ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

Chaldron - Wikipedia

chaldron の発音はより正確にはチャルドレンで、 本文中に出てくる caudron もコードレンです。 ネット上の発音が聞ける辞書で調べればすぐわかります。

Chaldron | Definition of Chaldron by Merriam-Webster
Cauldron | Define Cauldron at Dictionay.com
チャルドロン (Chaldron)

チャルドロン (Chaldron は chauldron, chalder とも言う) は イングランドの乾燥体積の単位であり、大半が石炭に使用された。 単語自身はコードロン (caudron, 大釜) の時代遅れの綴りである。 これは 13 世紀から使用され、名目的には 1963 年まで使用され、 1963 年の度量衡法により廃止された。 しかし実際には 1835 年の終わりまで使用されただけである。 このとき、この年の度量衡法により、石炭は重さでのみ売ることができることが明示されたからである。


ビーミッシュ博物館のチャルドロン・ワゴン
長いブレーキ・レバーに注目、これは
重力でステイス (staith) まで駆け下る時の制御用
訳注
ステイス (staith) は一般には鉱石を船に積み込むための桟橋で、 ここで述べているのは石炭ステイスのこと。
石炭

チャルドロンは 13 世紀から石炭の計測単位に使用された。 石炭のように価格が安く、高い容積を持つ商品では、 体積により計測する方がはるかに現実的であったからである。 これは標準化されず、地方により、多くの異なるチャルドロンがあった。 最も著名なものはニューキャッスルとロンドンのチャルドロンである。 ニューキャッスルのチャルドロンはノーサンバーランドとダラムから輸送されるすべての石炭を計測し、 ロンドンのチャルドロンはイングランドの東部と南部の石炭を計測する標準となった。

中世と近世に使用されたニューキャッスルのチャルドロンの重さを計算する多くの試みがあった。 石炭産業の歴史家であるジョン・ネフ (John Nef) は重さが 2,000 ポンド (907 kg) と見積もったが、 重さは石炭商人により徐々に増加した。これは石炭に課せられる税金のせいであった。(税金はチャルドロン毎に課せられた。) この状況は 1678 年まで続いたが、重さが法律により 52 1/2 英ハンドレッドウェイト 【訳注:hundredweight = 112 ポンド】 (5,880 ポンド、2,670 kg) に固定され、1694 年に 53 英ハンドレッドウェイト (5,940 ポンド、2,690 kg) に増加された。

一方、ロンドンのチャルドロンは次のように定義された: 『36 ブッシェルをまとめたもので、1 ブッシェルは 1 ウィンチェスター・ブッシェルと 1 英クォート (1.1 L) から成り、 そして直径 19 1/2 インチ (495 m) の中にあること』。 これにより、石炭の重さはおよそ 28 英ハンドレッドウェイト (3,140 ポンド、1,420 kg) となる。

チャルドロンは馬が引くワゴンが道路を通る時の法的な限度であった。 というのは重い荷重が道路に大きすぎる被害を与えると思われたからであった。 鉄道には標準的なチャルドロン・ワゴン (chauldron wagons) があり、 これは長さがおよそ 10 フィート (3.05 m) で高さがおよそ 6 フィート 3 インチ (1.91 m) であった。

石炭 1 チャルドロンの価値は石炭の塊の大きさと水分に依存していた。 無節操な商人はできるだけ大きな石炭の塊を購入し、できるだけ小さくして売った。 これは 1835 年の度量衡法により廃止された。 というのは 1836 年の 1 月から石炭は重さでのみ売ることができることが法律で制定されたからである。