ページの最終校正年月日 :

以下の文書は以下の日本語訳です。

Trent Falls - Wikipedia
トレント・フォールズ (Trent Falls)

トレント・フォールズはウーズ川 (River Ouse) とトレント川 (River Trent) の合流点のことで、 ここからハンバー河口 (Humber) が形成され、 イングランドのリンカーンシャーとイースト・ライディング・オブ・ヨークシャー (East Riding of Yorkshire) の間にある。

アルクバラ湿地 (Alkborough Flats)
とトレント・フォールズ
リンカンシャー州における
トレント・フォールズの位置。
位置

ウーズ川は東に向かって流れてハンバー河口に進入し、 トレント川は北に向かって流れる。 ウーズ川は合流点で東に曲がるが、これは土木工事によるもので、 自然なものではない。 第一次世界大戦後にトレント川の西岸に向きを変えるための壁が作られ、 水路を知られた定位置に固定するようにした。 (2 つの) 川は大量のドロをこの一帯に堆積させ、 沿岸船の水路図 (chart) は毎月更新しなければならないが、小船舶にとり、 水路は適当に固定されている。

1974 年の頂点灯 もっと現代的な設置 (2010 年撮影)

向きを変える壁と、壁の末端にある頂点灯 (Apex Light) と呼ばれるミニ灯台があるのにもかかわらず、 トレント・フォールズにおける航行は単純ではない。 実際の滝 (フォールズ) ではないが、 潮の困難な段階 (とりわけ春の潮) で、非常に急な流れがあり、トレント川には潮津波 (トレント・エジア (Trent Aegir)) がある。 一つの川を引き潮に載って下ってくるボートは、しばしば何時間も (時々、砂浜に上陸して、時々 1 夜を明かして) 待ち、満ち潮が、もう一つの川で船を遡上させるのを待つ必要があった。

RSPB (= Royal Society for the Protection of Birds, 英国鳥類保護協会) のブラックトフト砂浜自然保護区 (Blacktoft Sands nature reserve) がフォールズのすぐ上流の ウーズ川の南岸にある。 これは英国で最大の潮汐のある葦原から構成され、270 種類の鳥が訪れ、 ヒゲカラ (bearded tits)、bittern 及び marsh harrier のつがいがあり、 彼等にとり国の重要性がある。 東に一マイル先の丘の上から、トレント・フォールズを見下ろすのは Julian's Bower で、 これはリンカンシャーのアルクバラ村 (Alkborough) の端にある古代の芝生の迷路である。 これは少なくとも 1697 年からのものであり、 この時 Abraham de la Pryme (エイブラハム・ド・ラ・プリム) がこれを記録している。 もっとも、これを作った理由は今では不明である。