ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Burgess (title) - Wikipedia
バージェス (肩書) (Burgess (title))

バージェスは元々バラ (borough, イングランド、ウェールズ、アイランド) あるいはバーグ (burgh, スコットランド) の自由人 (freeman) を意味した。

この用語はアメリカ植民地の幾つかでも使用された。 バージニア植民地では、バージェス (burgess) は立法府のメンバーで、立法府は "House of Burgesses" (バージェスの議院) と呼ばれた。

  1. 立法オフィサー (Legislative official)
  2. スコットランドのギルドのメンバー
  3. 英国の唯一の投票権の廃止
  4. 英国における排他的トレードの権利の廃止
  5. 幾つかのアメリカ植民地での使用
  6. 語源
  7. 「グリーンスリーブス」("Greensleeves") の言及
立法オフィサー (Legislative official)

これが後に意味するようになったのは: 都市 (municipality) の選挙で選ばれたオフィサー (official, 官吏)、あるいは 選挙で選ばれていないオフィサー (official, 官吏)、あるいはイングランド下院議員の バラ (borough) の代表である。 このバージェスの用法はこれ以来、消滅した。

スコットランドのギルドのメンバー

バージェス (burgesses) は元々市の自由人 (freeman) で、ここに土地を持ち、 町の運営とその課税に貢献した。 バージェスの肩書は後に商人と職人に制限され、 バージェスのみが享受できたのは: トレードの特権、 あるいは (Guild Ticket を所有することによって) ギルドに所属して、都市 (city) で技能の実践をすること、 あるいはギルドの技能で取引する会社を所有できたことであった。

英国の唯一の投票権の廃止

自由人 (freemen) としてのバージェスは都市選挙 (municipal election) と国会選挙 (Parliamentary election) で 投票する唯一の権利を持っていた。 しかしながら、英国におけるこれらの政治的特権は 「1832 年の改革法」 (Reform Act in 1832) により取り除かれた。

英国における排他的トレードの権利の廃止

ギルドを通してのバージェスの古代の排他的トレードの権利は 1846 年に廃止された。 これ以後は、バージェスは職業 (office) に対しての社会的地位を与える肩書となり、 通常、これにギルド、あるいは livery company の慈善活動を含む役割が伴っており、 これは今日と同じである。

幾つかのアメリカ植民地での使用

この用語はアメリカ植民地の幾つかでも使用された。 Colony of Virginia では、バージェスは立法府のメンバーで、 立法府は House of Burgesses を呼ばれた。

語源

これは 古フランス語 (Old French) の単語である burgeis から、 中期英語 (Middle English) と 中期スコットランド語 (Middle Scots) に由来し、 単に "町の住民" (an inhabitant of a town) の意味である。 (burgeis あるいは burges とそれぞれ比較せよ。) 古フランス語 (Old French) の言葉 burgeis は bourg に由来し、 マーケット・タウン (market town) あるいは中世の村を意味し、 これ自身、末期ラテン語 (Late Latin) の burgus に由来し、"とりで" あるいは "壁" を意味する。 実際、これは北西ヨーロッパの中世かつルネッサンスの商人階級を言及し、 彼らは市の壁の外に沿って、店頭 (storefront) を設置する傾向があり、 ここはゲートを通り抜ける交通には有利で、攻撃があった場合に簡単に避難できた。 バーグ (burg, [訳注:バラ (borough) のこと]) の中に避難を求める権利は「バージェスの権利」 (right of burgess) と呼ばれた。

この用語はゲルマン語派 (Germanic) の burgher に意味が近く、 これはドイツの市で以前に定義されていた階級である。 (中期オランダ語 (Middle Dutch) の burgher、オランダ語 (Dutch) の burger、そしてドイツ語の Bürger。) これは言語学的にフランス語のブルジョア (Bourgeois) に近く、後者は burgeis から進化した。

「グリーンスリーブス」("Greensleeves") の言及

良く知られたイングランドのフォーク・ソングである グリーンスリーブス ("Greensleeves") の元々のバージョンには次が含まれている:

Thy purse and eke thy gay guilt knives,
thy pincase gallant to the eye:
No better wore the Burgesse wives,
and yet thou wouldst not love me. 

(一行目意味不明) あなたの刺繍が目立つ 誰もバージェスの妻のようには着こなしがよくない しかし、あなたは私を愛さない

これが明らかに意味することは、 これが作曲された時 (16 世紀末から 17 世紀始め) に、 バージェス (burgess) は、彼の妻に美しくて高価な服を与えることができるとしてよく知られていた。