ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Ting Kau Bridge - Wikipedia

汀九橋: Google map

汀九橋 (Ting Kau Bridge)

汀九橋は長さ 1,177 m (3,862 フィート) の香港のケーブル支え橋 (cable stayed bridge) で, 南西の 青衣島 (Tsing Yi Island) から 屯門公路 (Tuen Mun Road、ルート 9) の間に架かっている。 橋は 青馬大橋 (Tsing Ma Bridge) の近くにあり、 青馬大橋は ランタウ島 (Lantau Island、大嶼山) の香港国際空港と、それ以外の香港の間の主要な接続路でもある。 橋は 1998 年 5 月 5 日に完成した。 橋は無料である。

汀九橋

橋はルート 3 の一部で、 北西の 新界 香港島を接続している。 道路上の他の重要な構造は Tai Lam Tunnel (大欖隧道)、 Cheung Tsing Tunnel (長青隧道)、 Cheung Tsing Bridge (長青橋)、 Western Harbour Crossing (西區海底隧道) である。 汀九橋は Lantau Link (青嶼幹線) の橋の中では交通量が最も多く、 多くのコンテナー・トラックが中国本土と香港のコンテナー港の間を行き来している。 色彩調査と特別にデザインされた建築照明により、 橋が周りから引き立つようになっている。

訳注
上の文面では汀九橋が Lantau Link (青嶼幹線) の一部のように見えてしまうが、 これは書き方の間違いと思われます。元々中国語で書かれた文章を英語に翻訳する時にミスをしたのではないかと思う。
デザイン

汀九橋請負業合弁会社が 1994 年から 1998 にかけて汀九橋をデザイン・建設した。 合弁会社を構成したのは、 クビエルタス・イ・MZOV 社 (Cubiertas Y Mzov.22%) と エントレカナーレス・イ・タボラ社 (Entrecanales Y Tavora, 22%) が主要パートナーで、どちらもスペイン (現在はどちらも アクシオナ, S.A (Acciona S.A.) の一部); ドイツの Ed. Züblin (22%); オーストラリアの Downer and Co (22%); 香港の Paul Y (12%). 建設技術者は Schlaich Bergermann & Partner (ドイツ) であった。

橋のデザイン・建設費用は HK$19.4億 であった。 橋は世界で最長のケーブル支え橋の 1 つである。 青馬大橋 汲水門大橋 (Kap Shui Mun Bridge) と共に「風と構造ヘルスモニタリング・システム」 (Wind and Structural Health Monitoring System, WSHMS) により、詳しくモニターされている。

汀九橋は世界で最初の重要な 4 スパン・ケーブル支え橋である。 これが意味することは中央塔は縦方向に安定化する必要があり、 これはかって橋で使用された最長のケーブル・ステー (465 m (1526 フィート)) により達成された。 この橋のデザインには 1 本脚の塔のような特別の造作があり、 これらは帆船のマストのように横断ケーブルで安定化した。 汀九橋は 新界と本土をLantau Link (青嶼幹線) 高速道路に接続し、 これにより空港が 九龍と香港に接続されている。 ルート 3 は 青衣島で、 青馬大橋から 500 m の地点で Lantau Link (青嶼幹線) と接続している。

汀九橋と進入高架橋はあわせると長さ 1,875 m (6,152 フィート) であり、 3 つの塔の橋は全長 1,177 m (3,862 フィート) である。 3 つの塔は特別にデザインされ、 極度の強風や台風にも耐えることができ、 高さが 170 m (560 フィート)、 194 m (636 フィート)、 及び 158 m (518 フィート) あり、それぞれ 汀九岬 (Tsing Kau headland)、 (幅が 900 m (3,000 フィーt) の) Rambler Channel (藍巴勒海峽) の干拓島、 及び 青衣島の北西の海岸線にある。 分離した路面が塔の両側にあるため、橋にほっそりとした外見を与え、 一方、強風下や台風の負荷の下では橋は有利に振舞う。 各路面には 3 車線と硬い路肩がある。

測定値