のコールサインは VE4ARM と VE4MTR である。

ギャラリー
脱穀機屋の再会
2009 年
脱穀機屋の再会
2009 年
脱穀機屋の再会
2009 年
脱穀機屋の再会
2009 年