ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Fleisch Bridge - Wikipedia

フライッシュ橋: Google map フォト・スフィア

フライシュ橋 (Fleisch Bridge)

フライシュ橋 (独語:Fleischbrücke (肉屋の橋)) はペーグニッツ橋 (Pegnitz Bridge; 独語 Pegnitzbrücke) とも呼ばれ、ドイツ、ニュルンベルク (Nuremberg) のルネッサンス後期の橋である。 古い街の中央にあるペーグニッツ川に橋がかかり、主要市場の軸に沿って聖ゼバルド (St. Sebald) 地区と 聖ローレンツ (St. Lorenz) 地区を接続している。 単独アーチ橋は 1596 年から 1598 年にかけて建設され、 石と木材からなる、より初期の混合建築 (の橋) に取って代わった。 古い橋は何度も洪水で破壊されていた。


フライシュ橋、横から

フライシュ橋は幾つかの技術的造作により、注目すべきで、当時としては先進的なものであった。 このような造作には異常に広い 15.3 m の幅と、27 m のスパンがあり、 これにより建設時点ではドイツで最も広い石造りの橋となった。 (アーチの) 高さが 4.2 m しかないので、 [スパン:高さ] 比率が 6.4:1 となり、 ほとんど前例を見ない平坦な輪郭を橋に与えた。 しかしながら、これは横方向に強く押し出す力が伴う代償があった。 これは円弧アーチ橋としても更に大きな力であった。 この問題はとりわけ革新的な迫持台の建設により解決され、 迫持台は 2000 本の木の杭の上に建設され、このうち 400 本の杭が斜めに地面に打ち込まれていた。 極めて良く似た迫持台の配置が これより少し前にリアルト橋で実装されており、ヴェネツィアからの技術移転が憶測された。 ヴェネツィアはニュルンベルクと密接な交易上の接続を分かち合っていた。 しかしながら最近の突っ込んだ調査から 2 つの橋の技術的な相違点から、 フライシュ橋の独創性が強調された。


1915 年の絵葉書

フライシュ橋は 1599 年にポータル (入口の門、portal) が追加されて以来、実質変化がなく、 第 2 次世界大戦でもほとんど無傷のまま生き延びた。 入口のラテン語の銘文は次のように書かれている:

Omnia habent ortus suaque in crementa sed ecce quem cernis nunquam bos fuit hic Vitulus.
すべてのものは始まりがあり成長する。 しかしあなたが今見ている雄牛は子牛であった時がない。
訳注
少し説明不足ではないかと思います。上の文章から橋を雄牛に例えていることがわかりますが、 ポータルの上には雄牛が座っている像があります。
Google map: ユーザーがアップロードした写真
うまく、表示されない場合には再読み込みして、センター・ホイールでズームしてみてください。 雄牛が見えるはずです。
訳注:木材の腐敗に関して

ヨーロッパの建築物には、木材のパイル (pile, 杭) を基礎構造にすることが時々あります。 英語版のウィキペディアの Deep foundation から抜粋をします。

木材パイルに関して主に配慮する点は地下水のレベルより上では腐敗から保護すべき点である。 木材は地下水のレベルより下では長期間持続する。 木材が腐敗するには 2 つの要素が必要である:水と酸素である。 地下水のレベルより下では、水がいくらあっても溶存酸素 (dissolved oxygen) がない。 そのため、木材は地下水のレベルよりも下では長期間持続する傾向がある。 1648 年にアムステルダムの王宮 (Royal Palace of Amsterdam) は 13659 本の木材パイル (杭、pile) を使用して建設され、今日でもまだ健在である。 というのはパイルが地下水のレベルよりも下にあるからである。 地下水のレベルよりも上で使用する木材は 圧力処理をした色々な木材保護 (ACD (alkaline copper quaternary), CCA (chromated copper arsenate, クレオソート等)  によって腐敗と昆虫から保護することができる。

地下水のレベルよりも下では木材が腐食しにくいことをヨーロッパ人は知っていたと思われます。