ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Ship mill - Wikipedia
船舶ミル (Ship mill)

船舶ミルは水力ミルの一形式である。 ひいたり & すり潰す機械 と駆動装置 (水車) はこのミルの形式では水に浮かぶプラットフォーム (platform) に建設される。 この記録された最初の使用はイタリア AD 6 世紀中頃にさかのぼる。

ドイツ、 ミンデン (Minden) の船舶ミル
  1. 技術
  2. 歴史
  3. 船舶ミルの地理的広がり
  4. 観光事業
技術

ハシケとボートの船倉の間に下掛け水車があり、水車が流れる水により駆動される。 昔の外輪船 (paddle steamer) のように舷側の両側に、 より細い水車を持つ水力ミルの証拠もある。 浮いたプラットフォーム (台) は、流れが最もはげしい場所に錨で固定され、 ミルに簡単に出入りするために橋脚に固定されたり、岸に固定される。

浮いているため、水位の変化にかかわらず、ミルは同じ力で操業できる。 ミルの効率は最良で、標準的な下掛け水車に匹敵することができる。 船舶水車は潜在的には常時稼働でき、一定の力が要求される仕事には良好である。

船舶ミルは必要があれば (出荷、移動、氷により)、岸に引き寄せることができる。 中央ヨーロッパでは、大半の水力ミル、風力ミルと同様に、領主や修道院が所有していた。 中央ヨーロッパの船舶ミルは、河川交通の到来後には残らなかった、邪魔であったからである。 船舶ミルはおよそ 50 年ほど存続する。

船舶ミル (1805 年の
H.エルンスト (H.Ernst) の描画 1)
船舶ミル (1805 年の
H.エルンスト (H.Ernst) の描画 2)
歴史

537 年のローマの包囲戦で、 周辺の水力ミルから、重要な小麦粉を人々に提供することが、 東ゴート族 (Goths) により中断された。 ローマに水を供給していた水道 (aqueduct) と 水力ミルを所有していた幾つかの都市も機能しなくなった。 東ローマ帝国の将軍の ベリサリウス (Belisarius) により考案された解決は 水力ミルの逆原理 -- 船舶ミルで、これはローマ周囲の テヴェレ川 (Tiber river) に錨で固定された。

これは流れの中央に係留した船舶の舷側に搭載した水車で駆動する水力ミルの 一形式であり、 可能であれば流れが強い橋のそばに固定した。 船舶ミルはここからヨーロッパに広がり、 パリ (556 年)、ジュネーブ (563 年)、 ディジョン (575 年頃) に到達した。

船舶ミルは 8 世紀と 10 世紀の間のある時期にイスラム世界で発展した。 これらは 10 世紀のイラクの モスル ティグリス川沿いで使用され、 ここで木と鉄から作られた大きな船舶ミルが、バグダッドの穀物倉のために毎日、 穀物から小麦粉 10 トンを製造した。 1184 年に、 イブン・ジュバイル (Ibn Jubayr) はハブール川 (Khabur River、[訳注:ティグリス川の支流、ユーフラテス川にも同名の支流あり]) の同じ領域の船舶ミルを述べている。 記録がないため、これれはイランには広がらなかったようである。

10 世紀末以来、北ヨーロッパで、製粉が拡大した。 それ以来、船舶ミルは 19 世紀に至るまで、ヨーロッパの多くの場所で普通の光景であり、 現在に至るまでほんの僅かが生き延びた。

ドイツ語の "Schiffsmühle" あるいは "Schiffmühle" が地元の言葉の好みに応じて使用される。 ,

船舶ミルの地理的広がり

船舶ミルはヨーロッパの大半の大きな川で使用された。

ライン川の ケルンにおける
ドイツの船舶ミル、1411 年頃
橋の下の船舶ミル、
1310 年代のパリ
観光事業

船舶ミルのレプリカが幾つかある。

陸上にも船舶ミルがモニュメントとして存在している。

ドイツ、マクデブルク
の船舶ミル
ドイツ、グリンマ(Grimma)
ヘーフゲン (Höfgen) の
船舶ミル
ムール川の船舶ミル
スロベニアの Verzej の近く
ムール川の船舶ミル
のレプリカ、クロアチア
Mursko Središće の近く