ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

National Slate Museum - Wikipedia

国立スレート博物館: Google map

地名のカナ表記は原則的にグーグル地図を参考にしています。

国立スレート博物館 (National Slate Museum)

国立スレート博物館 (以前はウェールズ・スレート博物館 (Welsh Slate Museum) と ノース・ウェールズ石切り博物館 (North Wales Quarrying Museum) と呼ばれた) は現在は使用されていないディノルイグ・スレート石切り場 (Dinorwic slate quarry) の 19 世紀の仕事場である Gilfach Ddu にあり、 グウィネズ州 (Gwynedd)ランベリス (Llanberis)のパダーン・カントリーパーク (Padam Country Park) の中にある。

訳注
Dinorwic は Dinorwig とも綴ります (Dinorwigを参照)。 Dinorwig の発音は /dɪˈnɔːrwɪɡ/; Welsh: [dɪˈnɔrwɪɡ] です ( Dinorwig Power Stationを参照)。

博物館は産業遺産のヨーロッパ・ルート (European Route of Industrial Heritage) のアンカー・ポイントで、 Amgueddfa Cymru -- ウェールズ国立博物館 (National Museum Wales) の一部分である。

国立スレート博物館
博物館の入り口
グウイネズにおける位置
  1. 歴史
  2. 機関車
歴史

石切り場とその機関車に貢献した作業場は 1870 年に建設され、 隣接するビビアン石切り場 (Vivian Quarry) から連続して投棄された廃物で作られた土地の上にあり、 以前そこにあった貯蔵小屋の代りであった。 作業場への鉄道の出入りは、どちらも狭軌で、 1 フィート 11 1/2 インチ (597 mm) の狭軌 (石切り場ゲージ) 、及び 4 フィート (1,219 mm) の狭軌 (石切り場からディノルイグ港 (Port Dinorwic) までスレートを運んだパダーン鉄道 (Padan Railway) のもの) であった。 鉄道は正門 (main entrance) を通って、メイン・ヤード (main yard) にも進入した。

石切り場は 1969 年に閉鎖し、 1972 年 5 月 25 日にノース・ウェールズ石切り博物館 (North Wales Quarrying Museum) として開館した。

博物館は今では近くのランベリス村 (Llanberis) まで、ランベリス湖鉄道 (Llanberis Lake Railway) で接続され、 この鉄道は建物の 1 部分を仕事場として使用している。

博物館は 「宝くじ遺産基金」 (Heritage Lottery Fund) から £160万 の助成金を受け取った後に再開し、 今ではビクトリア時代のスレート労働者の小屋を呼び物にする展示があり、 これはかってはブライナイ・フェスティニオグ (Blaenau Ffestiniog) の近くのタンアグリシェ (Tanygrisiau) に立っていたが、 石を 1 個ずつ取り外して、この場所に再建築した。 博物館にはマルチ・メディアの展示である 「山を盗む」 (To Steal a Mountain) があり、 ここでスレートを切り出した人々の生活と仕事を見せている。

博物館には英国本土で最大の稼働水車があり、 これは幾つかの歩行路を経由して見ることができる。 水車は 1870 年に カーナーヴォン (Caernarfon、/kərˈnɑːrvən/; Welsh: [kaɨrˈnarvɔn]) のデ・ウィントン (De Winton) により建設され、 直径が 50 フィート 5 インチ (15.37 m)、 幅が 3 インチ (1.60 m) で、12 インチ (305 mm) の軸の周囲に建設されている。 博物館の近くには部分的に復元されたビビアン・インクライン (Vivian incline) があり、 これは重力バランス・インクライン (gravity balance incline) で、 スレートを積んだワゴンが空のワゴンを持ち上げる。

水車の動画
機関車

博物館はウェールズの石切り場にあった何台かの機関車を所有している。

名称 建造者 形式 工場
番号
備考 画像
Una ハンスレット
(Hunslet)
0-4-0 ST 873 1905 ペン アー オルセッド石切り場 (Pen-yr-Orsedd) のために建造
ブラッシュ
(Brush)
4w BE 1917 第一次大戦中に弾薬工場のために建設。 後にアベルスレベンニ・スレート石切り場 (Aberllefenni) で作業。 現在は可動状態で保存。
WJウィリアムズ
(Williams)
4w PM オートバイに転換、 オークリー・スレート石切り場 (Oakeley) で、トラムウェイで乗るために建造
キールグウィン(Cilgwyn) ラストン&ホーンズビー (Ruston and Hornsby) 4w DM 以前のキールグウィン石切り場 (Cilgwyn) の機関車