ページの最終校正年月日 :

以下は

Wilsontown Ironworks - Wikipedia

の訳です。原文も非常に短く、数行しかありません。

ウィルソンタウンの鉄工場 (Wilsontown Ironworks)

ウィルソンタウンの廃墟はスコットランドのフォース (Forth) 村の近くにあり、 グラスゴーの南東およそ 23 マイルの地点にある。 工場は 1779 年に 3 人のウィルソン兄弟によって設立され、1842 年まで操業した。 工場には 2 つの高炉があり、 1790 年にはフォージが追加された。 後にローラー細断機 (a rolling and slitting mill) が追加され、 フォージをするための追加のハンマーも設置された。 これにより、工場の製造能力が増大し、 1 週間に 40 トンの鉄を製造できるようになった。 最盛期には工場は 2000 人を雇用した。 工場には敷地からカレドニア鉄道 (カレドニアン鉄道、Caledonian Railway) のアウケングレイ (Auchengray) 駅に 至る支線があった。

ジェームス・ボーモント・ニールソン (James Beaumont Nielson) が高炉[爆風炉]における熱爆風 (hot blast) の方式を 開発したのはウィルソンタウンの鉄工場であった。

建築物は閉鎖後取り払われたが、敷地の一般的なレイアウトはいまだに識別することができ、 歴史遺産の小道が作られた。敷地の中心部分は法律で保護されている。 1968 年には「古代モニュメント一欄」(Scheduled Ancient Monument) に制定された。 2007 年にはスコットランド森林委員会 (Forestry Commission Scotland) は ウィルソンタウンの鉄工場の歴史遺産に関しての意識向上を図るため計画を打ち上げた。


訳注

  1. Auchengray の ch の読み方は k です。これは
    Scots Tongue (スコットランドの方言)
    を参考にしました。またこれによると Auch- は field を意味するとのことです。
  2. 「古代モニュメント一覧」 (scheduled ancient monument) とは
    Ancient Monuments and Archaeological Areas Act 1979
    (1979 年の古代モニュメントと考古遺跡に関しての法律) (これは法律の名称です)
    で定められたものです。ここでは『scheduled ancient monumument とそれ以外の monument』が対象となり、 モニュメント (monument) には遺跡、建造物、船舶、航空機などが含まれ、 日本の文化財よりは対象が広範囲と思われます。 損傷を与えれば犯罪となる点は同じです。 イングリッシュ・ヘリテッジでは『scheduled ancient monument』を 「指定遺跡」と訳しています。ひょっとして都合が悪いことが あるかもしれないので、この表記を使用しませんでした。 英国には日本の文化財に相当するものとして 「古代モニュメント一覧」以外に Listed Building があり、 イングリッシュ・ヘリテッジ では「指定建造物」と訳している。こちらの表記はこれで問題ないと思います。 なお、「古代モニュメント一覧」、「指定建造物」の いずれもスコットランドでは別組織が、別の判断基準で指定しているようです。
訳注: ウィルソンタウンの位置

Forth のスコットランドにおける位置は次の最初の図に表示されています。 これは Forth, South Lanarkshire - Wikipedia の図です。2 つめの図は Google の地図です。真ん中あたりに フォース (Forth) の文字が見えるはずです。


大きな地図で見る

Forth を表示しているときに、グーグルマップで Wilsontown を検索すると、 近くの場所が指定されます。地図には記載がないのですが、Wilsontown の位置は一応 確認できます。

英語版の Wikipedia の「ウィルソンタウンの鉄工場」(ウィルソンタウン アイアンワークス) に鉄工場の 座標が載っていることに気が付きました。Google マップで産業遺跡の航空写真を見ることができます。


大きな地図で見る