ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Soo Locks - Wikipedia (スー水門群)
Google map: スー水門群
スー水門群 (Soo Locks)

スー水門群 (Soo Locks, 時々 Sault Locks とも綴るが、「スー」と発音する) は一群の平行な水門で、 これにより船舶がスペリオール湖と下五大湖の間を往来できる。 これらは、スペリオール湖とヒューロン湖の間のセント・マリー川 (St. Marys River) に位置し、 米国のミシガン州のアッパー半島 (Upper Peninsula) とカナダのオンタリオ州の間にある。 これらは川の急流を迂回し、ここでは水が 21 フィート (7 m) 落下する。

この水門群を通過する船舶は年間で平均して 10,000 隻以上あり、 1 月から 3 月までの冬季には閉鎖され、結氷により通行が不可となる。 冬季閉鎖期間は水門の検査と保守に使用される。

水門群の名前は (通常、英語式に Soo (スー) と短縮されるが) セント・マリー川の両側のオンタリオ州とミシガン州にあるスー・セント・メリー (Sault Ste. Marie) と呼ばれる 2 つの市の名前と名称を共有している。 米国とカナダの間の 「スー・セント・メリー国際橋」 (Sault Ste. Marie International Bridge) により、 車両が水門群の上を通過できる。 このハイウェイの橋のすぐ上流で鉄道橋がセント・メリー川を横断している。


スー水門群の空からの光景
東向きで、左がカナダ、右が米国
  1. 米国側の水門
  2. カナダ側の水門
米国側の水門

米国の水門群は公式にはセント・メリー滝運河 (St. Marys Falls Canal) と呼ばれる 1.6 マイル (2.6 km) の運河の一部である。 運河全体は米国陸軍工兵隊 (United States Army Corpse of Engineers) によって所有・保守され、 航行は自由である。米国のスー水門群は何度も作り直されたが、 最初のものは 1855 年 5 月に完成している。 これはミシガン州により管理されたが、1881 年に米国陸軍に移管された。

現在の配置は 4 つの平行な水門の隔室から構成され、 各々西から東に走り、ミシガン州の岸辺から開始し、北のオンタリオ州の方に向かっている。 これらの水門は:

  1. マッカーサー水門 (MacArthur Lock)、 1943 年建設。 これは 800 フィート (240 m) の長さで、80 フィート (24 m) の幅で、 29.5 フィート (9.0 m) の深さである。 これは十分に大きくて、外洋船 (海船 (salty)) を処理でき、 外洋船はウェランド運河のより小さな水門を通り抜けなければならない。 最初に通り抜けた船は SS カール D. ブラッドリー (SS Carl C. Bradley) である。
  2. ポー水門 (Poe Lock) は元々 1895 年 8 月 3 日に完成した。 通過した最初の船は 1985 年 9 月の客船マジェスティック (Majestic) である。 元々のポー水門はオーランド・ポー (Orlando Poe) が設計し、 800 フィート (240 m) の長さ、100 フィート (30 m) の幅で、1896 年に完成した時は 世界最大であった。水門は 1968 年に再建築され、より大きな船を収容できるようにした。 これはセント・ローレンス海路が開通した後のことであった。 現在は 1,200 フィート (370 m) の長さ、110 フィート (34 m) の幅で、32 フィート (9.8 m) の深さである。 この水門は積荷が 65,000 トンの船を収容できる。 ポー水門は上五大湖で使用されている大きな湖の貨物船を処理できる唯一つの水門である。 再建後に最初に通過した船は 1969 年のフィリップ R. クラーク (Phillip R. Clarke) である。
  3. デイビス水門 (Davis Lock)、 1914 年建設。 この水門は 1350 フィート (410 m) の長さ、80 フィート (24 m) の幅で、23.1 フィート (7.0 m9) の深さである。 この水門はあまりしばしば使用されることがなく (2008 年 10 月には、14 日間で 5 隻の商用/民間船、34 隻の政府の船が通過した)、 通行が保証されれば、軽量の貨物船、遊覧船そして小さな船が使用する。 SS ジェームス A. ファレル (SS James A. Farrell) が水門を最初に通過した船舶であった。
  4. セイビン水門 (Sabin Lock)、1919 年に建設。 この水門は 1350 フィート (410 m) の長さ、80 フィート (24 m) の幅で、23.1 フィート (7.0 m9) の深さである。 この水門は維持管理の状態に置かれ、もはや使用されていない。 セイビン水門を稼働状態にするには、およそ 500 万ドル必要である。」
訳注
以上の水門は南から北に順番に列挙している。
2013 年のシーズンの最初の船が
ポー水門を通過
19 世紀の最初のスー水門群 ホエール船がポー水門を通過
1910 年頃
訳注
ホエール船は胴体がクジラのような形をした船。クリックして大きな写真を表示してみれば、 手前の船がそのようになっているのがわかる。

デイビス水門とセイビン水門は 1986 年以来、新しい一基のスーパー水門で置き換える候補になっており、 スーパー水門は湖上船 (lakers) を収容できる第二の水門となることになっている。 新しい水門計画の起工式が 2009 年の 6 月に開催されたが、 計画を完成するのに必要な大半の資金は議会によって割り当てられていない。 この建設はデイビス水門の使用を更に制限することになる。

セイビン水門の北には追加の水路があり、小さな発電所がある。 これは水門の複合施設に電力を供給している。


2008 年のマッカーサー水門からのパノラマ写真、北を向く
技術者の日

6 月最後の金曜日は、 1 年に 1 度の「技術者の日一般公開」(Engineers Day Open House) にあたり、一般の人が米国スー水門群の敷地に入ることが許されている。 この日は、訪問者は近づいて、定期的に操業している二基の水門を通過する船を触ることができる。

カナダ側の水門

一基の小さな水門が現在カナダ側で操業中である。 1998 年に開通し、 損傷を受けた古い水門の中に建設され、 77 メートル (253 フィート) の長さ、 15.4 メートル (51 フィート) の幅で、 13.5 メートル (44 フィート) の深さである。 カナダ側の水門はリクリエーション用の船と遊覧船に使用され、 主な輸送船は米国側の水門を使用する。


オンタリオ州スーセント・マリー
におけるカナダ側の水門