ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Puffing Billy (locomotive) - Wikipedia
パッフィング・ビリー (機関車)
(Puffing Billy (locomotive))

パッフィング・ビリーは鉄道初期の蒸気機関車であり、 技術者のウィリアム・ヘドリー (William Hedley)、 エンジン製造工のジョナサン・フォスター (Jonathan Foster)、 鍛冶屋のティモシー・ハックワース (Timothy Hackworth) の 3 人が 1813 年 - 1814 年にクリストファー・ブラケットのために建造した。 ブラケットは英国のニューキャッスル・アポン・タインの近くのウィラム (Wylam) 炭鉱の所有者であった。 パッフィング・ビリーは世界で最古の現存する蒸気機関車である。 これは最初の商用の粘着力のみで駆動する蒸気機関車で、 ウィラム炭鉱からノーサンバーランド州のレミントン・オン・タインまで、 石炭を積載したチャルドロンワゴンをけん引することに使用された。


パッフィング・ビリーを前から見る。
  1. 歴史
  2. デザイン
  3. 残されたもの
歴史

パッフィング・ビリーはウィラム炭鉱の常駐技術者であるヘドリーにより建造された 3 台の類似の機関車の中の 1 台で、トラムウェイで馬の代わりに使用された。 1813 年にヘドリーはウィラム炭鉱線のブラケットの探鉱事業のためにプロトタイプ  -- "パッフィング・ビリー" と "ウィラム・ディリー" -- を建造した。 これらは共に 1815 年に 10 個の車輪を持つように再建されたが、 1830 年に元々の形に戻された。この時、鉄道は強力なレールで敷設しなおされた。

訳注
10 個車輪があると書いてありますが、後の挿絵を見れば 8 個が機関車に付いていて、 2 個が炭水車に付いています。

哲学年報 (Annals of Philosophy) の 1814 年の 9 月版で、 2 つの歯車車輪を持つ 2 台の機関車のことが言及され (おそらくはサラマンカ (Salamanca) とブリュッヘル (Blücher) のことである)、 そして次のことが言及されている: 『ニューキャッスルにおける別の機関車が類似の目的 【石炭の輸送】 に使用され、 歯車車輪なしに、鉄路の粘着力のみで動いている』。 前後関係から、これはブリュッヘル (Blücher) とは違う場所であり、恐らくはパッフィング・ビリーのことである。

パッフィング・ビリーは 1826 年に至るまで任務に就いていた。 ウィラム炭鉱の所有者であるエドワード・ブラケットはロンドンのサウス・ケンジントン (South Kensington) の特許庁博物館 (後のサイエンス・ミュージアム) にパッフィング・ビリーを貸与した。 彼は後にこれを博物館に £200 で売却した。ウィラム・ディリーはエジンバラの王立博物館に保存されている。 1 台のレプリカが建造され、2006 年にビーミッシュ博物館 (Beemish Museum) で初めて走った。 別のレプリカが 王立バイエルン邦有鉄道 (Royal Bavarian State Railways) の作業場で 1906 年に建造され、 今ではミュンヘンの ドイツ博物館 (German Museum) で見ることができる。

デザイン

パッフィング・ビリーは多くの新規の造作を組み込んでおり、ヘドリーにより特許が取られ、 機関車の発展に重要であることが判明した。 この機関車はボイラーの両側に 2 つの垂直シリンダーがあり、ボイラーにより部分的に囲まれ、 フレームの下の単一のクランクシャフトを駆動し、これにより装置が駆動され、 これが車輪と組みをなして、よりよい牽引が与えられた。

エンジンには幾つかの深刻な技術的な限界があった。 鋳鉄製のワゴンウェイのプレート (厚板) の上を走るには、 8 トンの重量は重すぎてこれを壊し、機関車牽引の反対論者が勇気づけられて、発明を批判した。 この問題は 4 つの軸を持つようにデザインし直すことにより、軽減された。こうすれば重さがもっと均等に広がったからである。 改良されたエッジ・レール軌道が 1830 年頃に導入されると、エンジンは間もなく 4 輪車として建造しなおされた。 パッフィング・ビリーはとりわけ速いわけでなく、 時速 8 マイル (8 km/h) も出なかった。

8 輪車形式 最終的な 4 輪車形式, 1862 年 現在の場所の現在の姿, 2011 年
残されたもの

パッフィング・ビリーは近辺に住んでいたジョージ・スチーブンソンに重要な影響を与え、 この成功はイングランド北東部の他の炭鉱での蒸気エンジンの使用を奨励するカギとなる要因となった。

パッフィング・ビリーは精力的な旅行者の隠喩 (メタファー) として英語に取り入れられ、 「ビリー・オーのように息をする」 ("puffing like Billy-o") とか 「ビリー・オーのように走る」 ("running like Billy-o") のような言い回しは機関車の名前に由来していると思われている。