ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Thames Barrier - Wikipedia
テムズ・バリアー
(テムズ川の障壁, Thames Barrier)

テムズ・バリアーはロンドン中央部の下流にある。 1982 年以来操業され、 (バリアの) 目的としたことは例外的な高潮や、 北海から押し上げる嵐の高潮が氾濫することを防止するためであった。 但し、氾濫原のうち大ロンドンの最も東の特別区は除外された。 必要とあれば、(バリアは) 高潮の時に閉鎖され (持ち上がられ)、 潮が低くなれば、開放されて海への流れが回復する。 これはドッグズ島の東、およそ 3 km (1.9 マイル) の地点に建設され、 北の堤防はロンドン特別区ニューハム (Newham) のシルバータウンに属し、 南の堤防はグリニッジ王立区のニュー・チャールトン地域に属している。 テムズ川の河口の一部とロンドンの一部に影響を与えた 1953 年の北海氾濫に関しての、 サー・ハーマン・ボンダイ (Sir Hermann Bondi) の報告書がバリア建設の助けになった。

テムズ川氾濫バリアの遠景 バリアのゲートの近接写真
氾濫警報が出ると閉鎖される。
  1. 地理学と背景
  2. 歴史
  3. 未来
  4. ポピュラー・カルチャーにおいて
  5. ギャラリー
地理学と背景

ロンドンは氾濫と押し寄せる高波にもろい。 大西洋の低気圧により引き起こされた嵐の高潮はスコットランドの北を越えて東に進み、 北海の浅い海域になだれ込むことがある。押し寄せる高潮はロート状の北海に流れ込み、 北海は英仏海峡やテムズ川の河口に向かって狭くなっているのである。 嵐の高潮が大潮 (spring tide) と一致すると、テムズ川の河口は危機的な水位となる。

危険は年々増大し、 これは何世紀にもわたる遅々とはしているが連続的な海水面の上昇 (1 世紀あたり 20 cm (8 インチ)) と氷河融解に伴う地殻上昇 (post-glacial reboud) が原因となって英国がゆっくり傾くことによっている。 (1 世紀あたり、5 cm (2 インチ) まで、英国の北と西では上昇し、南と東では下降する。)

1928 年のテムズ川の氾濫では 14 名の人が亡くなった。 1953 年の北海氾濫で英国で 300 名の人が亡くなって、 問題は新たに顕著になった。 初期の氾濫制御システムの提案は ロンドンのドックからの船舶が通過できるための大きな開口部の必要性により窮地に陥った。 コンテナーが古い船積みに取って代わり、 ティルベリー港 【訳注:テムズ・バリアの下流にある】 が拡張されると、 より小さなバリアが利用可能となり、 航行用の 4 つの主な開口部が各々タワー・ブリッジの開口部と同じであればよくなった。

歴史
デザインと建設

回転ゲートの構想は (レジナルド) チャールズ・ドレイパー ((Reginald) Charles Draper) により考案された。 1950 年代に、ロンドンのウッド・グリーン (Wood Green) のペラット・グローブ (Pellatt Grove) の彼の両親の家で 動作するモデルを建造した。 斬新な回転するシリンダーは家庭の小さな器具に基づくもので、 この器具とは第二次大戦後の英国の家庭で見出された真鍮製のガス栓であった。 バリアはレンデル (Rendel), パーマー (Palmer) とトリットン (Tritton) によって大ロンドン議会のためにデザインされ、 油圧研究所 (Hydraulics Research Station) でテストされた。 (設置場所として) ニュー・チャールトン (New Charlton) の場所が選ばれたのは、 堤防が比較的まっすぐで、川の下にある石灰層が十分に強固でバリアーを支えることができたからである。 工事は 1974 年に開始し、 建設は コステイン/ BAM グループ/ターマック建設 (Costain/Hollandsche Beton Maatschappij/Tarmac Construction) の共同事業体が請け負い、 1982 年にはほぼ完成した。 バリアのゲートは ティーズ川にあるデンツ波止場 (Dent's Wharf) の クリーブランド橋梁会社 (Cleveland Bridge UK Ltd) により製造された。

開放 閉鎖中 閉鎖
図はゲートが動作する仕組みを示す。実際はゲートは図よりも、
持ち上がり、下から少しずつ水を流して水位を調節できる。

バリアに付け加え、 下流の 11 マイルの氾濫防御 (の堤防など) が高くされ、強化された。 バリアの公的な開通式は 1984 年の 5 月 8 日にエリザベス女王 2 世が挙行した。 全建設費はおよそ £5.34 億 (2001 年の価格では £13 億) で、 川の防御のために追加の £1 億が必要であった。

訳注
「11 マイルの氾濫防御」には補助のバリアが含まれてます。これは後でわかる。

バリアは 520 メートル (570 ヤード) 幅の川の区間に建設され、 4 つの 61 メートル (200 フィート) 幅の航行用の開口部と 2 つのおよそ 30 メートル (100 フィート) 幅の航行用の開口部に分割している。 9 基のコンクリートの桟橋と (川の両側の) 受けの間には 4 つのより小さな航行可能でない開口部もある。 開口部にまたがる氾濫ゲートの断面は円の一部分で、 回転することによって操作し、持ち上げて下から少しずつ水を流して上流の水位を調節することができ、 (ゲートの) 保守のために完全に 180 度回転することもできる。 すべてのゲートは中空で 40 ミリ (1.6 インチ) の厚さの鋼で構成されている。 ゲートは沈んでいるときには水で満たされ、川から出ると空になる。 4 つの大きな中央ゲートは 20.1 メートル (66 フィート) の高さで、重さは 3,700 トンである。 川の堤防のそばにある 4 つのラジアル・ゲートもおよそ 30 メートル (100 フィート) の長さで、 下におろすことができる。 これらのゲートの開口部は、6 基のメイン・ゲートと違い航行可能でない。

訳注
上で述べていることは衛星写真を見ると、理解しやすくなります。
Google map: テムズ・バリア (衛星写真)
操作のための予報

氾濫防御のテムズ・バリアが閉鎖するのは、 北海における高潮予報と潮汐限界のテディントン堰における川の水位から、 ロンドン中央において水位が 4.87 メートル (16.0 フィート) を越えることが予測される場合である。 テディントンは通常の潮汐限界であるが、 水位が高い時には潮汐の影響は上流のイースト・モールシー (East Molesey) にも至り、 ここはテムズ川の 2 番目の水門のある場所である。 テムズ川の河口における海面の水位レベルは英国気象庁 (Met Office) のコンピュータによって予測され、 テムズ・バリア自身の予測用の遠隔測定コンピューター・システムで作動するモデルによっても予測されている。 高潮がバリアに到達するおよそ 9 時間前に、 氾濫防御が川の航行停止メッセージで開始し、補助のゲートを閉鎖し、川の他の使用者に注意を喚起する。 テムズ・バリアはもとよりのこと、 テムズ川潮汐水路沿いの、より小さなゲート -- バーキング・バリア (Barking Barrier), ジョージ 5 世水門ゲート (King George V Lock gate), ダートフォード・バリア (Dartford Barrier), ティルベリー・ドックス (Tlibury Docks) とキャンベイ・アイランド (Canvey Island) のゲート -- が閉鎖されなければならない。 一旦、河川航行が停止し、すべての補助のゲートが閉鎖されると、テムズ・バリア自身も閉鎖できる。 最初により小さなゲートが閉鎖され、航行用のメイン・ゲートがそれに続く。 バリアの下流の潮が上流の水位まで下がるまでゲートは閉鎖されたままになる。

訳注
Google map: バーキング・バリア ジョージ 5 世水門 ダートフォード・バリア (Dartford Creek Barrier)、 ティルベリー・ドックス キャンベイ・アイランドのゲート (Benfleet Flood Barrier)

ロンドンの西で強い雨が降った後に洪水がロンドン上流のテムズ川から押し寄せることがある。 テムズ川はテディントン堰からロンドンを通り抜けるまでは潮の影響を受け、 洪水は高潮の時のみ問題となる。高潮は洪水が海に流れることを妨げるからである。 テディントンから、川は河口に開放され,干潮には下流に流れる水量が増える。 もしも上流で洪水が起きれば、干潮のすぐあとにゲートを閉鎖すれば、 バリアの上流に巨大な空白の余地が形成され、 これはテディントン堰から流出する洪水を保存する貯水池となる。 テムズ川の洪水の大半は、高潮周期の数時間にはこの空白の余地を満水にすることがなく、 この間バリアを閉鎖する必要がある。 もしもバリアがなければ高潮がこの空白の余地を埋め、洪水がロンドンの堤防を越えて流れ出すことになる。 2009 年に至るまで、バリア閉鎖のおよそ 3 分の 1 は川の洪水を軽減するためであった。


バリア、通常の操業時に北岸のシルバータウンから南のニュー・チャールトンの方を見る
バリアの閉鎖と事故

2014 年 7 月までのバリアの全歴史で、 174 回の氾濫防御の閉鎖があった。 どの場合にもテムズ・バリアを閉鎖するには £16,000 の経費 (2008 年) がかかる。 バリアは 2007 年 11 月 9 日に 2 度閉鎖され、 これは北海で嵐の高潮が起きたためで、1953 年のものと比較できる。 嵐の高潮からの主な氾濫の危険はテムズ・バリアの北の海岸にあり、 この時は住民が避難したが、風が少し和らぎ、テムズ・バリアでは 2007 年 11 月 9 日の嵐の高潮は 完全には高潮と同時ではなかった。

1989 年 8 月 20 日に、マーショネス (Marchioness, 【訳注:船の名前】) の沈没の時に、 バリアは大潮に備え、16 時間閉鎖し、 ダイバーとサルベージ作業の支援をした。

1997 年 10 月 27 日に、 バリアが損傷した。この時、浚渫船の MV サンド・カイト (MV Sand Kite) は濃霧の中で操業し、テムズ・バリアの桟橋に衝突したのであった。 船が沈みかけると、3300 トンの骨材の積荷が投げ出され、 遂にバリアのゲートの 1 つの先端で舳先から沈没し、 ここで数日間横たわっていた。 当初はゲートを閉鎖することができなかった。砂利の厚い層で覆われたからであった。 長期にわたる問題はゲートの平らな側面のペンキがすりむけたことであった。 もしも洪水が起きた場合には、その損害はおよそ £130 億と見積もられた。 船は 1997 年 11 月の中頃に浮かび上げられた。

訳注
MV = motor vessel = 発動機船

2012 年の年 1 回の完全閉鎖テストは 6 月 3 日に予定され、 エリザベス女王 2 世の即位 60 周年を祝賀するテムズ川の船舶ページェント (行列) と一致するように予定された。 氾濫危機マネージャーのアンディー・バチェラー (Andy Batchelor) は次のように述べている: ページェントにより、 「通常可能である時間よりは、より長時間バリアのテストをする類のない機会」 が環境庁に与えられ、 その結果生じたロンドン中央のより安定した潮の状態により、 船舶が (ページェントに) 参加する助けになった。

バリアには 15 回のボートの衝突があったが深刻な被害はなかった。

シーズン
(9月 - 4月)
潮による
氾濫
川による
氾濫
1982–83 1 0 1
1983–84 0 0 0
1984–85 0 0 0
1985–86 0 1 1
1986–87 1 0 1
1987–88 0 0 0
1988–89 1 0 1
1989–90 1 3 4
1990–91 2 0 2
1991–92 0 0 0
1992–93 4 0 4
1993–94 3 4 7
1994–95 2 2 4
1995–96 4 0 4
1996–97 1 0 1
1997–98 1 0 1
1998–99 2 0 2
1999–00 3 3 6
2000–01 16 8 24
2001–02 3 1 4
2002–03 8 12 20
2003–04 1 0 1
2004–05 4 0 4
2005–06 3 0 3
2006–07 8 0 8
2007–08 6 0 6
2008–09 1 4 5
2009–10 2 3 5
2010–11 0 0 0
2011–12 0 0 0
2012–13 0 5 5
2013–14
(2014 年 7 月まで)
9 41 50
所有者と操業機関

バリアは元々レイ・ホーナー (Ray Horner) の指導の下で大ロンドン議会により委任された。 1986 年に大ロンドン議会が廃止された後は、 バリアを操業したのは順番に: テムズ・ウォーター・オーソリティ (テムズ川水公社、Thames Water Authority)、 ナショナル・リバーズ・オーソリティ (国内河川公社、National Rivers Authority)、 そして 1996 年 4 月には環境庁に移管した。

未来

バリアは元々、100 年に 1 度起きると想定される非常に高い潮位に対して、 2030 年までロンドンを保護するためにデザインされ、 その後は保護能力は減少するが、 許容できる範囲内にとどまることになるだろうとされていた。 建設時には年間に 2, 3 回使用されると予想されていたが、 今では年間 6, 7 回使用されている。

防御レベルは長期間の海面と地表の標高の変化に依存し、 (バリアは) これが考察された時 (1970 年頃) に理解されていたものに基づいている。 地球温暖化とその結果起きる海面上昇率の予期される増大にもかかわらず、 最近の分析でバリアの動作寿命は 2060 年 - 2070 年ぐらいに延長された。 1982 年から 2007 年の 3 月 19 日までに、氾濫防止のためにバリアは 100 回持ち上げられた。 バリアは 1 ヶ月に 1 度テストのためにも持ち上げられ、 年に 1 度高潮時に完全テストのために閉鎖される。

2005 年に公開された 4 つの大学による研究には、テムズ・バリアを交換する提案が含まれ、 ケント州シェアネス (Sheerness) からエセックス州サウスエンド (Southend) に至るテムズ河口を横断するもっと野心的な 16 km (10 マイル) の長さのバリアで交換するものであった。

2011 年の 11 月には、 更に下流のロウアー・ホープ (Lower Hope) でエセックス州イースト・ティルベリー (East Tilbury) からケント州クリフ (Cliffe) に至る新しいテムズ・バリアが提案され、 テムズ川ハブ統合化インフラ構想の一環として提案された。 バリアは水力タービンを組み込み、再生可能なエネルギーを生成し、 道路トンネルと鉄道トンネルを含み、 エセックスからアイル・オブ・グレイン (Isle of Grain) の新しいハブ空港に至る接続を提供するものであった。 2013 年の 1 月に、テムズ・バリア・プロジェクト管理チームの以前のメンバーの 1 人である Dr. Richard Bloore がタイムズ紙に 1 通の書簡をしたため、その中で次のように述べている: 氾濫バリアは増加した嵐や海面上昇のことを考えてデザインされておらず、 新しいバリアをすぐにも研究すべきであると呼びかけた。 環境庁はこれに返答し次のように述べた: 2070 年より前にテムズ・バリアを交換する計画はない。 というのはテムズ・バリアは 2030 年に至るまで年間 8 mm の海面上昇を想定してデザインされているが、 この上昇率は建設されて以来実際に起きたわけではなく、 テムズ・バリアはデザインされた寿命のおよそ半分程度が経過しているだけである。 バリアは 1982 年に完成し、2030 年及びそれ以後もロンドンを氾濫から守るようにデザインされている。 バリアが提供する保護の標準は 2030 年から徐々に減少するが、2030 年には 1000 年に 1 度の災害に対応している。 環境庁は環境変化の下で、可能なデザイン寿命を調査しており、 暫定的な結論では、適切な変更をすれば、テムズ・バリアは海面上昇に対して少なくとも 2070 年までは ロンドンを保護し続けることができるであろうとした。

訳注
ロウアー・ホープ (Lower Hope) とはティルベリーとクリフの間のテムズ川の区間のこと。 テムズ川を航行するときには重要な場所らしい。
ポピュラー・カルチャーにおいて
ギャラリー
ゲートの 1 つ。下から水を放出 テムズ・バリア桟橋 6 保守作業中のゲート
保守作業の近接撮影 桟橋の近接撮影 テムズ・バリアの桟橋間の地下トンネル