ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Rio Tinto (river) - Wikipedia
リオ・ティント (川) (Rio Tinto (river))

リオ・ティント (スペイン語の発音 : [ˈri.o ˈtinto]、赤い川、あるいはティント川) は 南西スペインの川で、 アンダルシア (Andalucia) の シエラ・モレナ山脈 (Sierra Morena mountains) に源流がある。 これは一般に南南西に流れ、ウェルバ (Huelva) でカディス湾 (Gulf of Cádiz) に到達する。 リオ・ティント川は化学構成からユニークな赤・オレンジの色があり、 非常に高レベルの鉄と重金属により、極端な酸性がある。

リオ・ティント アンダルシアにおける河口の位置

川はおよそ (上流から) 50 km までその色を保持している。 50 km 地点のあとで、リオ・ティント川をとてもユニークにしている化学が少しづつ退潮し、 その奇妙な色も同様となる。 川の化学が変化する場所はニエブラ (Niebla) と呼ばれる町の近くである。 川の化学はニエブラの町を通り過ぎてから随分と変化し、これは リオ・ティントが大西洋に接続する他の川と混ざることによっている。 川は長さがおよそ 100 km (62 マイル) で、イベリア黄鉄鉱帯 (Iberian Pyrite Belt) に属している。 この地域には大量の鉱石と硫化物の鉱床 (deposit) がある。

リオ・ティント地域はおよそ 5000 年間鉱石採掘の源泉であった。 これには銅、銀、金などの鉱物があり、川岸から 20 km 離れた場所でも採掘された。 採掘により、あり得る結果として、リオ・ティントはとでも酸性が強い (pH 2) ことで著名であり、 この深く赤みがかった色合いは水に溶けた鉄によっている。 酸性の鉱山排水は深刻な環境問題となり、 これは酸性 (低 pH) により重金属が水に溶けるからである。 どれほど多くの酸性排水が自然な経過に由来し、どれほど多くが採鉱に由来しているか、不明である。 川の汚染に関しての深刻な環境の懸念がある。

川は生命にとり、激しい環境を提示しているが、 極限環境微生物に分類される微生物はこのような状況で成長している。 このような生命にはある種のバクテリア、藻類、及び 従属栄養生物 (heterotroph) が含まれる。

  1. 歴史
  2. 自然に関しての議論
  3. 宇宙生物学 (Astrobiology)
歴史

鉱石の本体は石炭紀 ( Carboniferous period、3 億年前から 3.5 億年前) に、海底の熱水活動 (hydrothermal activities) により堆積した。 川の領域は タルテッソス (Tartessans) 以来、採掘活動の歴史があり、 これに続いたのは イベリア人は BC 3000 年に採掘を開始し、 フェニキア人 (Phoenicians)、 ギリシャ人 (Greeks)、 ローマ人 (Romans)、 西ゴート族 (Visigoths)、 及びムーア人 (Moors) であった。 リオ・ティント地区はおよそ 5000 年間、鉱石採取と化学的精錬の源泉であり、 主に、銅、銀、金、そして後には鉄、マンガンなどの鉱石が採掘された。 この地域の採掘活動の全てにより、地形が広大に変化した。

2006 年のリオ・ティント

ある期間見捨てられてから、1556 年に再発見され、 スペイン政府は 1724 年にもう一度操業を始めた。 1873 年にリオ・ティント会社が作られ、鉱山を操業した。 19 世紀に英国の会社により、大規模な鉱山の操業が開始した。 1930 年における生産のピークの後で、生産が凋落し、 1986 年には銅の採掘が終了し、1996 年には銀と金の採掘が終了した。 すべての採掘は 2001 年に終了した。

2010 年代の銅の価格の上昇から、EMED Mining は鉱山を再開する努力をしたが、 必要な資産の権限を全て獲得する困難さ、環境の懸念、そして規制当局の承認の遅れにより、再開が遅れた。 鉱山は、過去には 20,000 名もの多くの人を採用したが、 開始段階では 350 名の人を採用することになった。 環境の懸念は、使用されていない貯水池が中心となり、 これは新たな廃棄物の投入のストレスに耐えることができないかもしれなかった。

自然に関しての議論

川の極限状況により、少数の微生物 -- 藻類を含む -- 以外を除いては生命活動はない。 沈殿物における嫌気性バクテリアの存在は、 有名な川の低 pH (酸性) に幾分寄与していると思われ、 これは更に溶解重金属の濃度を増やしている。 リオ・ティント川の水は金属硫化物が高濃度で、chemolithoautotrophic microorganisms の理想的な環境を提供し、硫化物が食料源になっている。 酸化による金属硫化物新陳代謝 (metal sulfide metabolism) の産物は第二鉄 (ferric iron) と酸性の液体 (acidic liquid) の分泌である。 ある科学者が考えることによると、この過程が長期間継続することが、川の pH が大半の場所で 2 と 2.5 の間に 保持されていることの原因である。 極めて酸性の高い水でも、赤と緑の藻類がどちらも比較的高濃度で成長していることが観測されている。 リオ・ティント川の藻類のレベルは川の生物量 (biomass) の半分以上であるが、 藻類は複合生態系 (complex ecosystem) の特徴には最低限の影響しかないと理解されている。

リオ・ティント川

微生物により仲介された複数の酸化物の段丘が現在の水面より 60 メートル上方に、 現在の川の進路から 20 km 離れた場所で見つかったことが示唆することは、 異常な生態系は、この地域における人の鉱山活動が始まる以前からの自然現象であることである。 一方で、知られていることは有毒な水を発散しているのは:  これらの広大な地下鉱山、 露天掘り鉱山、 及び、化学的鉱石精錬で、 これらは何千年もの間、時々活性化していた。 3.5 億年前に形成された巨大な硫化物の埋蔵物がある地帯を川が流し出している。 硫化物が空気、水、そして微生物にさらされると、 酸性岩 (acidic rock) からの排水は地表水と地下水に流れ込む。 しかしながら、採掘は露出部 (exposed area) を随分増やす。

宇宙生物学 (Astrobiology)

この川は酸性水に生存する 極限環境微生物 (extremophile) 嫌気性バクテリア (anaerobic bacteria) の 存在によって、最近化学的興味を獲得した。 川床の表面下の岩は鉄と硫化物の鉱物を含み、 これをバクテリアがエサにしている。 川の極限状況は液体の水を含むと思われる太陽系の他の場所 -- 例えば火星の地下水 -- と類似しているかもしれない。 科学者は メリディアニ平原 (Meridiani Planum) の火星の岩が過去に堆積した 水の化学成分とリオ・ティントを直接比較することもした、 同様に、Europa と Enceladus の月も凍結した表面の下に、酸性の水の海 (acidic ocean of water) があり、 従って、リオ・ティント川は生命の環境限度と惑星の生存可能性 (habitability) を研究する宇宙生物学者にとり興味がある。