ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Dock (maritime) - Wikipedia

この項目は英国における「ドック」の正確な意味を知るために翻訳したものです。 但し、「歴史」の部分に「ロータルのドックが歴史上最初のもの」という記述は 多分間違っている。( ロータルを参照。)

ドック (海洋) (Dock (maritime))

ドック (オランダ語の dok に由来) はボートや船舶を処理するための人造の構造あるいは構造群であり、 通常は岸辺あるいはその近くにある。

しかしながら、厳密な意味は、英語の種類により違っている。 「ドック」は「ドックヤード」 (dockyard) や「シップヤード」 (shipyard) を意味することもあり、 これは船舶の積み荷、積み降ろしをしたり、造船や船舶の修理をする場所のことである。

  1. 歴史
  2. 英国英語
  3. 米国英語
歴史

最も古いドックはワジ・アル・ジャルフ (Wadi al-Jarf) で発見されたもの (複数) で、 これは紅海にある BC 2500 年の古代エジプトの港である。 考古学者は遺跡の近くで錨や貯蔵用の壺 (storage jar) を発見した。 インドの ロータルのドックは BC 2400 年のもので、 シルトの堆積を防ぐために本流から少し離れた所にある。 現代の海洋学者はハラッパー人は潮に関しての多大な知識を持っていたのに違いないと考えている。 これは (ハラッパー人が) 常に流れを変えるサバ―マティ川の沿岸にドックを建設したからであり、 模範的な水路学にも、海洋技術にも精通していたことであろう。 これは世界で知られているドックの最も初期のものであり、 船舶を停泊したり、船舶に貢献する施設があった。 憶測されることは、ロータルの技術者は潮の動きとレンガ製の構造物への影響を調べている。 というのは、(ドックの) 壁がカマで焼いたレンガを使用しているからである。 まずこの知識によっても、ロータルの場所を選択することが可能であったからである。 それは、この場所でカンバト湾 (Gulf of Khambhat) の潮位が最も高くなり、 船舶は河口で潮の流れで (ここに) 運ばれるからである。 技術者は四辺形の構造を建設し、南北に平均で 21.8 m (71.5 フィート)、東西に 37 m (121 フィート) である。

英国英語

英国英語では、ドックは船舶の積み荷と積み降ろしをしたり、造船や船を修理するための閉じ込められた場所の ことである。このようなドックは、自然な水域を港の壁で取り囲んで建設したり、 地面を掘削して建設する。

特別なドックの構造の形式があり、ここでは水位が調節される。

訳注
  1. ハウランド・グレート・ドックはグリーンランド・ドックとも呼ばれる。 グリーンランド・ドック: Google map
  2. 以上から、英国のドックはゲートがついていることがわかりますが、 船舶が大型化するとこれでは処理できないことがわかります。

ドックヤード (あるいはシップヤード) は 1 個以上のドックから構成され、通常、そのほかの構造物が付随している。

米国英語

米国英語ではドックは技術的には埠頭や波止場 -- 人が居れるようにした人造の任意の構築物 -- と同意義である。 しかしながら、現代的な使用では、一般的に元々産業用途の建築物を指しており、例えば 海産物処理、船積、あるいはもっと最近には、 クルーズ客船用 のものがあり、ドックはこれ以外の大半の用途に使用され、しばしば修飾語を伴い、 例えばフェリー・ドック、鉱石ドック等がある。 しかしながら、埠頭は浜辺から大洋に延びた木製もしくは金属製の構造のことを指すことにも、一般的に使用される。 これは、大半の場合にはボートを使用せずに大洋で釣りをするためのものである。

米国英語では、埠頭の間の水域をスリップ (slip) と呼ぶ。

カナダのコッテージ・カントリーと米国においては、 ドックとは水の上に建設された木製のプラットフォーム (台) のことで、 一方の橋が岸に固定されたものである。 プラットフォームは小さなボートに搭乗したり、積み降ろしをするのに使用される。