ページの最終校正年月日 :

以下は

Benjamin Huntsman - Wikipedia

の翻訳です。

ベンジャミン・ハンツマン
(Benjamin Huntsman)

ベンジャミン・ハンツマン (1704 年 6 月 4 日 - 1776 年 6 月 20 日) は英国の「鋳造鋼」ないしは「るつぼ鋼」の発明者であり、製造者であった。


ハンツマンを讃える像

訳注

上の写真は、「るつぼ」の溶融した鋼を型に流し込んでいる時の状況と思われ、 「るつぼ」がどのようなものであったのかがわかります。 るつぼ鋼の写真にも「アビーデール産業村」の「るつぼ」の写真が掲載されています。
伝記

彼は リンカーンシャー (Lincolnshire) のエプワース[1] (Epworth) のクエーカー教徒の農夫の第3男として生まれた。 彼の両親はドイツ人で、彼が生まれる前のわずか数年前に移民してきた。

彼は ドンカスター (Doncaster) の時計、鍵、道具の製造業で事業を始めた。 名声の理由から、彼は実験的な方法で手術をすることも可能となり、 眼科医としても相談を受けた。

ハンツマンは、最初はドンカスターで鋼製造の実験をした。 次に シェフィールドの近くのハンズワース[2]に移住した。 まもなく、多くの実験の結果、 ハンツマンは粘土のポットあるいは「るつぼ」で満足すべき鋼を製造でき、 各々の「るつぼ」では 34 ポンドの気泡鋼を処理した。 フラックスが加えられ、ふたをして、およそ 3 時間の間 コークスで加熱した。 溶けた鋼は型に流し込まれ、「るつぼ」は再利用された。 シェフィールドの刃物製造業者は、作業に慣れていたドイツ製の鋼よりも硬かったため 買うことを拒否した。 長い間、ハンツマンは全ての製品をフランスに輸出した。

ハンツマンの鋳造鋼から作られたフランス製の刃物類が輸入されて (市場で) 競合し始めると シェフィールドの刃物製造業者は危急に直面することになり、 英国政府に鋼の輸出を禁止するように要望するが効果がなく、 自己防衛のためにハンツマンの鋼を使用することを余儀なくされた。 ハンツマンは彼の工程の特許を取っておらず、 その秘密はシェフィールドのウォーカー (Walker) という名の鉄の製造業者に 暴かれてしまいました。 通俗的な話によれば、彼は飢えた乞食の姿で、一晩火のそばで眠らせて欲しいと頼み、 ハンツマンの仕事場に入ることができたそうです。

ベンジャミン・ハンツマンは 1770 年に自分の事業をアッタークリフ[3]に移し、 そこで更に 6 年の間、栄えることになった。 ベンジャミン・ハンツマンは 1776 年に亡くなり、事業は子息であるウィリアム・ハンツマン (1733 - 1809) に引き継がれた。

「シェフィールド北総合病院」 (Sheffield Northen General Hospital) では、もとからある主要な建物の 一つに彼の名前が付けられている。 市の中心部にあるウェザースプーンズ・パブ[4] (Wetherspoons pub) の支店は「ベンジャミン・ハンツマン」の名前が付けられている。


訳注

  1. エプスワース (Epworth) の Google マップ
  2. ハンズワース (Handsworth) の Google マップ (ハンズワース自身の地名は見えませんが、ハンズワース・ヒルの地名が見えます。)
  3. アッタークリフ (Attercliffe) の Goole マップ (拡大しないとアッタークリフの地名が見えません、緑の目印の下です)
  4. ウェザースプーンズ・パブは英国のパブのチェーン店。 「ベンジャミン・ハンツマン」(Benjamin Huntsman) の Google マップ (中央あたりに英字で表記されています。)