ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Monroe Street Bridge (Spokane River) - Wikipedia

モンロー・ストリート橋: Google map

モンロー・ストリート橋 (スポーカン川)
(Monroe Street Bridge (Spokane River))

モンロー・ストリート橋はデッキ・アーチ橋でワシントン州スポーカンのスポーカン川に架かっている。 橋は 1911 年にスポーカン市によって建設され、ジョン・チェスター・ラルストン (John Chester Ralston) によってデザインされ、 装飾は Kirtland Kelsey Cutter と Karl Malmgren の会社により提供された。 完成時には橋は米国で最大のコンクリート製のアーチ橋で、世界では 3 番目に大きかった。

モンロー・ストリート橋 ワシントン州における位置
  1. 歴史
歴史

現在の橋は実際はこの場所の 3 番目の橋である。 最初の橋はむしろがたがたの木製で、1889 年に建設された。 この橋は通行権と所有権の議論からまもなく閉鎖された。 橋は 1890 年の火災で焼き落ち、鋼製の橋で交換された。

第二の橋はひどく振動し、中央で気が付くほど沈下した。 「道路改良促進運動」 (Good Roads Movement) から派遣された助言技術者は 1905 年に橋が安全でないと考えた。

第三の橋のデザインは、大体はオハイオ州クリーブランド (Cleveland) のロッキー川橋 (Rocky River Bridge) のコピーであった。 しかし 1 フィート長くして、当時の米国で最長のアーチ橋にした。 橋には装飾的な造作がデザインされ、 例えば野牛の頭蓋骨、屋根付きの休憩所 (pavilion) 、鎖の手すりの飾りがあった。 野牛の頭蓋骨はパトリック C. シャイン (Patrick C. Shine) のインスピレーションで、 彼は 1900 年代初頭に、 カナダ、アルバータ州ドラムヘラー (Drumheller) でこれを見つけた。 橋は 1911 年に開通した。

三番目の橋が建設中
20 世紀の現代化

橋は 1925 年と 1935 年に変化を経験し、スポーカンの現代化を甘受した。 休憩所のランプは電灯に転換され、電車のレールは 1934 年に取り除かれた。 橋は 1975 年に 「国の歴史登録財」 (National Register of Historic Places) に登録された。

21 世紀の修復

1990 年代までに、橋は再建が必要なほど劣化した。 2003 年 1 月に、橋は修復のために閉鎖され、中央アーチに至るまで取り壊され、 元の外見に忠実に再建された。 橋は 2005 年に再開通し、新しい手すりとコンクリートが歩道と車道を分離していた。

2003 年に再建中のモンロー橋