ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Grazebrook beam engine - Wikipedia

グラゼブルック・ビーム・エンジン: Google map

グラゼブルック・ビーム・エンジン
(Grazebrook beam engine)

グラゼブルック・エンジン (Grazebrook engine) は 1817 年のビーム・エンジンで、 高炉 (blast furnace) で熱い石炭を加熱するための送風に使用された。 これはイングランド、バーミンガムの A38 (M) [訳注:A38 道路、M = 自動車道路] の入口の 「ダートマス・サーカス」 (Dartmouth Circus) と呼ばれる ラウンドアバウト (roundabout) の護衛彫刻 (sentinel sculpture) として見出せる。 これはバーミンガムで使用された最大の蒸気エンジンであると信じされている。

グラゼブルック・ビーム・エンジン
  1. 歴史
  2. 技術的詳細
歴史

これは 1817 年に、バーミンガムのソーホー (Soho) に鋳造所を持っていたワット (Watt) のデザインで建造され、 ウスターシャー (Worcesgtershire) のダドリー (Dudley) における グラゼブルック & ホワイトハウス (Grazebrook & Whitehouse) (の注文) によって、 彼らのダドリー鋳造所のために建造された。 これは 2 基の高炉 (blast furnace) に空気を供給するためであった。 1912 年に退役し、予備エンジンとして現場に残った。 1964 年に取り壊され、今では A38(M) (アストン高速道路 (Aston Expressway)) の入口に あるダートマス・サーカスと呼ばれる ラウンドアバウト (Dartmouth Circus roundabout) で展示されている。

技術的詳細

これは 19 世紀初頭のエンジンの典型例であり、 構成するのは、垂直な複動式蒸気シリンダー (double acting cylinder) であり、これが 揺りビーム (rocking beam) を経由して、 複動式空気シリンダー (double acting air cylinder) に連結されたものである。

ビーム (beam, 梁) は鋳鉄製で、 長さ 28 フィート (8.5 m)、 重さ 10 英トン (10 トン) である。 蒸気シリンダーは直径 42 インチ (1,100 mm) で、 8 フィート (2.4 mm) のストロークがある。 これは 1 分間に 12 ストロークと 16 ストロークの中間で走るようにデザインされていた。 蒸気は 6 基のランカシャー・ボイラーの山 (bank) で提供され、 圧力調節容器 (pressure regulator vessel) が装着されて空気の流れが滑らかになっていた。 これは 1 平方インチ 5 ポンド (34 kPa) の空気を 2 台の高炉 (blast furnace) に提供した。

エンジン棟は石灰漆喰を使用して特別に建設され、 構造がエンジンの動きで曲がることができた。

会社

グラゼブルックは恐らくは 1952 年/1953 年に、 ネザートン (Netherton) のペアツリー (Peartree) に工場を持っていた。 M. & W. グラゼブルックの歴史は 1641 年までたどることができ、 1641 年にマイケル・グラゼブルック (Michael Grazebrook) がスタウアーブリッジ (Stourbridge) で事業に着手した。 この会社はすたるあブリッジ (Stourbridge) にガラス工場、 1700 年代にはヘールズオーエン (Halesowen、/heɪlzˈoʊ.ɪn/ haylz-OH-in) にフォージ (forge) があり、 コーズリー (Coseley) に自分たちの炭坑を所有していた。 これは次に製鉄と製造に焦点をあわせ、1800 年にネザートンに移住した。 ここには、ダドリー運河のグラゼブルック支線が任にあたっていた。