ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Christopher Blackett - Wikipedia
クリストファー・ブラケット
(Christopher Blackett)

クリストファー・ブラケット (1751 年 - 1829 年 1 月 25 日) は ウィラム (Wylam) のノーサンバーランド炭坑を所有しており、 そこでパッフィング・ビリーが建造され、 これが最初の粘着式蒸気機関車となった。 ブラケットは 1803 年に「グローブ」新聞を創設し、その所有者でもあった。


クリストファー・ブラケットの肖像画
  1. 生涯
  2. 重要性
生涯

ブラケットはウィラムのブラケット家の一員として生まれ、 ジョン・ブラケットの 2 度目の結婚の長男であった。 ジョン・ブラケットはノーサンバーランド州長官で、 彼の家族は (サー・ウィリアム・ブラケットの兄である) クリストファー・ブラケットと (父親のただ一人の相続人である) アリス・フェンウィックの子孫である。 1659 年に石炭が豊富なウィラムの荘園が相続により、フェンウィック家から クリストファー・ブラケット (この記事の主題のご先祖) に引き継がれた。 1748 年頃にウィラムのワゴンウェイがジョン・ブラケットにより建設された。 これにより、石炭がウィラム炭坑から 5 マイル輸送されてタイン川沿いのレミントン (Lemington) の複数のステイス (石炭積み出し用桟橋、saithe) に至っていた、

この記事のクリストファー・ブラケットは 1800 年にウィラム荘園の統治権とその炭坑を相続した。 これに先立って、彼はニューキャッスルの郵便局長で、北ペナイン山脈の ブラケット・ビューモント鉛鉱山 (Bracket-Beaumont Lead Mines) の代理人であった。

1804 年にクリストファー・ブラケットはリチャード・トレビシックに機関車を注文した。 クリストファー・ブラケットはロンドンでグローブ新聞を所有しており、 彼はこれを 1803 年に創設していた。 ノーマン・ヒル (Norman Hill) が示唆することによれば、これが彼がトレビシックと遭遇した理由である。 ブラケットがトレビシックに委任したエンジンは 1804 年では相当な額であったことであろう。 機関車はゲーツヘッドのパイプウェルのジョン・ウィンフィールドによって製造された。 残念なことに、機関車はワゴンウェイの木製のレールには重すぎることが判明し、 ウィンフィールドとブラックウェルは投げ落とされた。

そこでブラックウェルはワゴンウェイを鋳鉄のプレート・レールで敷き直すように指示した。 これが実施され、1808 年にブラックウェルはトレビシックにもう一台の機関車を注文したが、 トレビシックにそっけなく「仕事をやめた」と断られた。 次いで、ブラックウェルは視察者 (viewer, マネージャー) のウィリアム・ヘドリー (William Hedley) に、鍛冶屋長のティモシー・ハックワース (Timothy Hackworth) に手伝わせて、 別の機関車を作るように指示した。 幾つかの実験のあとで、 パッフィング・ビリーウィラム・ディリーが 1813 年 - 1814 年に建造され、 ウィラムからレミントンまで石炭貨車を牽引した。 クリストファー・ブラケットの子息で後継者であるクリストファー・ブラケットと 彼の子息であるジョン・フレデリック・バーゴイン・ブラケット (John Frederik Burgoyne Blackett) はどちらも国会議員になった。 彼の最年少の子息であるジョン・アレクサンダー・ブラケット師 (1803 年 - 1865 年) は 1855 年に妻の叔父のウィリアム・オード (William Ord) から、ノーサンバーランドのホワイトフィールドの地所を相続し、 苗字をブラケット=オードに変更した。

重要性

フィリップ・ブルック (Philip Brook) のような出版物を使用すれば、 英国の蒸気機関車の発展におけるクリストファー・ブラケットの重要性の結論は次の点にある: 彼は技術者ではなく、蒸気機関車技術の基礎そのものに喜んで投資した事業家であることで、 しかも一度ならずも二度もしたのである。 従って、ノーマン・ヒル (Norman Hill) が書くように 「蒸気機関車の導入におけるクリストファー・ブラケットの立場は悲しいことに見過ごされてきた」。 ブルックス (Brooks) はクリストファーのことを次のように書いている。 「彼は機関車の開発を奨励する助けになり、 彼の粘り強さがなければ、重要な実験は決して実施されることがなかったであろう」。 こうなることは恐らくあり得ることであったが、 重要な点はこれがブラケットの保護のもとに実際にウィラムで成功裏に起きたことである。