ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Wylam Dilly - Wikipedia
ウィラム・ディリー (Wylam Dilly)

ウィラム・ディリーは (世界で) 最も古い 2 台の機関車のうちの 1 台である。 これは 1815 年頃に、ウィリアム・ヘドリーとティモシー・ハックワースによって ウィラム炭坑の所有者であるクリストファー・ブラケットのために建造された。 ウィラム・ディリーは元々ウィラム・ワゴンウェイ用にデザインされ、 そこで石炭を輸送するために使用された。 4 つの駆動輪は一連の平歯車に接続され、平歯車は中央のクランク軸に接続されている。 類似の蒸気機関車のパッフィング・ビリーはロンドンのサイエンス・ミュージアムにある。


1862 年のウィラム・ディリー

元々の形では鋳鉄製のプレート・ウェイには重すぎることがわかり、 機関車は 1815 年に 8 輪を持つように作り直され、 軌道が錬鉄製のレールで敷設しなおされた後の 1830 年に元のデザインに戻された。 蒸気機関車は 1862 年にもまだ仕事に就いており、この時クラヘッド炭坑 (Craghead Collier) に移動した。 退役後 1883 年に王立エジンバラ博物館に贈与され、 現在そこで展示されている。

1822 年に機関車は一時的にキールに搭載されて、 蒸気外輪船のエンジンの役目をし、この船はタイン川で「スト破り」達を輸送した。

訳注
キール (keel) は竜骨の意味がありますが、ここでは船のことで 「とりわけタイン川で石炭を運ぶことに使用されている平底のハシケ」のことです。

2008 年にウィラム・ディリーとパッフィング・ビリーの徹底的な検査が実施されるまでは、 ウィラム・ディリーが世界で最も古い蒸気機関車と思われていた。 調査結果が 2008 年に公表され、ウィラム・ディリーの方がパッフィング・ビリーの後に建造されたことが分かった。 ウィラム・ディリーにはパッフィング・ビリーにない機関車デザインンの改良が組み込まれていたからである。