ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Pont du Diable (Céret) - Wikipedia

ポン・デュ・ディアブル (悪魔の橋): Google map ストリート・ビュー (悪魔の橋と呼ばれる橋はたくさんある。

ポン・デュ・ディアブル (セレ)
(Pont du Diable (Céret))

ポン・デュ・ディアブル (英語:Devil's bridge、悪魔の橋) は ポン・ヴィユ (Pont View, 英語:Old bridge、古い橋) とも呼ばれ、フランス、セレの石造のアーチ橋である。 この橋はテッシュ川 (river Tech) にかかり、 45.45 m (149.1 フィート)の印象的な単独アーチである。 その頂点は 22.3 m (73 フィート) の高さである。

  1. 歴史
  2. 伝説
  3. 芸術において
  4. ギャラリー
歴史

建設時には、この橋は世界で最大のアーチ橋となり、 この時まで世界記録を持っていたマッダレーナ橋 (Ponte della Maddalena) よりも大きくなった。 1356 年に至るまで最大であったが、 ヴェローナ (イタリア) のカステルヴェッキオ橋が新しい最大の橋となった。 橋は 第一次対仏同盟の戦争 (1792 年 - 1794 年) の最中に被害を被り、 仏の将軍リュク・シメオン・オグスト・ダゴベール (Luc Siméon Auguste Dagobert) は橋を爆破して、スペイン軍がカタルーニャに帰還することを阻止しようとした。 橋は代表の Joseph Cassanyes の行動により、破壊直前に救われ、後に復元された。

伝説

地元の人は川を横断する橋が欲しかった。 そこで端を作ってくれるように悪魔に頼んだ。 悪魔は (橋を作ることに) 同意したが、 最初に橋を渡る人の魂を要求した。 橋が一旦完成すると、地元の人は悪魔の魂の要求に対して猫を渡らせた。 そのあとで、何年もの間、もしものことに備え、誰も橋を横断しなかった。 -- これはフランスの悪魔の橋に共通した伝説である。

芸術において
ギャラリー
ポン・デュ・ディアブル (1830 年) ポン・デュ・ディアブル (1853 年) 橋を歩いて渡る。