ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Karamagara Bridge - Wikipedia

カラマーラ橋のあった場所: Google map、 (この橋はダムの建設で水没してしまい、現在では見ることができません)

カラマーラ橋 (Karamagara Bridge)

カラマーラ橋 (トルコ語:Karamağara Köprüsü、黒い洞窟の橋) は ビザンティン時代ないしは後期ローマ時代の橋で、 東トルコの カッパドキアの古代地域にあり、 恐らく知られている限りでは最も古い尖りアーチ橋 (pointed arch bridge) である。

カラマーラ橋 場所
  1. 位置と状態
  2. 尖りアーチ
位置と状態

17 m の単独アーチが ユーフラテス川の支流である Arapgir Çayı 川 の岩だらけの峡谷の崖の間にかかっていた。 橋は Arapgir Çayı 峡谷の多くと共に 1975 年の ケバンダム (Keban dam) の建設以来、水没した。 ダムの建設の結果、 ユーフラテス川の峡谷とその上流の幾つかの支流の水位が劇的に上昇した。

橋は メリテネ (Melitene) に至るローマの道路に属していた。 道路は川の両側の橋に近い所では岩に掘り込まれていた。 橋の名前のカラマーラ (Karamağara、黒い洞窟) は恐らく (川の) 南側に人工的に広げられた洞窟に由来し、 この洞窟は橋の上 75 m で黒い岩に掘り込まれており、横断点の防御の役割をしていた。 橋は極めて頻繁に初期のヨーロッパの旅行者に言及されていた。

この地域の他のモニュメントと同様に、 この橋も水没前に、 アンカラの 中東工科大学により調査された。 もっと下流のバハディン (Bahadin) 村の今は水没したローマの橋の遺跡はもっと古い横断点であったかもしれない。

尖りアーチ

尖りアーチは迫石の間に漆喰を使わずに建設されていた。 橋の東の下流側にほとんど無傷のギリシャ語の碑文がほゞ全長にわたって彫り込まれ、 聖書の讃美歌 121 の 8 節をほとんどそのまま引用している。

Κύριος ὁ Θεὸς φυλ[ά]ξει τὴν εἰσοδ[όν] σου κε τὴν ἐ[ξ]οδόν σου ἀπὸ τοῦ νῦν καὶ ἔως τοῦ αἰῶνος, ἀμὴ[ν], ἀμ[ὴν], ἀ[μὴν].
Kýrios ho Theós phyláxei tēn eisodón sou ke tēn exodón sou apó tou nyn kai héōs tou aiṓnos, amḗn, amḗn, amḗn
神は我々が入ることと、あなたが出ることを今から永遠に守っている。アーメン、アーメン、アーメン。

ギリシャ文字の古文書学解析 (paleographic analysis) から橋が建設されたのは 5 世紀ないしは 6 世紀であることがわかった。 ローマの橋の多くが半円アーチ、もしくはそれほど多くはないが円弧アーチであり、 カラマール橋は尖りアーチを使用した珍しい初期の実例である。 これは単に古代末期におけるのみならず、建築全体においてもこうである。 他のローマ末期、および サーサーン朝の実例 -- 大半はシリア、メソポタミアの初期の教会の建物に証拠がある -- と共に、この橋が近東の建築における尖りアーチがイスラム教以前に起源があることを示している。 近東を征服したイスラム教徒はそれに続いて近東の建設方法を採用した