ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

School Lands - Wikipedia
スクール・ランド (School Lands)

スクール・ランドは教育支援のために設立された 「土地の供与」 (land grant) である。 米国における公共教育 (public education) の支援は憲法以前からあり; 1787 年の米国憲法 (United States Constitution) の採用の 2 年前の 1785 年 5 月 20 日に 連合会議 (Congress of the Confederation) は 土地布告 (Land Ordinance) で 土地の供与を設立することにより、公共の学校 (public schooling) の 支援を提供し、各タウンシップの区画 16 (1 平方マイル) を公共教育に 使用するために供与した。

タウンシップの区画の番号付けの平面図は 1785 年の土地布告 (Land Ordinance) で 採用された。各タウンシップの区画 16 は上記タウンシップの公的学校 (public school) の維持のために留保された。

土地布告 (land ordinance) では、タウンシップは 行政タウンシップ (civil township) ではなく、 測量単位 (surveying unit) である: 6×6 マイル平方で、36 の 1 平方マイル区画に分割されている。 連邦長方形システム (federal rectangular system) の下で測量された州では、 測量タウンシップと 行政タウンシップは通常、同じ境界を持っているが、 多くの例外がある。

スクール・ランド (School Lands) はオハイオ・ランド (Ohio Lands) の一部分で、 米国連邦政府から公共の学校 (public schools) のためにオハイオに供与された土地から構成されている。 「公式オハイオ・ランドの本」 (Official Ohio Lands Book) によれば、 「1920 年までに、 73,155,075 エイカーの公共の土地が連邦政府により、 公共の学校 (public school) の支援のために、州の公共の土地 (public land states) に与えられた。」

1785 年の土地布告 (Land Ordinance) では、 高等教育のための土地 (カレッジ・ランド (College Lands)) の供与もなされた。