ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Fairfax Stone Historical Monument State Park - Wikipedia

フェアファックス石: Google map PhotoSphere

フェアファックス石歴史モニュメント州立公園
(Fairfax Stone Historical Monument State Park)

フェアファックス石歴史モニュメント州立公園はウェスト・バージニア州立公園で、 フェアファックス石を記念している。 これはポトマック川の北支流 (North Branch) の源流にある 測量技師のマーカー且つ境界石 (boundary ston) である。 元々の石は 1746 年 10 月 28 日に設置され、 第 6 代フェアファックス・オブ・キャメロン卿 (Lord Fairfax of Cameron) の トーマス・フェアファックス (Thomas Fairfax) とイングランド枢密院 (English Priby Council) の バージニアの北頸部 (Northern Neck) に関する境界論争に決着をつけた。 これはメリーランドとバージニアの英国植民地のほとんど測量されていない多くの土地区画の 所有権と境界を決定した。

フェアファックス石 ウェスト・バージニア州における
フェアファックス石歴史モニュメント
州立公園の位置
  1. 公園
  2. 歴史
  3. 元々の石の運命
  4. 刻板の銘 (Plaque legend)
公園

フェアファックス石歴史モニュメントはウェスト・バージニア州の 4 エーカーの州立公園の一部分で、ウェストバージニア州トーマス (Thomas) の 4 マイル 北にある。 この場所はほとんど開発されておらず、建物やトイレの施設がまったくない。

フェアファックス石のそばの
公園は道路の末端の空き地で、
ピクニック・テーブルが少々ある。
ポトマック川の北支流が
フェアファックス石の下から
現れる。
歴史

北頸部土地譲与 ("Northern Neck Land Grant") (後には 「フェアファックス譲与」 ("Fairfax Grant") と呼ばれた) の 正確な境界は決定されなかった。というのはこれは当時亡命中であった 国王 チャールズ 2 世 (King Charles II) により 1649 年に 始めて考えたものであったからである。 ジョン・サベッジ (John Savage) と彼の測量チームはポトマック川の北支流 (North Branch、区画 (tract) の北の境界) の 源流の場所を 1736 年に決定したが、西の境界を決める試みをしなかった。 ピーター・ジェファーソン大佐 (Peter Jefferson、 トーマス・ジェファーソン (Thomas Jefferson) の父) とトーマス・ルイス (Thomas Lewis) の 1746 年の測量により、 フェアファックス石 (Fairfax Stone) の設置と更には "フェアファックス線" (Fairfax Line) と呼ばれる境界線 (line of demarcation) が設置され、 後者は石から南東に向けて延び、ラッパハノック川 (Rappahannock River) の源流で終了して、 77 マイル (124 km) の距離があった。

ポトマック川の北支流 (North Branch) は始めはフェアファックス石の源流から西に流れ、 北に向きを変えて、一般的に東に流れ、チェサピーク湾に向かった。 この理由から、石はウェスト・バージニア州の郡の角にあり、メリーランド州の 州境の一部分ではない。 州境の問題は、最高裁判所が 1910 年の 「メリーランド州 対 バージニア州」 の裁判で、 メリーランド州に不利になる判決によって解決したのみで、 メリーランド州との州境はフェアファックス石からの北向きの線がポトマック川の支線と 交差する場所まで西向きに移動したのみとなった。 この判決までメリーランドの州境は決定されなかった。 ウェスト・バージニア州の 3 つの郡 -- グラント郡 (Grant)、 プレストン郡

(Preston)、そして タッカー郡 (Tucker) -- はフェアファックス石でマークされた境界を共有している。 (ウェスト・バージニア州はアメリカ南北戦争 (American Civile War) の最中にバージニアから分離した。)

元々の石の運命

元々のフェアファックス石は、当時の測量の普通の実践に従って、 単に自然の、目印のない岩で、この地域に露頭するものから選んだものの可能性が大きい。 メリーランド州とバージニア州の間の法的な境界論争により、 1833 年に移動し、その後、場所が記憶から失われた。 1859 年、メルチャー中尉 (Lieutenant Melcher) と呼ばれる人がこれを再発見して、2 州のために 「フェアファックス線」を再び引いた。しかしながら、1909 年までに 石は消え失せ、ヴァンダル (vandal) により持ちさられた。 現在の石は 6 トンの岩で、平坦な表面があり、 この上に歴史刻板 (historical plaque) が埋め込まれ、石の重要性を詳細している。 この横に 1910 年の石がある。 現在の 6 トンのフェアファックス石は 1957 年 10 月 5 日に除幕された (dedicate)。

1881 年のフェアファックス石
刻板の銘 (Plaque legend)
フェアファックス石
このモニュメントは、ポトマック川の源泉にあり、 アメリカの歴史的場所の 1 つを印す。 この名称はトーマス・フェアリー卿に由来し、彼はポトマック川と Pappahanncock 川 の間にある土地を全て所有していた。 最初のフェアファックス石は "FX" の印がつけられ、 フェアファックス卿により採用された測量技師の Thomas Lewis により 1746 年に設置された。 これはメリーランド州とウェスト・バージニア州の西の分割線の起点である。