ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Mohawk Trail - Wikipedia
モホーク・トレイル (Mohawk Trail)

モホーク・トレイルはアメリカ原住民のトレード・ルート (trade route) として始まり、 大西洋岸の部族 (Atlantic tribes) と アップステート・ニューヨーク (Upstate New York) 以遠の部族を接続した。 これはミラーズ川 (Millers River)、ディアフィールド川 (Deerfield River) を追い、 現在はマサチューセッツ州北西部の地区にあるフーザック山脈 (Hoosac Range) を横断した。

モホーク・トレイル、トッド山
(Todd Mountain) が後方
マサチューセッツ州における位置

今日、モホーク・トレイルはルート 2 とルート 2A の一部分である。 これは、元々のインディアンのトレイル跡の多くをたどり、 マサチューセッツ州ウェストミンスター (Westminster) からマサチューセッツ州ウィリアムズタウン (Williamstown) に至り、 およそ 69 マイル (111 km) あり、 オレンジ (Orange), アービング (Erving), ギル (Gill), グリーンフィールド (Greenfield), シェルバーン (Shelburne), バックランド (Buckland), チャールモント (Charlemont), サボイ (Savoy), フロリダ (Florida) そして ノース・アダムズ (North Adams) の共同体を通り抜ける。 バークシャー山脈 (Berkshire mountains) を幾つかの地点からはっきりと見ることができる。 現代のモホーク・トレイルはマサチューセッツ州で、もっとも美しいドライブ (drive、車道) の 1 つと思われる。 途上には無数の興味ある場所があり、これに含まれるのは: 多くの景色の良い地点、 道路そばの名所、 そして土産物店である。 特に有名なのは、 モホーク公園の 「日の出に歓呼」 (Hail to the Sunrise) で、 これはアメリカ原住民の歴史遺産に対する贈り物として作られた像である。 トレイルの一部分は数マイル、ディアフィールド川に並行し、 シェルバーン・フォールズ (Shelburne Falls) の村とブリッジ・オブ・フラワーズ (Bridge of Flowers, 花の橋) を通り抜ける。 ルートは 140 フィートの高さで、歴史的なフレンチ・キング橋 (French King Bridge) を経由して、 コネチカット川を横断する。 道路はウィットカム・サミット (Whitcomb Summit) で 2272 フィートの高さに到達する。 サミット (Summit、頂上) の西側には人気の高いヘアピン・カーブ (hairpin turn)と展望台があり、 ノース・アダムズ市 (North Adams) とタコニック山脈 (Taconic Mountains) を見下ろしている。 東側では、ハイウェイはウィットカム・サミット (Whitcomb Summit) から東の方に急激に降下して、 フーザック山脈 (Hoosac Range) の坂道を下り、 コールド川 (Cold River) をたどって、 ディアフィールド川 (Dearfield River) に至る。 著名な造作には悪名高いデッド・マンズ・カーブ (Dea Man's Curve、死人のカーブ) が含まれる。

モホーク・トレイルの 6 マイルの区間が、2011 年 8 月に、 ハリケーン・アイリーン (Hurricane Irene) によって、 激しく被害を受けた。 道路のかなりの部分はモホーク・トレイルの州の森 (Mohawk Trail State Forest) で囲まれ、 これは 6,400 エーカー (24 km2)の森で、 キャンプと時々 ボブキャット (black bears) と遭遇することで知られている。 この地域には随分と広い原生林があり、マサチューセッツ州で最も高い木の多くが含まれ、 東部自生樹林協会 (Eastern Native Tree Society) によって確認されている。 ルートはバーモント州の南の境界の近くを通り、別のルートが北のバーモント州に向かって、 ハリマン貯水池 (Harriman Reservoir) とボール山州立公園 (Ball Mountain State Park) に至っている。 ウィリアムズタウン (Williamastown)における西のターミナルは US ルート 7 のグレイロック山 (Mount Greylock) と ニューヨーク州道 2 (State Route 2) への接続を提供する。

歴史的な歩行ルートの一部分は フロリダ、 サボイ、そして チャールモント を通り抜け、 コールド川 (Cold River) とディアフィールド川 (Deerfield River) の合流点からコールド川峡谷 (Cold River valley) を 遡上してウィーラー・ブルック (Wheel Brook) に至り、これは 1973 年 4 月 3 日に、 国の歴史登録材 (National Register of Historic Places) に追加された。 このルートで、歩行路自身は元々の形では現存していないが、コールド川 (Cold River) の北岸にあり、 現代の道路は南岸を走り、環境侵入の形で指定地区 (listed area) に含まれている。

ルート 2 の修理、 ハリケーン・
アイリーン
により起きたコールド川
(Cold River) 沿いの 6 マイルの崩壊
「トレイルのヘラジカ (Elk)」像
ウィットカム・サミット
(Whitcombs summit)
モホーク・トレイルの端近くの西のサミット、
ノース・アダムズ (North Adams) とタコニック
山脈 (Taconic Range) の方向を見る。
マサチューセッツ州ルート2
ウィリアムズタウン (Williamstown)
のモホーク・トレイルの開始点