ページの最終校正年月日 :

以下の文書は次のページの翻訳です。

George Stephenson - Wikipedia
ジョージ・スチーブンソン
(George Stephenson)

ジョージ・スチーブンソン (1781 年 6 月 9 日 - 1848 年 8 月 12 日) はイングランドの土木技術者 且つ 機械技術者であり、 世界で最初の、蒸気機関車を使用した公的な都市間鉄道 - 1830 年に開通したリバプール・マンチェスター鉄道 - を建設した 「鉄道の父」 として高名で、 ビクトリア時代の人は彼を勉学の熱意を持ち、改良への渇望を持った偉大な実例と見なし、 自助 (self-help) の唱道者であるサミュエル・スマイルズ (Samuel Smiles) はとりわけ彼をほめたたえている。 4 フィート 81/2 (1,435 mm) の彼の鉄道ゲージは時々 「スチーブンソンのゲージ」 と呼ばれ、 名目的にも慣習的にも世界の鉄道の大半で標準軌道となっている。


ジョージ・スチーブンソン
技術者 且つ 発明家
  1. 初期の人生
  2. 鉱夫の安全ランプ
  3. 初期の蒸気機関車
  4. ヘットン鉄道
  5. ストックトン・ダーリントン鉄道
  6. リバプール・マンチェスター鉄道
  7. スチーブンソンの斜めアーチ橋
  8. オールトン・グレンジの生活
  9. 後の経歴
  10. 私生活
  11. 残されたもの (レガシー、legacy)
  12. 記念と記念碑
初期の人生

ジョージ・スチーブンソンはノーサンバーランド (Nothumberland) のウィラム (Wylam) で 1781 年 6 月 9 日に生まれた。 この場所はニューキャッスル・アポン・タインの 9 マイル (15 km) 西にある。 彼はロバート及びメイベル・スチーブンソン夫妻の第 2 子であり、両親はどちらも読み書きができなかった。 ロバートはウィラム炭坑の揚水エンジンの火夫で極めて低賃金で、(ジョージを) 学校に通わせる金はなかった。 スチーブンソンは 17 才でニューバーン (Newburn) のウォーター・ロウ立坑 (Water Row Pit) のエンジン屋 (engineman) になった。 ジョージは教育の価値に気が付き、夜学で学ぶために金を支払い、読み書きと算術を学んだ - 彼は 18 才になるまでは文盲であった。 1801 年にブラック・カラートン炭鉱 (Black Callerton Colliery) で 「ブレーキ屋」 として働き、 立坑での巻き上げ機を制御した。 1802 年に彼はフランシス・ヘンダーソン (Frances Henderson) と結婚し、ニューキャッスルの東のウィリントン・キー (Willington Quay) に移住した。ここで彼は 「ブレーキ屋」 として働き、 夫妻は小屋 (コッテージ、cottage) の一室で生活をした。 ジョージは収入を補うために靴を作ったり、時計の修繕をした。

ジョージ・スチーブンソン ダイヤル・コッテージ
キリングワスのウェスト・ムーア

子息のロバートが 1803 年に生まれ、1804 年にはウェスト・ムーア (West Moor) に移住した。 ここはキリングワース (Killing Worth) の近くで、ジョージはキリングワース立坑で 「ブレーキ屋」 として働いた。 ジョージの妻のフランシスは娘を出産したが、数週間で亡くなり、 1806 年にはフランシス自身も胸の病 (consumption, 結核) で亡くなった。 ジョージはスコットランドで仕事を見つけようと決意し、モントローズ (Montrose) に出向いている間に地元の女性にロバートを託した。 数ヶ月後に彼は戻ってきた。恐らくこれは彼の父親が鉱山の事故で盲目となったことによっている。 彼はウェスト・ムーアのコッテージ (小屋) に戻り、未婚の妹のエリナー (Eleanor) がロバートの面倒を見るために同居してきた。 1811 年にハイ・ピット (High Pit, ハイ立坑) の揚水エンジンが不調となり、スチーブンソンは修理することを申し入れた。 彼はとても成功裏に修理したため、キリングワース炭鉱のエンジン製造工 (enginewright) に昇進し、 炭鉱中のエンジンの保守と修繕に責任を持つことになった。彼は蒸気駆動の機械の専門家となった。

鉱夫の安全ランプ

1815 年に裸の火炎により引き起こされる爆発に気が付き、 スチーブンソンはガスが満ちた環境で爆発せずに燃焼する安全ランプの実験を始めた。 同時に著名な科学者でコーンウォール人であるハンフリー・デイビー (Humphry Davy) もこの問題に注目した。 科学的知識がなかったが、スチーブンソンは試行錯誤でランプを考案し、 空気は小さな穴を通過するが、ランプの火炎が通過しないようにした。 デイビーが王立学会で彼のデザインを提出する 1 ヶ月前にスチーブンソンは 2 人の証人に自分のランプを実演し、キリングワース炭鉱の中に持ち込み、 爆発ガスが噴出している亀裂の前にかざした。 2 つのデザインは違っており、 デイビーのランプは金網で囲まれており、 スチーブンソンのランプのプロトタイプではガラスの円柱の中に穴の開いた板があった。 デイビーは彼の発明により £2,000 を贈与されたが、 スチーブンソンはデイビーからアイデアを盗んだとして非難された。 というのは、彼は、認められた科学的方法により、 ランプを製造できるような適切な科学者とは見なされなかったからである。


スティーブンソンの安全ランプ
左がデイビーの安全ランプ

スチーブンソンは北部出身で、 丸出しのノーサンバーランドのアクセントがあり、 「議会の言葉」 を話さなかったため、低く見られた。 これに気が付いて、彼は子息のロバートが私学で教育を受けられるようにした。 ロバートは私学で父親に欠けていた科学を学び、正しい語彙とアクセントで話せるようになった。 これにより、将来の議会との対応で、 当局が父親よりもロバートを好んだことは明らかとなった。

地元の調査委員会がスチーブンソンを支援するために集まり、彼を非難から解放し、 彼が 「ジョルディ・ランプ」 (Geordie Lamp) を作るために独立に働いたことを証明し、 彼に £1,000 を贈与した。 しかしデイビーと彼の支持者は彼らの発見を受け入れることを拒否し、 スチーブンソンのように教育を受けていない人間が彼が得た解決をどのようにして思い至ったのかを考えてみようとはしなかった。 1833 年に下院の委員会はスチーブンソンが同等に安全ランプを発明したと主張できることを見出した。 デイビーは死に至るまでスチーブンソンが彼のアイデアを盗んだと信じていた。 スチーブンソンのランプはほとんどもっぱら北東イングランドで使用された。 一方、デイビーのランプはそれ以外の至る所で使用された。 この経験により、スチーブンソンはロンドン在住の理論的な科学の専門家を一生信用しなかった。

初期の蒸気機関車

コーンウォール人のリチャード・トレビシック (Richard Trevithick) は 1802 年に蒸気機関車の最初の実際的なデザインをしたとされている。 後に彼はタインサイド (タイン川流域、Tyneside) を訪れて、鉱山主のために、そこで機関車を製造した。 何人かの人たちはこれに触発されて自分たちの機関車をデザインした。

訳注
原文のこの箇所には間違いがあると思われます。ここで述べている鉱山主とはクリストファー・ブラケットのことを指しているようですが、 トレビシックはタインサイドを訪れているわけではなく、彼の代理人がブラケットのために機関車を製造した。
キリングワース炭鉱のために
スティーブンソンが
1816 年に建造した機関車
半重ね継手が付いたレール
(rail with half lap joint)
スティーブンソンの特許 (1816 年)

スチーブンソンは 1814 年に彼の最初の機関車をデザインした。 これはキリングワースのワゴンウェイで石炭をけん引するようにデザインされた移動エンジンで、 プロシャの将軍ゲプハルト・レベレヒト・フォン・ブリュッヘル (Gebhard Leberecht von Blücher) にちなんでブリュッヘルと名付けられた (ワーテルローでウェリントン支援のために、ブリュッヘルの軍隊の急速な行進から名前が生じたとされている)。 ブリュッヘルはマシュー・マレー (Mathew Murray) の機関車のウィリントン (Willigton) をモデルにした。 ジョージはこの機関車をタインサイドのケントン・コックスロッジ炭鉱 (Kenton and Coxlodge colliery) で研究し、グレート・ライム・ロード (Great Lime Road) にある自宅のダイヤル・コッテージの後方の炭坑の作業場でブリュッヘルを建造した。 この機関車は時速 4 マイル (6.4 km/h) で 30 トンの荷をけん引して坂道を上ることができ、 輪縁 (flange) のついた車輪が粘着力のみで走ることに成功した最初の機関車であった: 牽引力は輪縁のついた車輪とレールの接触に依存した。 スチーブンソンはキリングワースで全部で 16 台の機関車を製造したと言われている。 もっとも、16 台すべての確実なリストを作ることが可能であるわけではない。 確認されたものの中で、大半はキリングワースもしくはヘットン (Hetton) 炭鉱で使用するために建造された。 6 輪の機関車が 1817 年にキルマーノック・トルーン鉄道 (Kilmarnock and Troon Railway) のために建造されたが、鋳鉄のレールに損傷を与えたため、任務から撤回された。 別の機関車が 1819 年にスウォンジー (Swansea) の近くのスランサムレト (Llansamlet) にあるスコットの立坑鉄道に 供給されたが、再び軌道に損傷を与えた。

新しい機関車は木製のレールやプレート・ウェイで走行するには重すぎ、 鉄のエッジ・レールは生まれて間もなく、 鋳鉄のものは極端にもろかった。 ウィリアム・ラッシュ (William Losh) と共にスチーブンソンは (レールの) 破壊を削減するために、 鋳鉄製のエッジ・レールのデザインを改良し、 レールは「ラッシュ・ウィルソン&ベル」(Losh, Wilson and Bel, 企業名)l により、 彼らのウォーカー (Walker) 鉄工所で短期間製造された。 ロルトによるとスチーブンソンは原始的なレールの上で、機関車の重さにより引き起こされる問題を何とかして解決した 彼は蒸気クッション -- 蒸気圧を使用した機関車の枠を支えるピストンに作用する重さの 「クッション」 -- で実験をした。 しかし、すぐに幾つかの車輪やボギーを利用して重さを分散させることになった。 ストックトン・ダーリントン鉄道の場合にはスチーブンソンは錬鉄製のマレーアブル (槌で成型可能な) レールを使用し、これに彼は満足したが、 彼自身が特許を取ったデザインを使用しないことによる資金的な損失に耐えられるわけではなかった。

訳注
「すぐに幾つかの車輪やボギーを利用して重さを分散させることになった。」を最初にしたのは、 ロバート・スチーブンソン会社ではなく、恐らくティモシー・ハックワースです。 かなり事情が込み入っているので、少し長い説明が必要です。
  1. ティモシー・ハックワースによると、 ハックワースはウィラム炭鉱でブラケットの下で働いていましたが、 ここの仕事を辞めてウォルボトル炭鉱で働くことになり、 1824 年にロバート・スチーブンソン会社のフォース・ストリート工場の「救援マネージャー」 として一時的なポストに 1 年間だけ就くことになります。 (ロバート・スチーブンソンが南米に去った最初の 1 年間)
  2. 以上からハックワースは機関車製造で技術を持っていることが分かり、 その後 1825 年にジョージ・スチーブンソンの勧めにより、ストックトン・ダーリントン鉄道の 機関車監督になり、ロバート・スチーブンソン会社からストックトン・ダーリントン鉄道に 最初に納品された ロコモーション を受け取っています。 恐らくハックワースは ロコモーション のデザインの段階から関与しているのでかなり妙なことになります。 この機関車にも不具合があり、ハックワースは操業可能な状態にするために、 随分苦労したようです。
  3. 車輪の数を増やして重さを分散する話は、 ストックトン・ダーリントン鉄道/起源/初期の操業に登場し、 スチーブンソンの会社に注文した機関車が重すぎたので、 これをハックワースは 6 輪にしています。 以上の点から車輪の数を増やして重量を分散する方法はスチーブンソンの会社よりもハックワースの方が先だと思われます。 ところが車輪の数を増やして重量を分散する方法は、ウィラム炭鉱での機関車製造で最終的に選んだ方法 (パッフィング・ビリーウィラム・ディリーを参照) なので、この点からも ブラケットの機関車製造チームで主導権を取ったのがハックワースであることも結論できそうです。
ヘットン鉄道

スチーブンソンは 1820 年に 8 マイル (13 km) のヘットン (Hetton) 炭鉱鉄道の建設に採用された。 彼は降下インクラインでは重力を使用し、 水平と上昇区間では機関車を使用する混合方法を使用した。 これは動物の力を使用しない最初の鉄道で 1822 年に開通した。 この路線は 4 フィート 8 インチ (1,422 mm) のゲージを使用し、 これはスチーブンソンがこれ以前にキリングワース・ワゴンウェイで使用したものであった。 これ以外の機関車には次がある:

ストックトン・ダーリントン鉄道

1821 年に議会法が通過し、ストックトン・ダーリントン鉄道の建設が可能となった。 25 マイル (40 km) の鉄道はビショップ・オークランドの近くの炭坑とストックトンのティーズ川を接続し、 途上でダーリントンを通過した。元々の計画では馬を使用することになっており、 馬が全金属製のレールの上で石炭荷車をけん引することになっていた。 しかし、会社のディレクターのエドワード・ピーズがスチーブンソンと会合し、 計画を変更することに同意した。 スチーブンソンは 1821 年に路線を測量し、これには彼の 18 才の子息のロバートによる助けがあり、 工事は同年に開始した。

この路線用の機関車を提供する製造業者が必要となった。 ピーズとスチーブンソンは合同でニューキャッスルに会社を設立し、機関車を製造することになった。 この会社は 「ロバート・スチーブンソン会社」 として設立され、ジョージの子息のロバートが代表ディレクター (managing director) になった。4 番目の共同事業者はベッドリントン鉄工場 (Bedlington ironworks) マイケル・ロングリッジ (Michael Longridge) であった。 初期の業務用名刺には 「ロバート・スチーブンソン会社」 は 「技術者、 ミルライト & 機械製作工 (の集団)、真鍮且つ鉄の製造業」 と記されていた。 1825 年の 9 月には、ニューキャッスルのフォース・ストリートに設置された (この会社の) 工場は鉄道用の最初の機関車を完成した: 元々は アクティブ (Active) と命名されたが、 ロコモーション (Locomotion) と改名され、 これに ホープディリジェンス (Deligence) そして ブラック・ダイヤモンド (の機関車) が続いた。 ストックトン・ダーリントン鉄道は 1825 年 9 月 27 日に開通した。 スティーブンソンが運転をした ロコモーション は 80 トンの石炭と小麦粉を 2 時間 で 9 マイル (15 km) けん引し、 ある区間では時速 24 マイル (39 km/h) に到達した。 最初の客車用に建造された エクスペリメント が接続され、 開通式の行進で、お偉方を運んだ。 これは乗客輸送が蒸気機関車でなされた最初の時である。

ストックトン・ダーリントン鉄道の
ロコモーション と呼ばれた
No 1 蒸気機関車
エクスペリメント
最初の鉄道の客車

この鉄道のレールは錬鉄製で, ベッドリントン鉄工場のジョン・バーキンショー (John Birkinshaw) によって製造されたものであった。 錬鉄製のレールは鋳鉄製のものよりは長くすることができ、 重い機関車の重量下で壊れにくかった。 ウォーカー鉄工場 (Walker Ironworks) のウィリアム・ラッシュ (William Losh) は鋳鉄製のレールを供給する合意をスチーブンソンと交わしたと考えており、 スチーブンソンの決定は 2 人の間に永続する溝を作ることになった。 スチーブンソンがこの鉄道で採用したゲージは 4 フィート 81/2 インチ (1,435 mm) で、これはまもなく鉄道の標準ゲージとして、 英国のみならず世界中で採用された。

リバプール・マンチェスター鉄道

スティーブンソンがキリングワースの実験で確実にしたことは、 1:260 の勾配でも機関車の動力の半分が失われることであった。 彼は鉄道はできる限り水平に建設すべきであると結論した。 彼はボルトン・リー鉄道 (Bolton and Leigh Railway) とリバプール・マンチェスター鉄道で仕事をしている時にこの知識を使用し、 一連の困難な掘割、盛土、そして石造りの高架橋 (の工事) を実施し、 ルートが水平となるようにした。 影響を受ける何人かの地主の敵意から生じた L&MR の元々のルートの不完全な測量により、 議会での法案の精査でスチーブンソンは困難に直面し、 とりわけエドワード・ホール・オルダーソン (Edward Hall Alderson) の反対尋問により、 困難となった。 法案は否決され、新しいルートでの改定された法案が提出され、 次の会期で通過した。 改定されたルートにはチャット・モス (チャット沼地、Chat Moss) を横断する問題があり、 チャット・モスは明らかに底なしの泥炭沼で、スチーブンソンはこれを異常な方法で克服し、 効果的に鉄道をこの上に浮かせた。彼が使用した方法はジョン・メトカーフ (John Metcalf) が使用した方法と類似なもので、メトカーフはペナイン山脈で沼地横切って何マイルもの道路を建設し、 ギリョウモドキと小枝の基礎を敷き、これが通過する馬車の重みで互いに結び付いた。 一番上には石の層が作られていた。


最初の乗客鉄道 L&MR

1829 年に L&MR の完成が近づくとディレクター達は機関車の製造メーカーを決めるための試合を手配し、 レインヒル試験を 1829 年 10 月に開催した。 参加する機関車は重さが 6 トン以下で、全部で 60 マイル (97 km) の距離を走る必要があった。 スチーブンソンの機関車は ロケット で試合に勝利した性能により有名となった。 ジョージの子息のロバートは 1824 年から 1827 年にかけて南米で働き、 (英国に) 戻ってフォース・ストリートの工場を管理し、 一方ジョージはリバプールで L&MR の建設の監督をしていた。 ロバートは ロケット の詳細なデザインの責任があった。 もっとも父親と定常的に郵便で連絡を取っており、父親は多くの提案をした。 1 つの重要な発案は L&MR の収入役のヘンリー・ブース (Henry Booth) の提案で、 煙管ボイラーを使用することであったが、これはフランスの技術者のマルク・スガン (Marc Seguin) が発明したものであった。 煙管ボイラーは熱交換を改良した。

L&MR の開通式は 1830 年 9 月 15 日に開催され、政府や産業界の大物が参加し、 これには総理大臣のウェリントン公爵が含まれていた。 8 編成の列車の行列がリバプールから出発することにより、この日が開始した。 パレードにはジョージ・スチーブンソンの運転する ノーザンブリアン (Northumbrian) により率いられ、子息のロバートが運転する フェニックス、 ジョージの兄弟のロバートが運転する ノース・スター、 副技術者 (assistant engineer) のロック (Loche) の運転する ロケット が含まれていた。 この日はリバプールの国会議員であるウィリアム・ハスキソン (William Huskisson) の市により損なわれてしまった。 彼は ロケット にひかれた。スチーブンソンは負傷したハスキソンを列車でエクルズ (Eccles) まで非難したが、 彼は負傷により死亡した。 鉄道はめざましい成功であった。スチーブンソンは有名となり、広範な色々な鉄道の主任技術者のポストが提供された。

スチーブンソンの斜めアーチ橋

1830 年にはレインヒルでリバプール・マンチェスター鉄道を乗り越える斜め橋の大開通式もあった。 この橋は角度を持って鉄道を乗り越えた最初の橋であった。 構造は 2 つの平らな平面 (この場合には 6 フィートで折り重なる) として建設する必要があり、 この間は上方から見ると石造構造が平行四辺形を形成する。 これはアーチを平らにする効果を持ち、その解決方法は迫持台 (アーチがおかれる橋脚のこと) に角度を持ってアーチを作るようにレンガを置くことであった。 このテクニックはアーチの石構造にラセン効果を持たらし、迫持台が角度を持つことを補償するための余剰の強さをアーチに提供した。

スティーブンソンの斜め橋 テクニックの大写し

この橋は今でもレインヒル駅で使用され、A57 (ワーリントン・ロード、Warrington Road) の交通を通している。 この橋は指定建造物である。

オールトン・グレンジの生活

ジョージ・スチーブンソンはリバプールからレスターシャー (Leicestershire) のオールトン・グレンジ (Alton Grange) 教区 (現在はレイブンストーン (Ravenstone) の一部) に 1830 年から 1838 年に移住した。 元々はレスター・スワニントン鉄道 (Leicester and Swannington Railway) のコンサルタントをするためで、 レスターシャーの西炭田からレスターまで石炭を運ぶことを主な目的としたものであった。 鉄道の発起人であるウィリアム・ステンソン (William Stenson) 氏とジョン・エリス (John Ellis) 氏は必要な資金を集めることが困難であった。 というのはこの地方の富の大半が運河の建設に投資されていたからであった。 (鉄道の) 可能性と鉄道接続の必要性に気づき、スチーブンソン自身が £2,500.00 を投資し、リバプールの彼の知り合い網を通じて残りの資金を調達した。 彼の子息のロバートが鉄道の最初の区間の主任技術者となり、1832 年に開通した。

同時期にレスターシャーのスナイブストン (Snibston) の地所が競売にかけられた。 この場所は提案されているスワニントンからレスターシャーに至る鉄道に隣接し、 貴重な石炭の埋蔵を含むと思われた。 スチーブンソンはこの場所の資金的な可能性に気が付いた。 その理由は提案されている鉄道接続と製造業の町であるレスターが当時はダービーシャーの石炭が運河で供給されていたからであった。 ミッドランズの採掘でそれ以前に使用されたタビング (tubbing) と呼ばれる方法を使用して深い石炭薄層に到達し、 スチーブンソンは大成功となった。 スチーブンソンの炭鉱がレスターに配送した最初の石炭の鉄道車両は劇的に石炭の価格を削減し、 レスター市は年間 £40,000.00 の節約をした。


オールトン・グレンジのスティーブンソンの家

スチーブンソンは 1853 年に至るまでオールトン・グレンジにとどまり、 その後ダービーシャーのタプトン・ハウス (Tapton House) に移住した。

後の経歴

次の 10 年間はスチーブンソンの人生で最も忙しい時期となった。 これは彼が鉄道の発起人からの要求で包囲攻撃されたからであった。 米国の鉄道建設者の多くはニューキャッスルを訪れ、スチーブンソンから学ぼうとした。 最初の 1 ダース程度の機関車で米国で使用されたものはスチーブンソンの店から購入された。 スチーブンソンの機関車の能力に関しての保守的な観点の意味することは、 彼は曲がりくねったルートと土木工事を好むことで、これは彼の後継者が必要と思うよりももっと高価であった。

例えば西海岸本線がジョセフ・ロック (Joseph Locke) が望んだランカスター (Lancaster) とカーライル (Carlisle) の間のシャップ (Shap) を通るルートよりは、スチーブンソンはもっと長いウルバーストン (Ulverston) とホワイトヘブン (Whitehaven) を経由す海面レベルのルートに好意を示した。 ロックのルートが建設された。 スチーブンソンは経費の評価と書類作成で一般的にもっと無頓着な傾向があった。 彼はジョセフ・ロックとグランド・ジャンクション鉄道で一緒に仕事をしたことがあり、 路線の半分が各々に割り当てられた。 スチーブンソンの評価と組織能力はロックのものよりは質が落ちることがわかり、 委員会の不満からスチーブンソンが辞職することになり、これにより 2 人の間には溝ができ、決して癒されることはなかった。

用心深さから、幾つかのルートは競合相手の手に落ちたが、 彼が処理できるよりも多くの仕事を依頼され、 依頼されたものをすべて引き受けることができなかった。 彼が仕事をしたのはダービー (Derby) からリーズ (Leeds) に至るノース・ミッドランド線、 ノルマントン (Normanton) からヨークに至るヨーク・ノースミッドランド線、 マンチェスター・リーズ線、バーミンガム・ダービー線、シェフィールド・ロザラム線、そして他にも多くある。


ヨークの国立鉄道博物館の
ジョージ・スチーブンソンの彫像

スチーブンソンは最前線の技術アドバイザーというよりは、安心感のある名前となった。 1847 年に機械技術者協会 (Institution of Mechanical Engineers) が 1847 年に設立された時に、彼は初代の会長になった。 この時までに彼は半ば引退状態になり、ダービーシャーの彼の鉱山を監督していた。 -- ノース・ミッドランド鉄道のトンネルを掘削中に石炭の薄層が見つかり、 スチーブンソンはこの開発に資金を注いだ

私生活

ジョージは最初はブラック・カラートン (Black Callerton) の農家の娘であるエリザベス (ベッティー) ハインドマーシュ (Elizabeth (Betty) Hindmarsh) に求婚し、ひそかに彼女の果樹園で会った。 彼女の父はスチーブンソンが炭夫として低い身分であったので結婚を拒否した。 ジョージは次に彼が下宿している家族の娘のアン・ヘンダーソン (Anne Henderson) に注意を払ったが、 彼女は彼を拒否した。次に彼は彼女の姉妹のフランシス (ファニー) に注意を映した。彼女は彼よりも 9 才年上であった。 ジョージとファニー (Fanny) は 1802 年 11 月 28 日にニューバーン協会で結婚した。 彼らには 2 人の子供、ロバート (1803 年) とファニー (1805 年) がいたが、娘は数ヶ月で亡くなった。 ジョージの妻もその翌年に死亡した。恐らくは結核であった。 ジョージがスコットランドで働いている間に、ロバートは隣人の何人かにより養育され、 次にジョージの未婚の妹のエリナー (Eleanor) (ネリー (Nelly)) により養育され、 ジョージが戻ってきた時、エリナーはキリングワースで一緒に生活をした。

1820 年の 3 月 29 日にジョージ (今では随分と金持ちとなり) ニューバーンでベッティー・ハインドマーシュと結婚した。 結婚は幸福であったようであるが、子供はなく、ベッティーは 1845 年に亡くなった。

1848 年 1 月 11 日にシュロップシャー州シュルーズベリーのセント・ジョン教会でジョージはエレン・グレゴリー -- 別の農家の娘で元々はダービーシャーのベイクウェル (Bakewell) の出身 -- と 3 度目の結婚をした。 エレンは彼の家政婦であった。 結婚の 6 ヶ月後にジョージは腹膜炎をわずらって、1848 年 8 月 12 日に 67 才で死亡した。 場所はダービーシャー州チェスターフィールドのタップトン・ハウスであった。

スチーブンソンはロルトにより気前のよい人と記述され、 自己や不運で死亡した従業員の妻や家族を資金的に支えた。 あるものは彼の家族で、あるものはそうではなかった。 彼は又生涯を通じて熱心な園芸科であり、タップトン・ハウスの最後の数年間に、地所の庭に温室を作り、 外国の果物や野菜を育て、 ジョセフ・パクストン (Joseph Paxton) の父親 -- 近くのチャッツワース・ハウス (Chatsworth House) の園芸科の長 -- と友好的ではないライバルであり、同業者のコンテストで 2 度破った。

子孫

ジョージ・スチーブンソンには子供が 2 人いた。 子息のロバートは 1803 年に 10 月 16 日に生まれた。 ロバートはフランシス・サンダーソン (Frances Sanderson) -- シティー・オブ・ロンドンの専門家であるジョン・サンダーソンの娘 -- と 1829 年 6 月 17 日に結婚した。 ロバートは 1859 年に亡くなり、子供がいなかった。 ロバート・スチーブンソンは父親の仕事を拡張し、彼自身が主要な鉄道技術者となった。 ロバートはアレクサンドリア・カイロ鉄道に関連し、この鉄道はスエズ運河と同時期のものであった。 ジョージ・スチーブンソンの娘は 1805 年に生まれたが数週間後に亡くなった。 スチーブンソンの広い家族の子孫はウィラン (スチーブンソンの生地) で今でも生き延びている。

残されたもの (レガシー、legacy)

英国は鉄道の発展で世界をリードし、 鉄道の発展は原料や製造物資の輸送を容易にすることで、産業革命に刺激を与えた。 スチーブンソンが機関車を発明したのではなく、 リチャード・トレビシックが発明をした。 ジョージ・スチーブンソンは ストックトン・ダーリントン鉄道リバプール・マンチェスター鉄道の彼の仕事により、 彼に続く鉄道エンジニアたちに道を開いたのであり、 このようなエンジニアには、子息のロバート、副エンジニアのジョセフ・ロック -- 彼は自分で多くの工事をした --、 そしてイザムバード・キングダム・ブルネルがいる。 スチーブンソンは先見の明があり、 個々の鉄道がそのうち相互に接続され、 同じゲージを持つ必要があることを理解していた。 今日世界中で使用されている標準ゲージは彼によっている。 2002 年の BBC の最も偉大な 100 人の英国人のリストでは、 英国中の投票による結果、スチーブンソンは 65 位であった。

記念と記念碑

ジョージ・スチーブンソンの生家はウィラム村の 18 世紀の歴史的家屋で、 ナショナル・トラストが操業している。 1804 年からの家であったウェスト・ムーアのダイヤル・コッテージは残っているが、 ここで操業していた博物館は閉館した。

ダービーシャー州チェスターフィールドのチェスターフィールド博物館には スチーブンソンの記念品の陳列室があり、 ここには彼が発明した、まっすぐな分厚いガラスのチューブがある。 これはまっすぐなキュウリを育てるものであった。 スチーブンソンの最後の家であるタップトン・ハウスとホーリー・トリニティ教会 (Holy Trinity Church) からあまり遠くない所にあるスチーブンソン記念館に博物館があり、教会には彼の納骨堂がある。 リバプールには、彼が住んでいたアッパー・パーラメント・ストリート 34 の家の前扉の横にシティ・オブ・リバプールの歴史遺産の銘板がある。

ストック=オン=ティーズにあるダラム大学のクイーンズ・キャンパスに 2001 年に設置されたジョージ・スチーブンソン・カレッジは彼にちなんで命名された。 彼と彼の子息にちなんで名づけられたものには次がある: キリングワースのジョージ・スチーブンソン高等学校、 ハウドン (Howdon) のスチーブンソン記念小学校、 ノース・シールズ (North Shields) のスチーブンソン鉄道博物館、 スチーブンソン機関車協会。 ダーリントンにあるボーモント・ヒル学校 (Beaumont Hill School) の SEBD (重度情緒行動障害) ユニットであるスチーブンソン・センターは彼にちなんで名づけられた。 タップトンにあった彼の最後の家は現在はチェスターフィールド・カレッジの一部となり、 タップトン・ハウス・キャンパスと呼ばれている。


ジョージ・スチーブンソンの彫像
2011 年 3 月、チェスターフィールド

彼の人生と仕事を讃えるために、 スチーブンソンの青銅製の彫像が 2005 年 10 月 28 日にチェスターフィールド鉄道駅で除幕し、 駅の改良工事が完成した。 (この町はスチーブンソンがその生涯の最後の 10 年を過ごした場所である。) イベントでは実物大の動作する ロケット のレプリカが展示され、 これは次に チェスターフィールド・マーケット・フェスティバルで 2 日間、公に展示された。 古典的衣装 (robe) を身にまとった彼の彫像がニューキャッスル鉄道駅近くのネビル・ストリート (Neville Street) にあり、 2 つの組織が入居する建物 (複数) に直面している: 1 つはニューキャッスル・アポン・タインの文学哲学協会 (Literary and Philosophical Society) で、 もう一つは 「鉱山及び機械技術者のイングランド北部協会」 (North fo England Insititute of Mining and Mechanical Engineers) である。 彫像は 1826 年にジョン・グラハム・ラフ により彫像され、現在ではグレード II の指定建造物である。

1990 年から 2003 年にかけて、スチーブンソンの肖像画が英国銀行によって発行されたシリーズ E の £5 紙幣の裏面に登場した。 スチブンソンの肖像画が蒸気機関車の ロケットストックトン・ダーリントン鉄道のスカーネ橋の彫刻のそばに掲載された。

ポピュラー・カルチャーではテレビ・シリーズ 「ドクター・フー」 (Doctor Who) の 1985 年の 「Mark of Rani」 で俳優のゴーン・グレンジャー (Gawn Grainger) がスチーブンソンを演じた。