ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Wylam Railway Bridge - Wikipedia

ウィラム鉄道橋: Google map ユーザーの写真、その 1 ユーザーの写真、その 2 ユーザーの写真、その 3

ウィラム鉄道橋 (Wylam Railway Bridge)

ウィラム鉄道橋は地元では次のようにも呼ばれている; ポインツ橋 (Points Bridge)、 半月橋 (Half-moon Bridge)、 ハッグ・バンク橋 (Hagg Bank Bridge)、 鳥かご橋 (Bird Cage Bridge) あるいは ブリキ橋 (Tin Bridge)。 この橋は歩道橋、元の鉄道橋であり、 ハッグ・バンク (Hagg Bank) でタイン川を横断している。 この場所はイングランド、 ノーサンバーランドのウィラムの西およそ 0.5 マイル (0.80 km) にある。

ウィラム鉄道橋 ノーサンバーランド
における位置
歴史

元々この橋が建設されたのは、 スコッツウッド・ニューバーン・ウィラム鉄道 (Scotswood, Newburn and Wylam Railway) がニューキャッスル・カーライル鉄道の支線であるノース・ウィラム・ループ (North Wylam Loop) を建設した時である。

幾つかの組織が橋の建設にかかわった; W. G. ローズ (W. G. Laws) が橋の工事をし、 ニューキャッスル・アポン・タインの W. E. ジャクソン社 (W. E. Jackson & Co.) が橋の基礎と石工事を担当し、 ゲーツヘッドのホークス・Crayshay 社 (Hawks, Crayshay & Co.) が鉄製品を製造した。 橋の建設費は £16,000 で、1876 年 10 月 6 日に開通した。

橋の鉄道事業は 1968 年に終了し、 この時 ビーチング・アックスにより路線が閉鎖された。 軌道は 1972 年に取り除かれ、橋はその後、 ウィラムとロー・プルードホー (Low Prudhoe) にあるタイン川沿いのカウンティ・パークを接続する歩道橋と自転車道に転換された。

デザイン

橋のデザインが登場したのは川床に橋脚建設することを避ける必要があったからで、 橋脚はこの下の浅い鉱山の採掘場所を崩壊さることになったからである。 ウィラム鉄道橋は後のニューキャッスルの近くのタイン橋とオーストラリアのシドニー・ハーバー・ブリッジのモデルであったと思われている。

ウィラム鉄道橋は世界で最も古い通り抜けアーチ橋の 1 つである。