ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Piston pump - Wikipedia
ピストン・ポンプ (Piston pump)

ピストン・ポンプは容量ポンプ (positive displacement pump) の一型式で高圧密封がピストンと共に往復する。 ピストン・ポンプは液体を移動したり、ガスを圧縮するのに使用できる。 最初のピストン・ポンプは (サイフォンと呼ばれ) クテシビオス (Ctesibius) により発明された。


ピストン・ポンプとウランジャー・ポンプの違い
訳注
ピストン・ポンプとプランジャー・ポンプはほぼ同じようなものですが、 プランジャー・ポンプは 70 - 2070 bar (1000 - 30,000 psi) で使用され、 ピストン・ポンプはそれ以下で使用される。
  1. 型式
型式

ピストン・ポンプの主な 2 つの型式はリフト・ポンプ (lift pump) とフォース・ポンプ (force pump) である。 どちらの形式も手動でもエンジンでも操作できる。

リフト・ポンプ フォース・ポンプ
訳注
フォース・ポンプの挿絵では、ピストンのことをプランジャーと呼んでいます。 この場合にはプランジャーは分厚いピストンの意味と思われ、押すときの力の補助にしているようです。
リフト・ポンプ

リフト・ポンプではピストンの上方ストロークがバルブを通して、シリンダーの下部に水を引き入れる。 下方ストロークでは水はピストンに設置されたバルブを通り抜け、シリンダーの上部に移動する。 次の上方ストロークで、水はシリンダーの上部の噴出口 (spout) から排出される。

フォース・ポンプ

フォース・ポンプではピストンの上方ストロークがバルブを通して、シリンダー内に水を引き入れる。 下方ストロークで水は放水パイプ (outlet pipe) に排出される。これはリフト・ポンプと同じ応用がある。

その他